忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
*** 2017.11.18 VOL.6-22 magmag melma ***
追記 2017.11.23
  
  
  長い間、彗星は 太陽系内で生まれるとされてきた。惑星ができる過程で、氷と岩
  の固まりを形成何らかの力で押し出されると予測してきたようだ。
  
  その常識が覆される観測があった。太陽系外から飛来したとされる A/2017 U1 だ。
  10月19日発見直径数100mのこの天体は、太陽引力を振り切る速度で遠ざかる
  
− A/2017 U1 を捉えた映像 (Queen's University) −
  
  太陽系の上方向から進入してきた、というのもポイントだろう。誕生したであろう、
  そのエリアには太陽系の天体は ほぼ存在しない
  
− 小惑星 A/2017 U1 軌跡:太陽系を横から見たところ −
  
− 小惑星 A/2017 U1 軌跡 −

  
  
  小惑星は符号が付けられるが、恒星間の天体については新たにInterstellar
  頭文字I」が用いられる様だ。即ち A/2017 U1 から 1I/2017 U1 になる見込みだ。
   * 1I の 1 は、新発見を意味する模様
  
  加えて、‘Oumuamua という命名もされた。ハワイ語に由来‘Ou手を伸ばすmua
  =最初の、という事だ。日本語読み オウムアウム 最初の使者 となった。
  
  
  さらっとは こんな感じだが、発見以降天文学会はテンヤワニヤの大騒ぎ。遠のく
  天体を観測しようと最後まで努力が続いた。約10日70ものデータが集まった。
  
  専門家の間では、重力波観測に匹敵するという声もある。それだけ天変地異だった。
  地球から遠く問題なかったが、コースに乗っていたら、映画の騒ぎでは収まらない
  
  
追記
  
  その後、こんなイメージ図が発表された。幅40m長さ400m細長い物体だ。
  その珍しい形状に、また一つの驚きが起こっている。



  日本語情報 nikkeibp, astroarts 12  英語情報 nasa, imonature
  当該論文(arxiv) pdf  追記日本語 nikkeibpasahi
   
  
  動画:A/2017 U1 の紹介(3分半)YT
  
  動画:NASA 地球近傍天体の特定手順(1分強)YT
  
  動画:ANN 小惑星 2014JO25 接近時のニュース(28秒)YT
  
  動画:東大木曽観測所 2012 TC4 観測映像(18秒)YT
   
  追加動画:発表されたオウムアウムのイメージ図(3分強)
 
PR
*** 2017.11.16 VOL.6-22 magmag melma ***
  
   related blog link 12
  
  
  宇宙大国へ邁進するインド月探査計画、来年3月にも、月探査の第2弾の打上げ
  が予定される。来年は、08年のチャンドラヤーン1号から10年目となる。
  
− インド宇宙開発を強力にリードする ISRO chairman Alur Seelin Kiran Kumar −
ISRO:Indian Space Research Organisation
  
  チャンドラヤーン2号最大のミッションは、1号で失敗した着陸船を無事に着陸
  させて、次のステップ 月面探査車を展開していく事だ。リベンジには熱が入る
  
− 月探査機チャンドラヤーン2号のイメージ図 −
着陸船(上)と周回船(下)から成る
  
  6輪の月面探査車は、着陸船に搭載され、下ろされたスロープを下っていく。地球
  だと、自動車の陸送車から自動車を下ろすイメージだ。
  
  二の舞とならないソフトな着陸が絶対条件人工クレーター専用試験棟で、各種
  センサーチェック高度100kmからの落下・着陸プロセスを評価している。
  
− 着陸船と月面探査車のテスト風景 −
  
− テスト用に準備された人工クレーター −
  
    
  インド宇宙開発は、衰えを知らないグーグルXプライズにも TeamIndus
  先陣を競っている。上手くいけば、インドローバー2台月面を走るかもしれない。
  
− TeamIndusのローバー −
  
  
  英語情報 nextbigfuture, nature, dailymailfirstpost
  
  
  チャンドラヤーン1号について wiki  チャンドラヤーン2号について wiki
  ISROの将来計画 pdf
  
  
  動画:チャンドラヤーン2号プログラムの紹介(2分半)YT
  
  動画:チャンドラヤーン1号のCG(2分弱)YT
  
  動画:TeamIndusのローバー開発(3分強)YT
  
  動画:TeamIndusのプレゼンテーション(18分強)YT
 
 
*** 2017.11.14 VOL.6-22 magmag melma ***
  
  
  火星探査を越えた、深宇宙恒星間航行までも睨むと、化学ロケットの出番はない
  世界中では、新しい推進装置が開発される。レーザー核融合ロケットもその一つだ。
  
− 核融合ロケットのイメージ図(東北大学) −
核融合炉にプラズマ噴射用口を付けたイメージ
  
  その超最先端技術の一歩を刻む報道があった。九大プラズマの噴射制御に成功した
  という。阪大、パデュー大、光産業創成大学院大広大明石高専。主に日本チームだ。
  
  レーザ核融合ロケットは、高速膨張する核融合プラズマを、強力磁場で制御排出
  このプラズマの排出方向を制御する事が、重要技術となる。
  
  この研究ではプラズマを制御する磁場を、4つのコイルで構成する磁気ノズルと称
  する部品で制御した。コイルに流す電流を制御し、プラズマの放出方向を制御する。
  
− 4つのコイルを組み合わせた磁気ノズル −
灰色の四角形(矢印付)がコイル
  
  プラズマレーザー光で生成磁気ノズル内に放出され、強力磁場により方向制御
  されて、思う方向に出て行く。これで ロケット噴出方向を決める訳だ。
  
− 磁場によりプラズマが押し返される(=制御された)実験の一コマ −
  
− レーザー光源として用いた 阪大 EUVデーターベース小型レーザー用真空容器 −
  
  
  原子力を用いた推進技術に関する研究は、日本では盛んなようだ。レーザー技術
  先端を行くという。相乗効果で、次世代の推進技術をモノにしてもらいたい。
  
  
− 現在のレーザー核融合ロケットのイメージ図 −
  
− こんな研究も:磁気プラズマセイルの研究概要(明石高専) −
  
  
  日本語情報 kyushu-u, mynavi, nikkanakashi
  当該論文(Scientific Reports)link
  大学プレス pdf  九大 山本研究室 HP 羽田研究室 HP
  九大 有人惑星飛行を目指すレーザー核融合ロケット解説HP
   
