忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 01   2018/02   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28     03 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
  
  超新星爆発、それは 星の最後の輝き 終焉の姿とされてきた。にも関わらず、光り
  続ける超新星が観測された。まだまだ 人類の知見は限りあるようだ。
  
− 光り続ける超新星 iPTF14hls のイメージ −
  
  この超新星は、1954年に爆発し、そして2014年にも爆発したとされている。
  古い爆発は、最近になって 過去データの見直しで分かったものだ。
  
− 1954年と1993年の観測写真 −
  
  通常なら爆発後光度が平坦な期間が100日程度続き、そして消え去る。しかし、
  この超新星は、600日目までで、5回もの明滅を繰り返した。
  
− 爆発からの光度変化 −
  
  まだ理由は分かっていないが、通常の超新星爆発ケースに比べ、太陽質量の50倍
  という巨大な恒星であった事が関連すると見られている。
  
  爆発後の収縮で、反物質が生まれそれが輝きの元になったという仮説だ。理論上、
  太陽質量の100倍前後で起こるとされるが、実際は、宇宙開闢の初期の話だ。
  
  
  まだまだ未知の宇宙に対し、火星探索くらいで喜んではいけないスタートレック
  の様に、ワープで宇宙の端まで飛んでいきたいものだ。
  
   
  日本語情報 cnnwired  英語情報 astronomynow    
  当該論文(Nature LETTER) pdf
   
  動画:ネット報道 ゾンビスター(1分半)YT
  
  動画:超新星爆発・壮絶な星の最期(43分)YT
  
  動画:残骸 中性子星からガンマ線フレア? かに星雲(2分半)YT
  
  動画:スーパーコンピュータ「京」を用いた計算で超新星爆発(2分強)YT
 
 
PR
  
  火星移住を目前にして、居住スペースに関する研究が活発に行われている。時代は、
  都市を創る検討まで進んでおり、NASAがコンテストを主催、MITが優勝した。
  
− MIT優勝のデザイン図 −
  
  それも1万人を目標にしているとかで、MITのデザインは、ドーム1つで50人
  200個のドームを建設して都市を構成する。
  
  樹木を利用レッドウッドフォレストとネーミングされる。ドーム内に地球の森
  模した環境を創り出し、人間が住み易い状況を整える。
  
− レッドウッド = セコイア 米カリフォルニア州 セコイア国立公園 −
  
− ドーム内部と下部 −


  
  樹木は太陽エネルギーの収集としても機能し、水を集める事にも活用される様だ。
  火星の土や水を使って、地球の環境を創り出す、素晴らしいコンセプトだ。
  
  下部には、ルーツと呼ぶ通路が続く。プライベート空間隣のドームへも繋がり
  地中を移動することで、放射線などからも身を守り火星を安全に移動できる。
  
  ドームは、水で充填された柔らかい外皮で覆われている。放射線を遮り熱の調整
  にも役立つようだ。更には、ドーム貯水タンクでも機能する。
  
  太陽光発電パネルも備え、クリーンな電力を発電燃料電池へ充電したり、水から
  ロケット燃料を製造できたりもする、居住空間でもあり、基地でもある。
  
  
  地球でも、過酷な環境の地域で活用できそうなデザインだ。テーマパークのような
  イメージで、どこか砂漠で建設してみても面白い。火星に行く前に火星の体験を。
  
  
  日本語情報 techablesputniknews  英語情報 space, newatlasinhabitat
  コンテスト(international Mars City Design competition)HP
  
  
  動画:ネット報道 火星都市コンテストMIT優勝(2分弱)YT
  
  動画:ドバイの火星シミュレーション都市構想(1分強)YT
  
  動画:イーロン・マスクの描く 火星都市(1分半)YT 
 

  動画:TomoNews 中国コロニーコンセプトほか紹介(5分強)YT
  
  動画:NASA 火星への旅(5分弱)YT
  
 
  
  世界の宇宙開発が全開で進められる中、日本の次の一手と言えば、H3ロケットだ。
  2020年の打ち上げに向け開発が進む。国際競争力強化商業受注を加速する。
  
− シリーズ化されるH3 −
  
  カギは、新開発エンジン LE−9 だ。主エンジンでは世界初の技術が採用される。
  エキスパンダーブリードだ。シンプルな構造故、低コスト化安全性も高いという。
  
− 構想時のLE-X模型(左) LE-7A(右)と比べ配管などがかなりシンプル −
  
− LE−9 完成予想図(左) と 従来方式 LE−7A(右) −
配管関係に大きな差
 
  
  エキスパンダーブリードとは、推進剤(液体燃料と酸化剤)を、ターボポンプにより
  燃焼室へ送り込む方式だ。日本独自の技術で、これまでも2段目用に使われている
  
− 日本のロケットエンジンの系譜 −
エンジ色の矢印がエキスパンダーブリードの流れ
− エキスパンダーサイクルの模式図 −
  
  シンプル構造の一つの理由は、副燃焼室を持たない事だが、逆に高出力化が難しい
  LE−9は、推進剤を送り込むターボポンプ駆動力をUPし、可能とする。
  
  即ちより大きなターボポンプ駆動力を得るため、ノズル部の吸熱効率を上げる方法
  として、ノズル長を長くし、その中に這わせるパイプ長さも延長させた。
  
− LE−5(2段ロケット部)で採用された エクスパンダーブリード −
燃焼器(ノズル)部で、吸熱し ターボポンプ動力に
− LE−7Aのノズル部の断面図 −
ロウ付された熱交換用のチューブ
  
