忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 06   2018/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[579]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*** 2017.9.5 VOL.6-18 magmag melma ***
    
  
  年々改良が進む、電気推進の分野。主には衛星用として用いられるが、推力増強
  進行中、ロボット探査機程度なら火星への推進器の期待ができる時代になってきた。
  
  それを、中国が先鞭するかもしれない。中国東北 ハルビン工業大学 の研究成果が
  発表され話題の様だ。研究では、推力電力比10%から63%へ大幅UPする。
  
  電気推進の一つ ホールスラスター(HS)を一歩進めた、シリンドリカルHS改良
  技術の試算結果だ。キセノン燃料渦回転が起こるように、噴出口を構成した。
  
<ホールスラスターの概念図:燃料をイオン化・電界加速し噴射する>
<改良前後の燃料の流れ 右が渦回転型>
  
  この渦回転の噴射方式は、燃料が不十分な状況での低出力時にも有効な設計という。
  これにより電極に近い側ガス濃度を上げ推進性能を向上する。
  
<米プリンストン大学での実験事例 右がシリンドリカルHC>
  
  この様に燃料噴射を渦回転させる方式は、自動車エンジン燃焼室スワール(横渦)
  を発生させる先例があり、燃焼効率の向上出力UPへ繋がっている。
  
<自動車エンジン燃焼室でのスワロール発生の例>
  
  
  本研究では、概念的な確認に留まる。何を どのように設計すれば、最適な設計と
  なるかは、まだまだ先の技術のようだ。日本でも、更なる飛躍を望みたい。 
  
<研究者 Liqiu Wei博士>
  
  
  英語情報 futurism, nextbigfuturerdmag
  ホールスラスターについて kyushu-uwiki
  当該論文 link
  
  
  動画:ホールスラスターの原理CG(2分弱)YT
  
  動画:AerospaceCorp 電気推進技術の紹介(4分半)YT
  
  動画:EUのホールスラスター試験風景(2分弱)YT
  
  動画:エンジン燃焼室でのスワロール発生イメージ(5秒)YT
  
  
  
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]