忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [180
***
 宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを
  分かり易く解説します!! 中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
<目 次>  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ◆宇宙情報
  超小型衛星がブロックパーツに?! 未来の人工衛星は軌道上で組立て?!

 ◆先端研究
  世界最長の海峡トンネル?! 中国から米国までの高速列車の実現や如何に?!

 ◆最新技術
  サスペンションを備えたホイール登場!! 地面の凹凸吸収し実にスムーズ!?


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ▼超小型衛星がブロックパーツに?! 未来の人工衛星は軌道上で組立て?!

  以前、退役した衛星のパーツから、軌道上で新たな衛星を組立てようといいう
  NASAフェニックスプロジェクトを紹介した事がある。

  その後 コンセプトは発展し、ブロック化された超小型衛星を組合せて、一つの
  人工衛星を造り上げれば、分解・再組立ても容易になる、となった様だ。

  曰く一つの超小型衛星は、万能細胞の様に振る舞う。即ち、軌道上にある組立て
  ロボット衛星で、退役衛星パーツと共に組立て、新たな衛星にもなれる。

  このブロック衛星は Satlet と名付けられ、そもそもは中小ベンチャーや大学、
  個人でも宇宙探検プログラムが実行できるよう、小型・低コストに開発された。

  宇宙での実証実験では、実際の退役衛星のアンテナを使って、新たな小型衛星を
  組立て、新しいタスクを課せられ運用される見込みだ。2年後には実施される。

  成功すれば、宇宙開発の費用を大幅に削減できる。低コスト故、参入する企業も
  増えるだろう。宇宙開発の裾野が広がり、産業としても大きく拡大するだろう。


  火星探査や有人ロケットなど、派手な開発だけでなく、このような地道な開発が
  宇宙開発での着実な前進を産み出している。日本もできる事があると思われるが。


  英語情報 spacenews フェニックスプロジェクト 説明資料(DARPA)pdf
  衛星開発企業(NovaWurks 社)HP 
  組立てロボット開発企業(Honeybee Robotics 社)HP
   
<Satletのイメージ>
  動画:イメージCG(長編 約5分)youtube
  動画:イメージCG(短編 約30秒)youtube
  動画:衛星組立てロボットテスト+CG(約5分半)youtube
  動画:Honeybee Robotics 社の火星探査ロボットCG(約3分半)youtube
  動画:最初の宇宙空間での作業イメージCG(2012年 2分半)youtube
 ▼世界最長の海峡トンネル?! 中国から米国までの高速列車の実現や如何に?!

  世界的に孤立感のある中国だが、北米大陸と陸地続きにすべく、大陸間横断する
  13000kmという途方もない距離の、超高スピード鉄道路線を検討中という。

  北京を起点としベーリング海峡200kmもの地下トンネルを掘り、アラスカ
  に到着、一気に東海岸まで走り抜く。速度350km/h丸2日掛かる計算だ。

  中国の高速鉄道と言えば、死者40名を出した2011年に起きたCRH1型
  衝突事故が、今もなお目に浮かぶが、かなり自信を挽回したようだ。

  最新情報では、青銅剣と名付けられた高速鉄道の試験で、605km/時を達成
  したという。恐らく、日本の超電導リニア 581km/時を意識したのだろう。

  同モデルは6両編成、先頭車両と最後尾車両には異なるデザインを採用、停止時
  に空気抵抗を増やして速度を落とすブレーキ装置も設けられているという。

  トンネル技術も進歩しようとしている。渤海湾の入り口、大連市煙台市の間の
  海底120km強の海底トンネル計画が承認されたばかりだ。

  世界最長青函トンネルの2倍になるが、フェリーで4時間掛かるところ、40分
  のドライブで渡りきる。


  鉄道が有効な移動手段になるには、往来する人々が多いという事が前提になる。
  この計画が実現するためにも、もっと友好的な両国間関係ができると良いのだが。


  日本語情報 recordchina, nicovideo, searchina(青銅剣),
        トンネル reuters, fesoku
  英語情報 theguardian, chinadaily
  中国の高速鉄道について wiki

<初の中国国産CRH型車両 380A>

<横断経路イメージ>
  動画:ニュース報道(3分弱)youtube
  動画:中国の高速鉄道(約2分半)youtube
  動画:CRH 380A 最高速達成のニュース報道(4分弱)youtube
 ▼サスペンションを備えたホイール登場!! 地面の凹凸吸収し実にスムーズ!?

  自転車にせよ車椅子にせよ、リジットな車輪での乗り心地は、あまり良いとは
  言えず、ラフ路になると座っていられなくなるのは、万人共通の思いであろう。

  サスペンションなど装備し、何とか乗り心地が良くならないかと考えている方は
  少なくないだろう。それにピッタリの製品が開発された。

  その名も SoftWheel。従来のスポークに相当する部分に、圧縮空気が封入された
  ダンパーが3本、配されている。凹凸を吸収し、ショックを和らげる

  実は、ショックが大きいという事は、エネルギーロスが大きいという事で、通常
  の車輪では、30%近くを失い、推進力には70%程度しか使われていない。

  この SoftWheel を、或る電動自転車に組み込んだ処、走行距離が20~30%
  向上したというデータもある。

  段差ショックを出来るだけ少なくしたい、手漕ぎで走る車椅子では、その効果は
  絶大だ。段差ショックの心配が減った事で、移動速度もUPする。

  将来的には、好みで減衰特性が変更できる技術や、スマートフォンを使い速度を
  測定したり、車輪をロックしたりするセキュリィ機構の搭載も考えている。


  今や、自転車に復権の兆しが見られる時代、この様な視点からの新技術開発は、
  将来モビリティの中心に自転車が位置する、という筋書きも有るかもしれない。


  日本語情報 wired 英語情報 euronews

  開発企業(Softwheel社)HP
<メカニズム>
  動画:Softwheel 技術開発の様子(2分強)youtube
  動画:車椅子でのプロモーション(1分半)youtube
  動画:自転車でのプロモーション(約1分)youtube
  動画:競合 Britek 社(約1分)youtube
  動画:競合 Loopwheels 社(約2分半)youtube
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<後記>
---------------------------------------------------------------------------

  ISSから観た地球や宇宙の映像がUPされている。既に見慣れたモノとなって
  いるかもしれないが、あらためて見てはどうだろう。

  神秘の映像から、地球との関わりに想いを馳せるのも一興だ。物理で説明できる
  世界だというが、その映像に零れる何かを見てもらいたい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓                                     〓
 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00036)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00033)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。
発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン
  からお願いします。 http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
End 14.06.03 Vol.3-11 End 14.06.03 Vol.3-11 End 14.06.03 Vol.3-11 End
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8
11 13 14 15 16
17 20 22
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]