忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
  
  
  大国中国宇宙でも大国を目指すべく、宇宙開発計画を担う国営 中国航天科技集団
  CASC宇宙運輸システム発展ロードマップ を発表した。
  
  これは10月第19回党大会習近平総書記宇宙強国戦略的目標を打ち出し、
  応える形で、中国航天科技集団公司董事長(会長)、党組書記雷凡培氏が発表した。
  
- 雷凡培氏 -
  
  それによると、2045年に[宇宙強国]の実現を目指し、以下の目標を設定した。
  
   25年 高度20〜100キロの準軌道繰り返し飛行できる輸送機を開発、
       宇宙旅行を実現。
   30年 月面基地建設に向け人や資材を運べる超大型ロケットを開発。
   40年 異種類のエンジンを組み合わせたロケットを実用化すると共に、
       原子力宇宙船を開発
   45年 燃料タンクを切り離さず繰り返し使用できる宇宙船を開発
  
  記者の雷凡培インタビューには、もっと具体的な内容もある。
  
   中国は2020年までに軌道上を飛行する宇宙機を200基以上とし、年間
   打ち上げ回数30回前後とする。
   EUを抜き、世界宇宙強国水準にほぼ達する計画だ。
  
  25年目標の準軌道への往還機は、米国版 スペースシャトルロケットではなく
  この往還機を使っても飛ばすというイメージで紹介されている。
   
− 中国版スペースシャトルイメージ1 −
中国航天科技集団 CASC の往還機を使った案
  
  極超音速飛行できるエンジン技術 TRRE*を2020年までに完成2030年までに実物大
  実証機の飛行を計画しているが、これが準軌道往還機に利用される見込みだ。
   * Turbo-aided Rocket-augmented Ram/scramjet Engine
  
− 下の再利用型輸送機のラムジェットエンジンイメージ −


  
  これだけも凄い事が、宇宙強国を目指す中国、他に 中国航天科工集団 CASIC でも
  計画が進む。いずれ どちらかに収束するのだろうが、確かに力が入っている。
  
− 中国版スペースシャトルイメージ2 −
中国航天科工集団 CASIC の往還機を使った案
Global Space Exploration 2017 (GLEX 2017 北京) にて展示
  
  30年超大型ロケットに向けても、One-Family Two-Engine Three-module という
  コンセプトでロードマップが引かれ、開発が進められている。
  
  現在は長征5号が失敗、挽回を図るところだ。最強になる長征9号は、100トン
  以上を打ち上げられる。月への有人探査や火星への無人探査に準備するものだ。  
  
− 打ち上げロケットのファミリー構想 −
長征(ロングマーチ)シリーズ 長征9号は右端
  
  
  40年原子力宇宙船以降、まだ情報はないが、その内に要素技術の開発状況など
  出て来るだろう。楽しみではあるが、西側諸国も負けずに構えて行きたいものだ。
  
  
  日本語情報 recordchina, nikkan, gigazinemynavi
  英語情報 xinhua, dailymail, spacedaily, pressfrom, gb 12 , futurismhowlingpixel
  中国語情報 chinanews, sinaxinhua
   
  
  動画:CCTV報道 ハイブリッドスペースクラフト開発(1分弱)YT
  
  動画:中国版再利用ロケットブースターCG(1分)YT
  
  動画:長征5号 打上げの様子[最終的に損失・失敗](4分弱)YT
  
  動画:長征9号用 ロケットの試験状況(1分強)YT
   
  動画:中国報道 長征9号開発状況(2分半)YT
  
  動画:宇宙ステーション 神舟9号の打上げCG(3分強)YT
PR
   related blog 1, 2, 3 related blog on JPNTECH 12
    
  
  NASA最新イオン推進器が、性能を大きく伸ばしたという。X3と命名され、
  100kW以上の出力で稼動5.4ニュートンの推進力を得た。目指すは火星だ。
  
− 開発中 X3 リングが3つ見えるのが3の理由 −
  
− その試験中の模様@50kW −
別サイドから
  
  最大電流260Aで、5kWから102kWという広範囲で運用できる。従来記録、
  X2の記録 3.3ニュートンを大きく上回った
  
  開発を推進する米ミシガン大学 ガリモア工学部長は、
    
   化学ロケットでは毎秒5kmしか加速できないが、これは40kmまで出せる。
   そして、燃費も10倍も良い。つまり10倍の距離を飛んでいける。
   但し、人類を火星まで運ぶには、1000kWレベルまで性能を上げ、軽量化
   も必要だ。
  
