忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  A S T R O  S c i-T e c h  N E W S   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  2012.12.04. VOL.1-31
┌                                    ┐
  宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを
  分かり易く解説します!! 中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/Category/8/
└                                    ┘
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
<目 次>  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ◆宇宙情報

  いよいよディープスペースへ!! 居住練のモック検討がスタートへ!!

 ◆先端研究

  最先端船舶コンセプトは、これだ!! 先端技術を地震探査船に結集!!

 ◆最新技術

  トンボ型ロボットは、自在に飛行!! 格安での商品化間近?!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ▼いよいよディープスペースへ!! 居住練のモック検討がスタートへ!!


  人類は、外宇宙へ飛び出す、それが究極の進化だ。という話を聞いた事はない
  だろうか。着々と進む火星探査は、それが最終目的ではない。

  あまり日の目を見ないが Deep Space Habitat というプロジェクトが、予算が
  絞られる中、細々であるが、着々と進んでいる。

  既にいくつかのトライがされているが、あらたな検討として、まず着手された
  のは、ISS 国際宇宙ステーションの予備部品から、モックを造ろうという。

  最低限の生命維持に関係する設備は何か、あるいは食料を得るために必要な設備
  は何か、60日の滞在と500日の滞在では、必要とするものが何が違うか。

  ISSでの滞在経験を踏まえて、より現実的な居住練を考えていこうとしている。
  夢の宇宙滞在も、現実的な目標に変わってきたようだ。

  最も重要な事は、宇宙での人間生活そのものが、どのようにミッション自体に
  影響を及ぼすか、それを把握する事にあるという。

  当たり前の話だが、滞在する人間が満足に生活できなければ、課せられた宇宙
  でのミッションも完遂できなくなる。

  現在の構想の一つには、地球と月の間にあるラグランジュポイントという重力と
  遠心力が釣り合ったポイント(地球より44.6万km)に設置するという。

  そこをベース基地として、火星や小惑星探査へ出発する。宇宙船や太陽フレア
  からも居住区を守るため、水によるシールドゾーンも設定される。
  

  地球からも離れ、どちらかと言えば宇宙に漂う環境での滞在は、ISSでの滞在
  とも違った条件だ。孤立感の克服など、精神面での課題克服が重要だろう。
  

  英語ニュース
   wired.com link, popsci.com link, aviationweek.com link
   (↓動画:イメージCG 約2分半)
    youtube.com link
   (↓動画:実験サイト 3分強)
    youtube.com link

  ディープスペース居住練について
   nasaspaceflight.com link, en.wikipedia.org link
  ラグランジュポイントについて
   en.wikipedia.org link


 ▼最先端船舶コンセプトは、これだ!! 先端技術を地震探査船に結集!!


  最近の船舶開発は、エネルギーや環境にやさしいなど、時代の潮流に沿った内容
  が目に付くが、基本的な開発、ブリッジでの操船技術の開発も進んでいる。

  マルチメディアが普及した現在に、正に相応しい。全面ガラス張りブリッジに、
  映画 マイノリティレポート 同様のバーチャル計器盤が出現する。

  コクピット席は、まさにゲーマー特等席。全てがテーブルに集められ、そこから
  全てが操作できる。タッチスクリーン操作は、スマートフォンを扱う如きだ。

  手の動き、ジェスチャーも読み取る。レーダー情報も、自動的にアラートが
  発せられる。IT化、ビジュアライズ化とも言えるだろう。


  地震探査船の船型に目を移すと、日本では見慣れないブリッジ位置。船首、即ち
  前側に配している。船首の形もスムーズな流れをしている。

  実は、この船はノルェーで開発された。発表されてから既に4-5年が経って
  いるようだが、バイキング船のリデザインとして話題になったようだ。

  ブリッジ位置は、エンジンの位置と同じあたりにされる事が多いが、この船は、
  ブリッジ下にあるディーゼル発電でモーターを廻している。

  特徴的な船型は、船首部が少し前に出て、高さも一般部より高い事が分かるが、
  荒海中での前部沈み込みに余裕が生まれるなど、メリットが多いとのことだ。

  
  ブリッジ開発は、まだ先があるが、新しい船型の船は、導入が進んでいるようだ。
  このような小型船開発の動きには、日本の造船業も見習って欲しいものだ・・

  
  英語ニュース
   ship-technology.com link
   (↓動画:イメージCG+実写 約9分 始め3分ほどでOK)
   ship-technology.com link
   (↓動画:地震探査船紹介と探査状況 約4分)
   youtube link
   (↓動画:荒海での航海映像 2分弱)
   youtube link
   (↓発表当時のニュース '08年9月)
   gcaptain.com link

  開発会社(ULSTEIN社)HP
  利用会社(POLACUS社)HP 地震探査会社


 ▼トンボ型ロボットは、自在に飛行!! 格安での商品化間近?!


