忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを
  分かり易く解説します!! 中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
<目 次>  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ◆宇宙情報
  順調な開発進む民間往還機 スペースシップ2!! 音速飛行に成功!!

 ◆先端研究
  ヤブカ と思ったら、糸トンボ!? 実は体長3cmの自在飛行ロボット!!

 ◆最新技術
  超低燃費の実現か?! Xプライズ受賞のベンチャーが量産モデルを開発?!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ▼順調な開発進む民間往還機 スペースシップ2!! 音速飛行に成功!!

  これまでの宇宙船、或いは航空機の枠を超えた奇抜なデザイン、ヴァージン
  ギャラクテック社が開発を進めるスペースシップ2のテスト飛行が実行された。

  商用、即ち宇宙旅行を第一に開発されるこの宇宙船は、天才航空機デザイナー
  バートルタンが設計、パイロット2名に乗客6名が搭乗できる。

  今回はロケットエンジンを使った、初の試験飛行となった。朝7時にキャリアー
  と共に離陸し、45分経過後、高度約14000mの地点で切り離された。

  ロケットエンジンを点火、約16秒間飛行し、マッハ1.2、高度16500m
  を到達
、着陸の途に就いた。約1時間の飛行試験であった。

  2005年プロジェクトがスタートし8年経過、大きな経過点を経た。ここまで
  の長期に比べると、この後の宇宙までの試験はあっと言う間、年内に完了予定だ。

  スペースシップ2の宇宙旅行は、国際宇宙ステーションISSのような高い高度
  までは行かない、サブオービタルで無重量を体感しようというものだ。

  約高度16000mまでスペースシップ2を運び、その後切り離し、音速の3倍
  で3.5Gの加速度で宇宙空間
へ。約4分間の無重力体験、帰還する。

  飛行時間約2時間、費用約2千万円だが、既に500名以上のエントリーがある
  という。貴重な体験は、何物にも代え難いということだろうか。


  いずれにしても、誰でもが宇宙へ飛び出せるという、画期的な時代になってきた。
  このようなワクワク体験できるプログラムを、何か日本からも出したいものだ。


  日本語ニュース afpbb, commonpost, zakzak
  英語ニュース cnet, space-travel

  開発会社(ヴァージンギャラクテック社)HP
  実開発会社(スケールドコンポジット社)HP
  ロケットエンジン開発会社(シェラネバダ社)HP
  日本の旅行会社HP



  動画:試験飛行の模様(約2分)youtbe


  動画:試験飛行当日のドキュメント(約3分)youtube


  動画:プロモーションビデオ(未だロケット映像はない。約3分)youtube


  動画:スペースシップ2での宇宙旅行CG(約6分半)youtube


  動画:デザイナー バートルタン氏講演 ジェット機BD-5('10年? 約6分)youtube


  動画:実開発チーム紹介('10年当時 約4分半)youtube



 ▼ヤブカ と思ったら、糸トンボ!? 実は体長3cmの自在飛行ロボット!!

