忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 08   2019/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[257]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*ASTRO Sci-Tech NEWS '14.11.04 VOL.3-22*


  最近の宇宙開発は、火星探査や居住に注目が集まっているが、もっと身近な場所、
  地球軌道上に街を創ろう、という構想には興味はないだろうか。

  その可能性をNASA研究者へインタビューした内容がニュースとなって流れた。
  ロンドン-ニューヨーク間を移動する感覚で、軌道上の宇宙街区へ行けるという。

  実現できるか否かは、資金次第とするが、技術的には十分に実現可能と指摘する。
  軌道上なら、建造物資の輸送も問題なく、宇宙放射線もバンアレン帯で遮られる


<バンアレン帯>


  では、どんな街になるのだろう。長期滞在を想定すれば、無重力地帯で、重力に
  変わる力がなくては、人間は体力面で退化する。よって、遠心力がカギとなる。

  ご年配なら目に浮かぶ、宇宙映画の名作、2001年宇宙の旅。そこに登場する
  宇宙船ステーションは正しくこのコンセプト。直径300mのリングが回転する。


<2001年宇宙の旅>


  回転する構造体に住まう事を考えると、やはり大型な構造物となる。そうすれば、
  居住区以外に、畑作地などを設け、農作物も育てられ、酸素の補給にも繋がらる

  また外面に太陽光パネルを設置すれば、エネルギー補給もでき余計なエネルギー
  発生装置は必要ない。因みに、居住者数では1万人規模だという。

  実際には、まず数十年後に、小さな宇宙ホテルを実現させ数日程度の宇宙滞在が
  可能となる。無重力が故、身体が衰えたシニア層には魅力的かもしれない。


<宇宙ホテルを想定した実験機:Bigelow Aerospace 社>


  やはり、宇宙旅行を経て宇宙居住へ向かうべきだろう。そして、一旦、この様な
  技術を手にすれば、更なる深宇宙へ、探検は止められないと締め括る。


  最初に前置きされているように、最大の課題は資金である。それは、意味のない
  戦争・内戦を止める事で賄えるハズともコメント。そう、人類の偉大な挑戦だ。


  日本語情報 rocketnews24 英語情報 dailymail

  NASA科学者 Al Globus 氏 HP
  同 宇宙街区への放射線の影響について pdf

  2001年宇宙の旅について wiki
  スペースコロニー イメージ図 HP


  動画:1970年代のアイデア(2分弱)YT

  動画:ロシア企業 宇宙ホテル構想(1分強)YT

  動画:アメリカ企業 宇宙ホテル ニュース報道(約5分半)YT

  動画:2001年宇宙の旅 宇宙ステーションCG(5分弱)YT

  動画:2001年宇宙の旅 船内生活(2分強)YT
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]