  
  既に燃焼試験は、10回ほど行われ 順調な状況だ。しかし、フル開発のLE−7
  23年前だった。世代も交代、着実な前進を続け 日本H3成功させてもらいたい。
  
    
  日本語情報 mynavi 1, 23 tel  H3ロケットについて wiki, jaxatel
  三菱重工のLE−9開発論文(2016)pdf
  H3ロケット基本設計結果(2016)pdf
  
  
  動画:JAXA LE−9紹介CG(3分強)YT
  
  動画:JAXA LE−9燃焼試験(10回目 1分半)YT
  
  動画:JAXA LE−9ターボポンプ単体試験(1分半)YT
  
  動画:JAXA LE−9 記者説明会(32分弱)YT
  
  動画:JAXA H3ロケット紹介CG(1分弱)YT
  
 
    
  
  UFOに関して研究をするという報道が増えてきたが、大学でもコースを設置する
  ニュースが入ってきた。東欧トルコ国立アクデニズ大学で、正式に発足する。
  
  対象はUFOと宇宙政治学の分野。クラスは“Ufology and Exopolitics”となる
  予定だ。学生5.5万人21学部大型総合大学には、些細な事かもしれない。
  
- アクデニズ大学のUFOコース設置を伝える現地紙 -
  
  教えるのは、トルコでは知る人ぞ知るErhan Kolbaşıエルハン コルバシ)氏だ。
  1998年設立 トルコ シリウスUFO宇宙科学センター 副議長UFO通だ。
  
- Erhan Kolbaşı(エルハン コルバシ)氏 -
  
- シリウスUFO宇宙科学センターHPにある目撃写真例 -
  
  コルバシ氏は、今後10年から15年の内地球外知的生命体とのコンタクト
  起こる、と取材記者に語っている。
  
   Erhan Kolbaşı told the Doğan News Agency that humankind could make 
   contact with extraterrestrial beings “within 10 or 15 years.”
  
  
  UFOの国家的隠蔽情報にも迫っていくとするコルバシ氏の活動には、世界中で、
  期待の大きい事だろう。日本からも留学してみては如何だろう。
  
        
<動画:トルコ放送 UFO目撃 2014年>
  
<動画:シリウスUFO宇宙科学センターHPにUPされているUFO写真>
  
<動画:トルコのUFO遭遇番組から Kolbaşı氏出演>
  
  
  original JPN livedoor
  original ENG hurriyetdailynews 12  aa.com, newsweekmysteriousuniverse
  
  アクデニズ大学について wiki 
  シリウスUFO宇宙科学センターHP1,HP2
  
  
  銀河が数百個以上が集合すると 銀河団 と称し、数十個の場合は、銀河群 と称す。
  天の川銀河は、アンドロメダ銀河など約40の銀河が集まる局部銀河団群に属する。
  
  そんな膨大空間の宇宙ペルセウス座方向にあるペルセウス座銀河団構成元素の
  組成比と、太陽元素組成比が、同じである事が分かったという。
  
- ペルセウス座銀河団 電波(赤)と可視光線(白)合成擬似カラー画像 -
米カール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群(VLA)による
  
  観測は、2016年2月に投入された ASTRO-H(ひとみ)。1ヶ月ほど異常回転が
  発生短期間で運用は終了された。その短い期間に得られたデータの分析が進んだ。
  
- ASTRO-H(ひとみ)の構成図 -
  
  従来、鉄やニッケルなどの鉄族元素は、直接観測できず、補間をしてきていたが、
  低く見積もられていた様で、ひとみ直接観測では、数倍高く観測された。
  
- X線天文衛星 ASTRO-H(ひとみ) によるX線観測映像 -
搭載された軟X線分光検出器(SXS)による
  
- 希少鉄族元素の検出 -
  
  結果、太陽の構成元素比と同等となり、星の成り立ちは、宇宙どこでも変わらない
  と思わせる。因みに、天の川銀河ペルセウス座銀河団は、2.4億光年も離れる。
  
  
  ひとみは短期間運用だったが、成果を引き出した日本の研究者に、称賛を贈りたい
  2020年ひとみ後継にも期待し、日本の天文学が開く新しい世界を待っていよう。
  
  
- 研究リーダー メリーランド大学 山口 弘悦 助教 -
  
  
  日本語情報 jaxamynavi  英語情報 astronomynow
  当該論文(nature) link 日本語要約 link
  東京理科大 プレスリリース pdf  ASTRO-H(ひとみ)について wiki
  
  
  動画:ペルセウス座銀河団の位置(36秒)YT
  
  動画:ひとみのペルセウス座銀河団観測について(3分半)YT
  
  動画:ANN報道 ひとみのペルセウス座銀河団の観察成功(1分)YT
  
  動画:米X線衛星チャンドラによるペルセウス座銀河団観測結果(2014 4分弱)YT
  
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]