忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
*** 2017.10.17 VOL.6-21 magmag melma ***
      
  
  スペースデブリスペースジャンクとも称される宇宙ゴミ。その対策は急務とされ、
  いろいろなアイデアが競い合っている。
  
− 地球を取り巻く デブリのイメージ −
  
  そして また新しいアイデアが発表された。開発企業は、ズバリ Aerospace 社。
  その技術は  Brane Craft という薄膜で構成される衛星だ。
  
− Brane Craft イメージ図 −
  
  約1平方m程の大きさで、髪の毛の半分ほどの厚みという なんとも頼りなさげな
  イメージ。これでは、放射線小さな隕石から 自身を守ることはできない
  
  そこで考えられたのが、柔軟性を持たせた膜構造とし、膜自身をセル分割する事で、
  一部セルの故障が全体に及ばないよう、冗長性を持たす設計とした。
  
  問題は、その実力レベル。当面は、厳しい宇宙の放射線下で どの程度システムが
  保たれるのか、そんな実験・実証をしていくと言う。
  
  技術が完成すれば、デブリ約1kgを、筋肉の様な素子を用いて包み込み、その後、
  薄膜の間に入れた液体燃料を噴射大気に突入・焼失させる事ができる。
  
− 燃料噴射スラスター 直径2.7μの噴出孔 −
  
  
  大きくできると、小惑星を包み込み 加工衛星まで運ぶような 資源開発にも使える、
  かもしれない。構造物に柔軟性を持たせ様というチャレンジは 素晴らしい限りだ。
  
  
  日本語情報 gigazine  英語情報 spacenextbigfuture
  開発会社(Aerospace)HP  技術プレゼン資料 pdf
  
  
  動画:イメージCG(44秒)YT
   
  動画:Aerospace社 広報ビデオ(1分)YT
  
  動画:NASA スペースデブリ 実像CG(2分強)YT
   
  動画:JAXA 宇宙デブリ除去技術 解説(7分弱)YT
 
PR
*** 2017.10.17 VOL.6-21 magmag melma ***
    
  
  アラブ首長国連邦UAE)は、中東の中で、最も宇宙への関心が強い国とされる。
  2015年には、火星探査計画を発表、世界の目を引いた。
  
  
− 火星上空のアラブ首長国連邦探査機「アル・アマル」のイメージ図 −
三菱重工が受注している
  
  火星計画は着実に進んでいる。移住計画 Mars 2117 プロジェクトでは、まず研究
  として Mars Science City と称する 巨大研究施設140億円規模で建設する。
  
− Mars Science City のイメージ図 −
  
  火星のための住居を研究、3Dプリンター技術植物工場技術など 火星人類が
  生活していくために必要な科学技術を研究する。
  
  更に、宇宙旅行プログラムも発表。2018年宇宙会社を設立し、2020年代
  には、まずは他国の技術を使って 国民を宇宙旅行へ誘うという。
  
  まずは、6ヶ月から10ヶ月を掛け、4名から6名宇宙飛行士を選出。訓練の後、
  建国50周年を迎える2021年末までには、宇宙飛行を実現させたいとの計画だ。
  
  技術は、広く構えている。ロシアソユーズ中国神舟、民間ではスペースX
  ボーイングの名も挙がっている。
  
− ソユーズロケット −
  
  
  わずか3年ほど前に、設立した宇宙機関 UAE SPACE AGENCY が中心
  となり夢の宇宙時代を築いていく。日本も見習いたいものだ。
  
  
  日本語情報 kyodonews, orbitalrailwaywired
  英語情報 spacespaceflightinsider
  
  アラブ首長国連邦の火星探査計画HP
  アラブ首長国連邦について wiki
  
  
  動画:Wall Street Journal 報道 火星探査計画(1分半)YT
  
  動画:euronews 報道 火星探査計画(4分)YT
  
  動画:TED UAE火星ミッション(18分弱)YT
  
  動画:火星探査衛星 アル・アマル(1分)YT
 
  
  
  米国フロリダ州にある マクディール空軍基地。主には輸送や給油などのサポート
  任務を主とする基地のようだが、幾つかの未確認飛行物体事件が襲った。
  
- マクディール空軍基地の位置 -
  
<動画:基地でのエアショー>
  
  それは、巨大ハリケーン イルマ がフロリダ半島から離れ、基地が機能を回復した
  数日後。実はイルマ被害が避けられないと判断された際、航空機は避難していた。
  
  撮影されたのは、全長100mはあるかとされる葉巻型飛行物体。その周りには、
  小さな球形の飛行物体も飛び回っていたという。
  
- 撮影された 葉巻型飛行物体 -
  
<動画:撮影写真の連続再生>

  
  そして思わぬ目撃もあった。スキモノ巷では有名なTR-3Bという。避難から
  戻ってきた、という主張もあるようだが、そもそもサポート基地に相応しくない。
  
- 撮影された トライアングル型飛行物体 -
  
<動画:TR-3Bの紹介>
  
  一方、フロリダ半島のこの基地には、60年代からUFOに関連する情報があり、
  それへの関与や、バミューダトライアングルとの関連するという話もあるようだ。
  
  
  謎が解ける日は来ないだろうが、CG映像でないとすれば、その正体が気になる。
  情報提供者は、匿名だが、信頼されるともされる。是非、もう一歩調査して欲しい
  
  
  original ENG exonews, exopoliticstbo
  マクディール空軍基地が属する第4空軍について wiki
*** 2017.10.03 VOL.6-20 magmag melma ***
      
