忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2019/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602]  [600]  [599]  [598]  [597
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
  火星移住を目前にして、居住スペースに関する研究が活発に行われている。時代は、
  都市を創る検討まで進んでおり、NASAがコンテストを主催、MITが優勝した。
  
− MIT優勝のデザイン図 −
  
  それも1万人を目標にしているとかで、MITのデザインは、ドーム1つで50人
  200個のドームを建設して都市を構成する。
  
  樹木を利用レッドウッドフォレストとネーミングされる。ドーム内に地球の森
  模した環境を創り出し、人間が住み易い状況を整える。
  
− レッドウッド = セコイア 米カリフォルニア州 セコイア国立公園 −
  
− ドーム内部と下部 −


  
  樹木は太陽エネルギーの収集としても機能し、水を集める事にも活用される様だ。
  火星の土や水を使って、地球の環境を創り出す、素晴らしいコンセプトだ。
  
  下部には、ルーツと呼ぶ通路が続く。プライベート空間隣のドームへも繋がり
  地中を移動することで、放射線などからも身を守り火星を安全に移動できる。
  
  ドームは、水で充填された柔らかい外皮で覆われている。放射線を遮り熱の調整
  にも役立つようだ。更には、ドーム貯水タンクでも機能する。
  
  太陽光発電パネルも備え、クリーンな電力を発電燃料電池へ充電したり、水から
  ロケット燃料を製造できたりもする、居住空間でもあり、基地でもある。
  
  
  地球でも、過酷な環境の地域で活用できそうなデザインだ。テーマパークのような
  イメージで、どこか砂漠で建設してみても面白い。火星に行く前に火星の体験を。
  
  
  日本語情報 techablesputniknews  英語情報 space, newatlasinhabitat
  コンテスト(international Mars City Design competition)HP
  
  
  動画:ネット報道 火星都市コンテストMIT優勝(2分弱)YT
  
  動画:ドバイの火星シミュレーション都市構想(1分強)YT
  
  動画:イーロン・マスクの描く 火星都市(1分半)YT 
 

  動画:TomoNews 中国コロニーコンセプトほか紹介(5分強)YT
  
  動画:NASA 火星への旅(5分弱)YT
  
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]