  イオン推進器をこう語る。火星探査への本命技術と窺い知れる。
  
  
  次のステップは、稼働時間のロング化だ。火星到着までの耐久性を確保しなくては
  いけない。来年はフルタイムで100時間を目指して、開発が進む。
  
  更にこの開発は、もう1チーム、Aerojet Rocketdyne社開発中の XR-100 と合体
  する予定という。つまり、XR-100コア部に位置する予定との事だ。
  
  
  日本も成果を出している、電気推進分野。力の入れ方次第では、まだまだ宇宙への
  貢献は期待できる。米国・中国に負けず 頑張って頂きたい
  
  
  日本語情報 karapaia  英語情報 space, nextbigfuturepopularmechanics
  X3開発論文(International Electric Propulsion Conference 2017) pdf
  Aerojet Rocketdyne社 電気推進器 30年の歴史(IEPC 2013) pdf
  
  
  動画:ネット報道(2分弱)YT
  
  動画:一世代前の推進器の開発状況(2分強)YT
  
  動画:イオン推進のコンセプト解説(2分半)YT
  
  動画:ガリモア教授が語るプラズマについて(2011 3分強)YT
  
  動画:はやぶさ2 のイオン推進始動・加速CG(2014 33秒)YT
 
*** 2017.11.16 VOL.6-22 magmag melma ***
  
   related blog link 12
  
  
  宇宙大国へ邁進するインド月探査計画、来年3月にも、月探査の第2弾の打上げ
  が予定される。来年は、08年のチャンドラヤーン1号から10年目となる。
  
− インド宇宙開発を強力にリードする ISRO chairman Alur Seelin Kiran Kumar −
ISRO:Indian Space Research Organisation
  
