忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 08   2018/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[601]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602]  [600
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
  
  火星生活を想定した開発で、最重要はエネルギー確保ではないだろうか。そこに、
  本命とも言える技術開発、原子力発電の技術の開発が進んでいる。
  
  通常、原子力発電というと100万kW単位となるが、このプロジェクトは、小粒
  発電1kWから10kW程度というレベルだ。
  
− 1kW反応炉試作機と全体図 −
核反応部は、下部の赤いところ
  
  10kWの場合、1基米国の一般家庭2軒分を補う規模。火星では、4基を一組
  として配置し、8名が住むコロニーを支える計画だ。
  
− 火星での配置イメージ −
  
  ただ、原子力発電と言っても、精々が10kW程度。話題になる福島原発のような
  複雑な構造ではない燃料ウランであるが、発電機スターリングエンジンだ。
  
− ウラン燃料(赤)と中性子反射体(reflector: 水色) −
  
− 核反応部(下部) と 電力変換部(上部:ここがスターリングエンジン) −
  
  実は、スタートは推進装置ロケット核推進を目指し研究が重ねられ、火星時代に
  新たに 探査基地用電力源が加えられた。わざわざ持ち込む必要がなくなるからだ。
  
  
  トリガーは、トランプ大統領の 火星探査も指示も含む 月面基地建設 への大統領令
  へのサインだ。研究として意識はされてきたが、これにより 本格化する。
  
  
  
  このような小型原子力発電であれば、コントロールもしやすいだろう。万一の時
  にも、被害は少ない。もしかしたら、地球でも使われる時代が来るかもしれない。
  
  
  日本語情報 karapaia, earth38moonmainichi
  プロジェクト概要(2016.2)pdf
  Kilowatt Reactor Using StirlingTechnologY(KRUSTY) 概況(2017.3) pdf
  Kilopower プロジェクトについて wiki
  
  
  動画:NASA プロジェクト解説CG(3分強)YT
  
  動画:NASA 核推進器(核熱推進)CG(3分強)YT

  
  動画:Los Alamos 宇宙探査ロケット用 核推進器(4分半)YT
  
  動画:NASA 次世代宇宙探査のイメージCG(7分半)YT
   
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]