  この手の話題は、研究止まりになるケースが多いが、これは違うようだ。
  個人出資を集めるとあるファンドが、製品化資金を提供する事になった。

  これまでは、大学の研究室でミリタリーの資金を得て4年間で開発してきたが、
  商品化のためにスピンオフして事業化する。

  商品化するトンボ型ロボットは、全長16cm程の4枚羽根を有し、カメラ、
  GPS、Wi-Fi、スマホアプリなどが装備される。

  その他にも、センサー類など20種もの測定ができて25g程度の重さにしか
  ならない。飛行時間も30分はOKという。

  これらのスペックを聞いただけで、とても一般には手に入らないイメージだが、
  販売価格の目標は、100ドル程度だ。

  本体の色や羽根の形も思いのままでチョイスできる。ガジェット感覚で企画
  されている。オマケに4つのベースモデルまである。

  超軽量モデル、高速モデル、多用途モデル。そして武装モデルなるもの、
  と言っても、交換部品が付いたり、カメラが2つであったり、そういう事だ。

  Wi-Fi、スマホアプリ装備から想像できる通り、スマホから操縦できる。
  とあるところへ飛ばして、こっそりと撮影する。そんな使い方もできる。

  
  現時点、目標額の2倍以上の2000万円の資金が集まっている。米国なら
  ではだろうが、日本ならどのくらい集まるだろう。気になるところだ・・
  

  日本語ニュース
   gigazine.net link
  英語ニュース
   popsci.com link, gizmag.com link(詳しい)
   (↓動画:CG+実写デモ 約6分)
   indiegogo.com link
   (↓動画:日大製トンボロボット 2分強)
   youtube link

  開発会社(techject社)HP
  ファンド会社(indiegogo社)での資金募集HP


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<発行にあたり>
---------------------------------------------------------------------------

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------
<後記>
---------------------------------------------------------------------------


  最近はUFOモノは、アンビリバボーくらいしか取り上げず、少々寂しい限り
  である。先般のNHKの番組は、正道の学問として捉えた稀有な番組だった。

  やはり、正道の学者が語ると世の中の捉え方も変わるのではないかと思う。
  物理学者が独演会と称し、講演会をするという噂を聞き付けたので紹介したい。

  保江邦夫 ノートルダム清心女子大学 教授である。
  数々の奇跡的な体験からか、ついにUFOを語るというのである。

   http://kankoujiryu.com/onemanshow.html

   日時 2012年12月16日(日)18:00~20:30
   場所 文京区民センター2階2A会議室
       春日(都営三田線・大江戸線)から1分
      後楽園(丸ノ内線)から4分
   会費 1000円
   お問合せ リエゾン(080・3736・0030)


  米国では、ミチオカク ニューヨーク市立大学 教授が有名だ。物理学者だが
  宇宙人やUFOの存在には否定的ではない。こんな記事もある・・

   http://ufo.whipnet.org/xdocs/michio.kaku/index.html 

  世界的にも有名な Global Convergence Forum の昨年の会議でも、積極的な
  弁論を振われたようだ。どんな話をしているか、聞いてみて頂きたい・・・

    liveleak.com link


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓                                     〓
 ◇ASTRO Sci-Tech NEWS         創刊;12.04.17
 ◇ 発行人 NPO法人ASTRO
     Advanced Science-Technology Research Organization
     http://npoastro.blog.shinobi.jp/ (ブログ形式新設)
     http://www.npo-astro.org/index.html
 ◇ご意見などは、こちらのアドレスへ npo.astro.org.news(アット)gmail.com 
〓                                     〓
 ◇お断り:本メールは、現在見切り発車中のメールマガジンです。体裁を整えて
      週1回の発行を目指し努力しておりますが、当面は月1回+号外です。
     :本メールは、ウエッブ情報をキャッチして、独断と偏見で選び、素人
      のコメントを付記した程度のものです。よって、紹介している情報の
      正確性・信頼性は保証できません。これを読む各人の責任でのご利用
      をお願いします。
     :本メールは、皆様ご自身の任意の申し込みにより、配信されておりま
      す。従いまして、本メールの受信に関する全ての責任、また関連する
      全ての損害に関し、発行人はその一切の賠償責任を免れます。
〓                                     〓
 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00039)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00009)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。
発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
End 12.12.04 Vol.1-31 End 12.12.04 Vol.1-31 End 12.12.04 Vol.1-31 End
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
I am sure this post has touched all the internet visitors, its really really pleasant article on building up new webpage.
Tony URL 2014/08/17(Sun)07:10:20 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]