忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2019/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[601]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602]  [600]  [599]  [598
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
  超新星爆発、それは 星の最後の輝き 終焉の姿とされてきた。にも関わらず、光り
  続ける超新星が観測された。まだまだ 人類の知見は限りあるようだ。
  
− 光り続ける超新星 iPTF14hls のイメージ −
  
  この超新星は、1954年に爆発し、そして2014年にも爆発したとされている。
  古い爆発は、最近になって 過去データの見直しで分かったものだ。
  
− 1954年と1993年の観測写真 −
  
  通常なら爆発後光度が平坦な期間が100日程度続き、そして消え去る。しかし、
  この超新星は、600日目までで、5回もの明滅を繰り返した。
  
− 爆発からの光度変化 −
  
  まだ理由は分かっていないが、通常の超新星爆発ケースに比べ、太陽質量の50倍
  という巨大な恒星であった事が関連すると見られている。
  
  爆発後の収縮で、反物質が生まれそれが輝きの元になったという仮説だ。理論上、
  太陽質量の100倍前後で起こるとされるが、実際は、宇宙開闢の初期の話だ。
  
  
  まだまだ未知の宇宙に対し、火星探索くらいで喜んではいけないスタートレック
  の様に、ワープで宇宙の端まで飛んでいきたいものだ。
  
   
  日本語情報 cnnwired  英語情報 astronomynow    
  当該論文(Nature LETTER) pdf
   
  動画:ネット報道 ゾンビスター(1分半)YT
  
  動画:超新星爆発・壮絶な星の最期(43分)YT
  
  動画:残骸 中性子星からガンマ線フレア? かに星雲(2分半)YT
  
  動画:スーパーコンピュータ「京」を用いた計算で超新星爆発(2分強)YT
 
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]