忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 07   2019/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

***

  パーソナルな潜水艇、どんなイメージを思い起こすでしょう。潜水艇などは思い
  浮かばず、海洋公園の船底がガラス張りの観光船が精一杯ではないだろうか。

  それは普通イメージする潜水艇ではない。海中を飛ぶ様に小さな翼が出ている。
  'aero-submarine'というコンセプトで、この小さな翼で揚力=浮力を創り出す。

  通常設置されるバラストタンクは存在せず浮力材と翼の揚力調整で潜水深度を
  コントロールする。よって停止はできないが、最低速度は5-6km/h程度だ。

  つまり、浮力材が十分に搭載されているため、何もしなければ水面に浮いている
  翼を操作する事で、潜っていくのだ。

<最初のモデル:スーパーファルコン>

  この基本技術をベースに、この開発メーカは、この度、新たなモデルを発表した。
  それは、まるでレーシングカーF1だ。前後にウイングも付いている。

  ドラゴンと名付けられた2名乗り潜水艇には、クイックに上下運動ができる様に、
  また水中停止できる様、前後左右、合計4基スラスターが搭載される。
  

<新モデル:ドラゴン>


  ターゲット顧客は、豪華ヨットのオーナー。価格は、1億数千万円の見込みだ。
  9月末に開催されたモナコ・ヨットショーでデビューした。一艇如何だろうか。


  日本語情報 militaryblog 英語情報 gizmagdailymail
  開発企業(DeepFlight社)HP


  動画:チャレンジャー プロモーション(2分半)YT
   

  動画:スーパーファルコン デモ航行(約3分)YT
   

  動画:いろいろあるパーソナルサブマリン 10モデル(3分強)YT
   
PR
***
  やはり中国から出たか、食品検査ができる箸スマートチョップステッィクなる
  センサー仕込みのこの箸は、中国検索大手百度が開発した。

  食用油鮮度を測るという機能が一番の売りの様で、現在に中国社会を表している。
  必要は発明の母とは、まさにこの事かもしれない。

  その他、pHレベル塩分濃度温度カロリー計算などの健康機能を織り込み、
  赤ランプで危険を教えてくれたり、スマホと連動で分析結果やリコメンドを表す。

  食品に対する信頼性が未だ確立されていない地域では、有効な道具となりそうだ。
  アフリカなど、赤ランプ付スプーンにすれば、最低限のレベルは確保できる。

  このような発想、日本で出して欲しかったが、物真似国家には珍しい、独自技術
  とも言える。今後も大いに期待できるかもしれない。


  少し視点を高くすると、これぞIoT(Internet of Things) 全てはネットに
  繋がるという典型例だ。身近なモノは次々とネット接続していく事になりそうだ。


<スマート箸:赤・青で判定>
<スマホ連動>

  日本語情報 wsj, huffingtonpostmynavi
  英語情報 businessinsidertechtimes



  動画:ニュース報道(約2分)YT
   
  動画:百度 技術プロモーション(約2分半)YT
   
  動画:IoT解説CG(約4分)YT
   
***

  ドラえもん四次元ポケットから出てくる夢の道具。そんな技術を実現しようと
  というプロジェクト、日本の中小企業の技術を組み合わせ、開発された。

  望遠メガフォン遠くの、特定の人に狙いを定めて話掛けられる、という画期的な
  道具の開発だ。従来の拡声器では、声が拡散しピンポイントでは伝えられない。

  コア技術は、78個の小スピーカーから成るスピーカーだ。個々の小スピーカー
  から、耳に聞こえない超音波が発生し、狙いを定めた人の辺りで、可聴音となる

  専門的にはパラメトリック・スピーカーと呼ぶ。方法は幾つかあるが、可聴音化
  は、超音波に変調という技術を加える事で、途中に可聴音域が発生する次第だ。

  98年に世界初に実用化され、03年には日本でも販売開始。特殊な目的で用途
  の拡大が期待されるが、コスト高く、観光地のピンポイント放送などに限られる。

  普及すれば、博物館などの静粛空間での展示品の説明や、スーパーなどの売り場
  で、商品毎での説明プロモーションなど、活用の範囲は広い。


  ドラえもんでは1986年の『小学4年生』4月号で初登場。早くに実現されて
  いたが、中小企業チームで達成した事が有意義な点だ。もっと出て来て貰いたい。


  日本語情報 nikkangizmodo

  パラメトリック・スピーカーについて wiki
  スピーカーメーカ(スイッチサイエンス社)HP

<望遠メガフォン>
<実用事例:三菱電機>

  動画:プロモーション動画(2分)YT

  動画:WBS報道(約3分)YT

  動画:オーディオ・スポットライト(3分強)YT

  動画:四次元ポケットプロジェクト 第一弾(約2分)YT
*ASTRO Sci-Tech NEWS '14.08.12 VOL.3-16*

  また新しいウォータージェットの遊び道具が出てきた。スケボーと組み合わせて
  空を飛ぶ、ウォーターホバーボードだ。

  数年前、背負のジェットパック式が話題になったが、もっとコンパクトになった。
  スケボーにウォータージェットノズルを配し、ノズルの向きをコントロールする。


<ジェットパック式>

<ウォーターホバーボード>

  コンパクトになった分、動きの自由度が大幅に高まった感じだ。最高5mの高さ、
  時速40kmで推進できる。水は、18mホースでモーターボートから供給だ。

  足の裏に、直接ノズルを付けるタイプもある。ウォーターシューズ、と言うのか。
  こちらはより自由に動けるが、ノズルが下向きなので、スピードは今一歩か。


<ウォーターシューズ式>

  日本では体験できるところは見つけられなかったが、ハワイやグアムでは日本人
  観光客向けのスクールも有る様だ。バンジージャンプ気分でトライしては如何か。


  日本語情報 gizmodo 英語情報 sltribthenewsdispatch

  ウォーターホバーボード開発会社(ZR社)HP
  ジェットパック式開発会社(JETLEV社)HP


  動画:ウォーターホバーボード PR(約3分半)YT
  動画:同 インストラクション(約4分半)YT
  動画:2013年 ワールドCUP(約12分半)YT
  動画:ウォーターシューズ式 PR(3分強)YT
  動画:ジェットパック式 PR(3分強)YT
*ASTRO Sci-Tech NEWS '14.07.01 Vol.3-13*

  なんでもスマートの付く時代、ボールにスマートが付くとどうなるのか。これが
  その一つの答えだ。ボールにセンサーが内臓され、データが分析できる。

  キックの速度、パワー、回転、方向、シュートの弾道を測定、ブルートゥースで
  スマホに送られ、専用アプリが、プレーヤーに結果をフィードバックする。

  どこをどう改善すれば良いか、といったアドバイスや、模範プレーやレッスン
  改善ヒントを収めたビデオ・ライブラリーにも繋げてくれる。

  さらには、動画として記録し、どのように改善するかをアドバイスし、パワーと
  正確さを競うゲームも提案してくれるという。

  充電が必要な事を除けば、見かけ上は普通の5号球だ。1時間の充電約1週間
  の利用が可能だ。ネットにUPすれば、仲間同志でも見合える仕組みだ。


  いろんなモノにセンサーが付き、ネットに繋がる。こんなボールを使って試合を
  したら、キット面白い中継ができるだろう。野球ボールにも展開されるだろうか。


  日本語情報 wired 英語情報 engadget
  開発会社(アディダス社)HP

  動画:プロモーション(約1分)youtube
 

  動画:実練習での利用事例(約6分)youtube

  動画:2014WCボール ブラズーカ 技術的分析(3分弱)youtube
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]