  
  動画:NASA 熱核融合ロケットCG(3分強)YT
  
  動画:パルス式核融合ロケットCG(1分強)YT
  
  動画:NASA 核融合ロケット研究の歴史(24分弱)YT
  
  動画:光産業創成大学院大 小型レーザー核融合炉紹介(5分強)YT
  
  
  スキモノ雑誌月刊ムー。その10月号に、- 地球製UFOと電気反重力 -なる表題
  の記事が掲載されている。とある日本人研究者研究履歴を纏めたイメージだ。
  
- ムー10月号  地球製UFOと電気反重力 -
 
  
  事の発端は、フィラデルフィア・エクスペリメントについて書かれた本にあった、
  ビーフェルド・ブラウン効果の説明部分だと振り返る。
  
- トーマス・ブラウンが実験に使用した円盤の構造図 -
  
- 反重力飛翔体の実験モデルを持つブラウン -
  
- 実験の様子 -
  
  そして、アメリカ宇宙物理学者ポール・ラ・ビオレッテよると、このブラウン
  効果の研究は、
    ブラウン電気重力テクノロジーの研究は、アメリカ空軍のもとで
    1954年から“ブラック・プロジェクト”として実施され、これが、
    ステルス爆撃機B-2推進原理に使われている
  という。
- B-2 -
  
  B-2翼先端部電気的にプラスとして、排気ガスマイナスイオンで帯電させ、
  1500万ボルト以上の電位差を生じさせることで推進力を発生させている。
  
  それを表す数少ない写真がある。機体の上に発生したコロナ放電が、通常ジェット
  エンジンによる推進から電気重力推進に切り替わったことを示しているという。
  
- 飛行中のB-2爆撃機 -
  
  更に、当該 日本の研究家の実験結果が続く。詳細は、論文に譲る事にしたいが、
  確かに ブラウンの発見した電気重力効果の存在を確認している。  
  
  興味深いのは、ブルガリアの研究者が同等の結論に到った事を、知らせてきた事だ。
  他にも発見事例があり、公にはならないが、既に公知と言っても良いかもしれない。
  
  
  この様な研究が実を結ぶ事を願いたい。当NPO ASTROでも有志が断続的に
  研究を続けている。興味のある方は、連絡を願いたいlink 下方
  
  
<動画:MU Tube>
  
<動画:ポール・ラ・ビオレッテが語る電気重力技術>
  
  
  original JPN quasimoto2, gakkenmu 12
  original ENG huffingtonpostnaturalphilosophy
  関係論文 電磁場と重力場の関連性について相対論的考察 ToM pdf
  関係論文 Explanation of dynamical B-B Effect pdf
  関係論文 The Possibility of Strong Coupling Between Elec. and Grav. pdf
*** 2017.10.17 VOL.6-21 magmag melma ***
  
  
  月観測衛星かぐや」。2007年9月に打ち上げ、09年6月月の裏側に落下、
  ミッションは既に完了だ。かぐや の他、子機 おきなおうな 計3機体制だった。
  
− かぐや 観測データによる 南極側地図 −
南極エイトケン盆地 赤:高所 紫:低所
  
  この観測期間に収集されたデータは、今なお 解析が続いているが、この度、月面
  地下に 大きな横穴がある事が分かった。
  
  この横穴は、09年に 同じく かぐや により発見されている マリウス丘縦穴に、
  繋がった形で、地下 約50mの付近に、50kmもの長さで存在するという。
  
− マリウス丘 と 縦穴・横穴想像図 −
右上 縦穴の底が見える(これは米国衛星LRO撮影)
朝日新聞イメージ図
  
− 横穴の位置イメージ T1-T4−
      
  専門家は、35億年前にできた 溶岩チューブ 即ち、溶岩が流れた後 という分析
  をしている。地球にも見られる、身近な光景だ。
  
− 地球上の溶岩チューブ −
ハワイ島 サーストン ラバ チューブ
  
  これから期待が高まるのが、月探査開発だ。月の基地は、強力な放射線から身を
  守るため、土などを盛る必要性があるとされていたが、この横穴なら問題ない
  
  また 天文学的にも意義深い横穴の岩石は、それができた状態のままで存在して
  いるかもしれず、分析する事で 35億年の事が分かるかもしれないのだ。
  
  
  夢が広がる発見だ。スキモノ世界では、宇宙人が棲んでいるという都市伝説も流れ、
  とんでもない状況だが、現地調査は是非 日本が第1陣を勝ち取って貰いたい。
  
  
  日本語情報 nikkei, asahi, nikkeibp, hboltocana
  当該論文(Geophysical Research Letters) link
  かぐや について wiki  かぐや の観測データサイト link
  
  
  動画:JAXA 観測成果の報告会(1時間)YT
  
  動画:TVニュース報道(4分弱)YT
  
  動画:JAXA かぐや 探査機能など解説(20分)YT
  
  動画:かぐや マリウス丘付近の縦穴映像(1分強)YT
 
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]