忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 08   2019/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[258]  [259]  [256]  [255]  [254]  [253]  [257]  [252]  [251]  [250]  [249
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

***
  SF的なアイデアは、数多ある。これもその一つかもしれないが、リアルな技術
  をベースにした、実現可能なアイデアでもある。

  最大の問題はエネルギー。最近の小惑星を資源化する asteroid mining の動きが、
  この道を開きつつあり、時間は掛かりそうだが挑戦が始まりそうだ。

  実に壮大、荒唐無稽な発想だが、小惑星上に巨大レーザー装置を設置太陽光
  集光、レーザ光として照射する。小惑星をレーザー装置とする訳だ。

  発射された行く手には、直径500mの可動式のフランネルレンズが待ち受け、
  遠くの探査船へ向けてレーザー光を送り込む。

<レーザー光の照射イメージ>

  レーザー光を受ける探査船は、そのエネルギーでイオン推進装置を駆動させる。
  探査船は、乗員250名という大規模なものだ。

  そして、直径600mの居住区円環2回転/分で回転し、重力相当の遠心力を
  発生させ、生活に支障がでないよう設計される。

  最大の問題は、探査船の減速とされる。試算によると、光速度の2%で航行して
  いた場合、通常速度まで減速するのに、最先端の技術でも73年掛かるという。

  この最先端技術というのが、磁気セイルだ。セイル部分に強力磁場を発生させ、
  太陽風の磁気プラズマ流に反発・推進力を得る。


<ソーラーセイルと磁気セイル>

 
<磁気セイルの作動概念>
 
  このアイデア、1980年代に遡る。通常は、ソーラーセイルの様に加速推進に
  用いられるハズだが、このアイデアでは減速装置として蘇った

  発案当時は、実現できそうな技術も見当たらず、お蔵入りだったが、最近になり
  超伝導技術を用いれば、強力磁場の発生も問題ないとの事で、研究も盛んの様だ。


  このアイデアに登場する推進・減速技術は、推進材を必要としないプロペラント
  レスと呼ばれる分野。宇宙探索の重要技術には、まだまだ発展がありそうだ。


  英語情報 nextbigfuturecentauri-dreams
  プラズマセイルについて pdf1pdf2

  動画:ソーラーセイルについて(2分強)YT 

  動画:イオン推進装置について(約1分半)YT
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]