  その名はロボビー(Robobee) 残念ながらトンボではなくハチである。が、見る
  からにトンボに見えてしまうのは、日本人だからか。

  要素技術の開発は10年以上になるが、プロジェクトして2009年に始動した
  のは、当時、大量のミツバチが一度に居なくなるいう現象解明がキッカケだった。

  重量は80mg、羽根の幅3cm、羽ばたき周波数120Hz。左右の羽根は
  独立して個々に周波数を制御できる。右にも左にも自由自在に飛行できる。

  電気モーターを利用できないこのサイズでは、羽根を動かす筋肉は、ピエゾ素子
  と呼ばれる、セラミックで造られたアクチュエーターで構成される。

  製造法もユニークだ。ポップアップ製造法と名付けられたその技術は、飛び出す
  絵本をヒントに考え出された。一枚の薄板から、立体的な形を産み出す技術だ。

  ロボビーは、18枚のカーボンファイバー、チタン、セラミック、銅板等の薄板
  からレーザーカット・立体的に構成されている。  

  残念ながら、まだ電池やコンピュータを積む能力はなくワイヤーで繋がれている
  が、燃料電池など、いずれ電池性能が向上すれば、十分に独立飛行が可能だろう。


  現在考えられている用途は、環境モニタリング、救助検索モニタリング、受粉の
  作業など
、沢山のロボビーを飛ばして実行しようというものだ。

  こういう技術が現実になれば、プロジェクトのキッカケ通り、ハチの気持ちも
  理解できるようになるかもしれない。


  日本語ニュース blog.livedoor
  英語ニュース discovery

  プレスリリース(ロボビー)link1, link2
  プレスリリース(ポップアップ製造法)link

  開発大学(ハーバード大学)HP1, HP2, HP3





  動画:プロモーションビデオ(約2分)youtube


  動画:プロモーションビデオの解説付きニュース(約1分)youtube


  動画:ステアラブル飛行の様子(約1分)youtube


  動画:一世代前のモデルMobee(約5分)youtube


  動画:ポップアップ技術(約1分)youtube


  動画:デルフト大のトンボロボ youtube



 ▼超低燃費の実現か?! Xプライズ受賞のベンチャーが量産モデルを開発?!

  Xプライズ、というのをご存じだろうか。実は、上述スペースシップ2のベース
  スペースシップ1も、サブオービタル宇宙船のXプライズを受賞している。

  実現難しい技術課題をテーマに、スポンサーが付いて高額な賞金を設定する賞金
  レースだ。スペースシップ1は、賞金1000万ドル(10億円)を得た。

  保険会社がスポンサーとなったプログレッシブ・オートモーティブ Xプライズは、
  100マイル/ガロン(42km/L)を達成する実用的クルマを競った。

  受賞チームが決まったのは、2010年9月。メインストリーム部門で優勝した
  のは Edison2社の『Very Light Car』、受賞額は500万ドルだった。

  達成燃費は43.6km/L、見事目標値をクリアー。後半分500万ドルは、
  オールタナティブ部門で優勝した2社が分け合った。

  このEdison2社が、VLC4.0という量産前提モデルを発表した。重量
  635kgの超軽量、2名乗り
。エンジンは従来型、ハイブリッド型もOKだ。

  日本の軽自動車よりも軽い。アルミボティーは勿論だが、足廻りにも工夫がある。
  アウトボードの車輪には、スプリングも内蔵されたイン・ホイール設計だ。

  現在の情報では、量産モデルは200万円。EV仕様で90HPのモーターに、
  10.5kWhのリチウムイオンバッテリー搭載
走行距離は180kmだ。

  バッテリー切れの場合に備えて、9馬力の普通エンジンも搭載される見込みだ。
  燃費は350マイル/ガロン(147km/L)という驚異的な数字だ。


  自動車の電気化が進むこの時代、単なるボディーを軽量化するだけではなく、
  各コンポーネントの構造をも変えていく必要性を、このクルマは示している。

  Xプライズやそれに挑戦するベンチャー会社の存在は、チャレンジャブルに
  捉えて挑み続ければ、新しい進化をモノにできる証である。日本も見習いたい。


  日本語ニュース wired.jp, technobahn
  日本語:2010年ニュース news.livedoor

  英語ニュース wired.com, motortrend
  プレスリリース link

  開発会社(エジソン2社)HP

  Xプライズ財団 HP
  Xプライズ財団について wikipedia
  プログレッシブ・オートモーティブ Xプライズ HP

左:Xプライズ受賞モデル 右:VLC 4.0(残念だが動画はない)



新しいホイール・イン・サスペンション



  動画:ナショナルジオグラフィック Xプライズ 超低燃費車コンテスト videolink, 日本語ニュース ngcjapan

  動画:Xプライズの参加モデルVLC(約4分)youtube


  動画:Xプライズ受賞モデルVLC試走風景(約2分半)youtube


  動画:VLCチーフエンジニアとエンジニアリング(約2分)youtube


  動画:Xプライズ オルタナティブ部門 優勝1 Li-Ion Motors社(約2分)youtube


  動画:Xプライズ オルタナティブ部門 優勝2 Peraves X-Tracer チーム(約2分半)youtube



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<発行にあたり>
---------------------------------------------------------------------------

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------
<後記>
---------------------------------------------------------------------------

  今、土星がホットだそうだ。観測衛星 カッシーニ からの映像だ。

ハリケーン化した北極


いつもの北極



youtube


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓                                     〓
 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00031)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00016)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。
発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
End 13.05.07 Vol.2-10 End 13.05.07 Vol.2-10 End 13.05.07 Vol.2-10 End
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 8 9 10 11
12 13 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]