  チャンドラヤーン2号最大のミッションは、1号で失敗した着陸船を無事に着陸
  させて、次のステップ 月面探査車を展開していく事だ。リベンジには熱が入る
  
− 月探査機チャンドラヤーン2号のイメージ図 −
着陸船(上)と周回船(下)から成る
  
  6輪の月面探査車は、着陸船に搭載され、下ろされたスロープを下っていく。地球
  だと、自動車の陸送車から自動車を下ろすイメージだ。
  
  二の舞とならないソフトな着陸が絶対条件人工クレーター専用試験棟で、各種
  センサーチェック高度100kmからの落下・着陸プロセスを評価している。
  
− 着陸船と月面探査車のテスト風景 −
  
− テスト用に準備された人工クレーター −
  
    
  インド宇宙開発は、衰えを知らないグーグルXプライズにも TeamIndus
  先陣を競っている。上手くいけば、インドローバー2台月面を走るかもしれない。
  
− TeamIndusのローバー −
  
  
  英語情報 nextbigfuture, nature, dailymailfirstpost
  
  
  チャンドラヤーン1号について wiki  チャンドラヤーン2号について wiki
  ISROの将来計画 pdf
  
  
  動画:チャンドラヤーン2号プログラムの紹介(2分半)YT
  
  動画:チャンドラヤーン1号のCG(2分弱)YT
  
  動画:TeamIndusのローバー開発(3分強)YT
  
  動画:TeamIndusのプレゼンテーション(18分強)YT
 
 
*** 2017.11.14 VOL.6-22 magmag melma ***
  
  
  火星探査を越えた、深宇宙恒星間航行までも睨むと、化学ロケットの出番はない
  世界中では、新しい推進装置が開発される。レーザー核融合ロケットもその一つだ。
  
− 核融合ロケットのイメージ図(東北大学) −
核融合炉にプラズマ噴射用口を付けたイメージ
  
  その超最先端技術の一歩を刻む報道があった。九大プラズマの噴射制御に成功した
  という。阪大、パデュー大、光産業創成大学院大広大明石高専。主に日本チームだ。
  
  レーザ核融合ロケットは、高速膨張する核融合プラズマを、強力磁場で制御排出
  このプラズマの排出方向を制御する事が、重要技術となる。
  
  この研究ではプラズマを制御する磁場を、4つのコイルで構成する磁気ノズルと称
  する部品で制御した。コイルに流す電流を制御し、プラズマの放出方向を制御する。
  
− 4つのコイルを組み合わせた磁気ノズル −
灰色の四角形(矢印付)がコイル
  
  プラズマレーザー光で生成磁気ノズル内に放出され、強力磁場により方向制御
  されて、思う方向に出て行く。これで ロケット噴出方向を決める訳だ。
  
− 磁場によりプラズマが押し返される(=制御された)実験の一コマ −
  
− レーザー光源として用いた 阪大 EUVデーターベース小型レーザー用真空容器 −
  
  
  原子力を用いた推進技術に関する研究は、日本では盛んなようだ。レーザー技術
  先端を行くという。相乗効果で、次世代の推進技術をモノにしてもらいたい。
  
  
− 現在のレーザー核融合ロケットのイメージ図 −
  
− こんな研究も:磁気プラズマセイルの研究概要(明石高専) −
  
  
  日本語情報 kyushu-u, mynavi, nikkanakashi
  当該論文(Scientific Reports)link
  大学プレス pdf  九大 山本研究室 HP 羽田研究室 HP
  九大 有人惑星飛行を目指すレーザー核融合ロケット解説HP
   
  
  動画:NASA 熱核融合ロケットCG(3分強)YT
  
  動画:パルス式核融合ロケットCG(1分強)YT
  
  動画:NASA 核融合ロケット研究の歴史(24分弱)YT
  
  動画:光産業創成大学院大 小型レーザー核融合炉紹介(5分強)YT
  
*** 2017.10.31 VOL.6-22 magmag melma ***
  
  
  宇宙航行推進装置候補の一つとされる、マグネチックセイル。どんなイメージ
  持つだろうか。セイルから ソーラーセイルなど 思い浮かぶだろうか。
  
  大きな面積の物体は、同じイメージだが、原理が大きく異なるソーラーセイルは、
  太陽光、即ち光子を薄膜で受け反動で推進する。太陽光圧と呼ばれるモノだ。
  
− ソーラーセイルで有名な 日本の IKAROS −
  
  一方マグネチックセイルは、ループコイル電流を流し、太陽風に含まれる陽子
  の荷電粒子が起こす電界を利用して 推進力を得ようとするモノだ。
  
− マグネチックセイルのイメージ図 −
推進器は 外側のループコイル部 (Current Loop)
  
  その原理はフレミングの法則や、ローレンツ力などで説明できる単純なモノだが、
  ソーラーセイルと異なり膜は不要電流経路だけで構成軽量化が見込める。
  
− マグネチックセイルの原理イメージ図 −
− マグネチックセイルの原理説明(JAXA) −
  
  一重ループコイルを、何重にもしたソレノイドコイルで、その力を何十倍にもして
  利用する SharkFin Magnetic Sail が発表され 専門家間で話題になっている。
  
− ソレノイドコイルのマグネチックセイルのイメージ −
  
  原理検証の試作機は、筒状の気球の周り超伝導のワイヤーを巻きつけた、非常に
  簡単なモノだが、成層圏に送り出し、あるとされる高電流場で動きを確認する。
   * ビルケランド電流:太陽風と地球地磁気を原因とする大電流 地上300km
  
− 原理検証用の試作機 −
− 原理検証試作機をバルーンにセット −
− ビルケランド電流のイメージ図 −
  
  
  スタートは微々たる実験だが、実証確認されると 宇宙の航行に大いに期待できる。
  ベースのマグネチックセイルでは、JAXAも活躍していた。今後にも期待したい。
  
  
  日本語情報 jaxa  英語情報 nextbigfuture, centauri-dreamsorbitalvector
  関連特許(Thrust Augmentation Systems)テキストのみ link、図含め pdf
  元のMagnetic sails論文 ZUBRIN, ANDREWS
   Magnetic sails and interplanetary travel(AIAA 1991) link
  SharkFin Magnetic Sail クラウドファンド資金募集 link
  関連:プラズマ・マグネット プレゼン資料(2004)link
  関連:磁気プラズマセイルの推力発生メカニズムの解明(JAXA 2006)pdf
  
  
  動画:KOAT報道:Earth to Mars in less than a week? (2分)YT
  
  動画:学会での公演(1時間強)The SharkFin Magnetic Sail YT
  
  動画:原理テストイメージ解説(2分弱)YT
  
  動画:ソーラーセイルとマグネチックセイルの比較(4分半)YT
  
  動画:JAXA イカロス(13分半)YT
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]