忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 09   2019/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*ASTRO Sci-Tech NEWS '14.10.21 VOL.3-21*

  海上や海中を移動する、船舶や潜水艇の速度は、非常にゆっくりという印象では
  ないだろうか。早い部類のアメリカンズカップのヨットで70km/h程度だ。

  そんな常識を打ち破る技術が、軍需技術で開発されている。海中を突き進む魚雷
  普通の技術では5-60km/hだが、新しい技術では370km/hにも達する。

  新しい技術とは、魚雷の回りに泡を発生させ、魚雷本体は泡の中、つまり空気層
  の中を飛んでいくというイメージだ。スーパーキャビテーションという技術だ。


<技術イメージ図>


<開発されたロシア製魚雷 シクヴァル:ノーズから泡が出る>

  理論上は5800km/hというトテツモナイ速度が出るようだが、現実的には、
  連続的な泡を出す事や、操縦の難しさから、魚雷への適用に留まっている。

  技術的には行き詰まった感があったが、中国の研究チームが、この大きな2つの
  課題を克服する方法を見出した、という。

  それは、特殊な膜だ。船体に水抵抗を下げる特殊な膜を張り、75km/hまで
  増速できれば、後は自然とスーパーキャビテーションの状態になるという。

  また操舵は、この特殊な膜の膜厚を均一にせず、厚みに違いを付ける事で部分的
  に水の抵抗を変化させて、船体の方向が変えられるとの事だ。

  ゆくゆくは、この技術を民間へ転用しようと考えているようだ。超音速水中船と
  いうコンセプト、上海からサンフランシスコまで2時間足らずで到着、という。

  
  夢の技術、まさにそんな技術だが、かなり海中を掻き回す技術でもある。海中に
  住む生物への配慮、そういう事を考えると実現しない方が良いかもしれない。


  日本語情報 gizmodoimpress
  英語情報 scmpextremetechdiscovery

  魚雷について wiki1wiki2 スーパーキャビテーションについて wiki


  動画:スーパーキャビテーションの実験映像(1分弱)YT

  動画:ロシア魚雷シクヴァル開発の歴史(露語 13分弱)YT

  動画:泡で船体抵抗を下げるエアカーペット(1分)YT
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]