  
  スーパーWASP*計画、太陽系外の恒星の周りを回る惑星系外惑星)を全天に
  渡って調べ上げる、壮大なプロジェクトだ。
   * Wide Angle Search for PlanetsスーパーWASP
  
− スーパーWASPの観測カメラ −
口径200mm 2k x 2k CCDセンサー 8機
  
  2006年アンドロメ座方向WASP1bを観測して以来、系外惑星を有する
  恒星は、122個が登録されている。
  
  系外惑星の有無は、直接観測するわけではないドップラー法トランジット法
  あり、主星である恒星の揺らぎや、明るさの変化から、惑星有無を割り出すのだ。
  
− トランジット法:恒星前を横切る際の光度ダウンを観測 −
  
  その中で、WASP12bが話題となっている。木星と比べて大きさ1.7倍
  質量1.4倍 という 非常に木星に近い星で、ホットジュピターと呼ばれる。
  
− WASP1bのサイズ 左:木星 −
  
  ホットの所以は、主星との距離340万キロという、太陽−地球間45分の1
  しかなく、非常に近いことから来る高温、昼間時は2500℃にもなるからだ。
  
− WASP1bと主星 (太陽)−
  
  最近のハッブル宇宙望遠鏡での直接観測で、殆ど反射をしないという事が分かった。
  それは、恒星から降り注ぐ光のうち94%を吸収しているという事になるそうだ。
  
  ホットジュピターは、この星に限らず 系外惑星の多くが、そう呼ばれる。それは、
  木星と大きさが似ており また 高温であることからだ。
  
  
  その中でも WASP12b は特異値を示しており、まだまだ興味は尽きない様だ。
  系外惑星には地球に似た惑星もあり、生命の可能性も期待される。深化を望みたい。
  
  
  日本語情報 astroartsafpbb  英語情報 newatlasdailymail
   
  スーパーWASPプロジェクトHP  スーパーWASPについて wiki
  系外惑星のデータベース link     系外惑星の観測について link
  当該論文(The Astrophysical Journal Letters)pdf
  
    
  動画:SciShow 報道(5分弱) YT
  
  動画:WASP12b 恒星通過のイメージCG(1分弱)YT
  
  動画:トランジット法(12秒)YT
  
  動画:ドップラー法(12秒)YT
  
 
*** 2017.10.03 VOL.6-20 magmag melma ***
    
  
  深宇宙探査を大きなテーマとするNASAは、火星向け技術には、特に余念がない。
  その一つ カギとなる推進技術 電磁加速プラズマロケットに進展があった。
  
− 可変特殊インパルス電磁プラズマロケット VASIMR のイメージ図 −
流れは右から左へ
  
  仕組みは、加熱したプラズマを、超電導磁石による強力磁界の中に閉じ込め、その
  後部にある磁気ノズルから開放する事で、高速のプラズマ流として噴出する。
  
  開発中のロケットは、可変特殊インパルス電磁プラズマロケット(VASIMR*)と呼び、
  従来型と違い、電磁波により燃料ガス加熱するため、電極消耗がないという。
   * Variable Specific Impulse Magnetoplasma Rocket
  
  開発を受託する Ad Astra社 は、100kWの出力100時間持続できる技術
  目途を付け、2018年には実証するという事だ。
  
− Ad Astra社 コンセプト図 −
流れは左から右へ
  
  これが完成すると、従来の化学ロケットでは7−8ヶ月、と見積もられている火星
  までの旅程3ヶ月まで縮まる見込みだ。
  
  それは、化学ロケットでは、火星に到達するまでの間は、慣性航行 即ち エンジン
  を停止した状態となるが、VASIMR を使うと、旅程途中の加速もできるためだ。
  
− 理論的には 4倍以上の差 −
  
  この種の電気ロケットは、太陽電池無尽蔵エネルギーを得られる事から燃料ガス
  を有効に使える。但し、有人機では10MWというから巨大な太陽電池が必要だ。
  
− 月までのタグボート機コンセプトの太陽電池イメージ −
  
  
  宇宙技術は、まだまだ開発が始まったばかりと言える。化学ロケットは西暦千年頃、
  中国のロケット花火を起源を持つ。もっとスゴイ技術が出てくる事を期待したい。
  
  
  日本語情報 tdk
  Ad Astra Rocket社HP
  次世代ロケットエンジンの現状と課題(大阪大学) pdf
  
  
  動画:VASIMR 試験の様子(36秒)YT
  
  動画:NASA VASIMR紹介番組(10分弱)YT
    
  動画:Ad Astra社 VASIMR紹介(5分)YT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 6
8 9 11 12 13 14
15 16 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]