忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
    related blog link 12345678  
  
  昨年末、NASAのEMドライブ論文が、米国航空宇宙学会に取り上げられた。
  論文では、理論的裏付けとしてパイロット波理論なるものが可能性ありと論じた。
  
<話題のEMドライブ>
  
  パイロット波理論とは何か。殆どの物理学者は見向きもしないという量子力学上
  の仮説とされる。かのボーム博士が提唱している。
  
  2重スリットの実験で、電子は粒子にも関わらず、干渉波ができた事に対して、
  電子は移動する前に発したパイロット波に乗って移動した、という辻褄合わせだ。
  
<パイロット波理論とは こんなイメージという>
  
  これは、物質をベースにした日常的な世界観からは、受入れ易く受入れられるか
  に見えたが、その後に欠陥が見つかり見捨てられたという。
  
  このパイロット波理論は、EMドライブの礎となるゼロポイントエネルギー論
  あるバックグラウンドの揺らぎを良く表しており、採用したようだ。
  
  
  物理の世界には、いろいろは説があるようだが、EMドライブをキッカケとして、
  日頃耳慣れない仮説が飛び交っている事は興味深い。まだまだあるかもしれない。
  
  
  日本語情報 natgeoh5.dion
  英語情報 telegiz, forbes, collective-evolution, popularmechanics 12
   
  
  動画:パイロット波理論について(16分半)
  
 
PR
  
  宇宙観測は、時として 思いがけない発想をもたらす。映画コンタクトでは、電波
  望遠鏡宇宙人のシグナルを捉えた内容だった。
  
  宇宙人は存在するか。まだ謎のままのテーマだが、最近の観測では、エイリアン
  の存在を前提とした、或いは存在するとしか思えない観測結果が報告されている。
  
  白鳥座の方向にある1500光年という遠い宇宙にある KIC 8462852 の観測で、
  その光点滅の異常さから、巨大構造物が遮っているのではないか、というのだ。
  
<光度分析 横軸 1400日を過ぎた部分に一部で急減>
  
<KIC 8462852 を取り囲む巨大構造物 ダイソン球>
  
  更に、1000分の1秒という短時間に発生する、高速電波バーストという現象は、
  エイリアン建造恒星間宇宙船が生じさせたとする論文まで登場した。
  
<2001年の高速電波バーストの観測事例>
<恒星間宇宙船のイメージ図>
  
  論文の著者 ハーバード大 Avi Loeb 教授
  
   we haven't identified a possible natural source with any confidence.
   An artificial origin is worth contemplating and checking.
  
   どのような自然現象によって生じたかについて確信を得られていない
   人為的に引き起こされたと考えることは十分に価値のあるものだ
  
  と自説の正当性をコメントしている。
  
< Avi Loeb 教授>
  
  
  広く深淵な宇宙には、もっと不思議な現象はあるだろう。宇宙観測の技術進歩は、
  もっと異常な現象を見つけていくに違いない。即ち、エイリアンは存在するのだ。
     
  
<英テレグラフ報道>
  
<高速電波バースト解説>
  
<ミチオカク KIC 8462852 を語る>
  
  
  英語情報 gizmodo, economistsputniknews
  
  ダイソン球について wiki
  高速電波バーストについて link  当該論文(Astrophysical Journal Letters) link
  
   
*** 2017.3.21 VOL.6-6 magmag melma ***
  
  
  太陽が天宮を通る道黄道上には、占星術有名な星座が並んでいる。その中の
  一つ、みずがめ座方向にある星に大発見が報じられた
  
  それは、地球から39光年に位置する赤色矮星トラピスト1木星程の大きさで、
  質量木星の80倍スペクトル分類M8 2500K度という低温の星だ。
  
<みずがめ座 AQUARIUS にある 恒星トラピスト1の位置>
  
  そのトラピスト1に、なんと地球サイズ惑星7個地球と同じ岩石星と見られ、
  その内3個には、水も存在できるハビタブルゾーンにあるという発見だ。
  
<トラピスト1と7惑星イメージ図>
  
  この3個、名前はトラピスト1 e、f、g だ。生命の存在可能性も高いとされ、
  1f注目の惑星となっている。
  
  観測に使われたのは、2003年に打ち上げられた、スピッツァー宇宙望遠鏡
  2018年打ち上げ予定ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に期待が掛かる。
  
<スピッツァー宇宙望遠鏡>
  
  生命存在の可能性は、宇宙人が存在するまでに話が広がり知的生命体の議論
  盛んな様だ。これからも発見されるハビタブルな惑星に、大いなる期待をしたい。
  
    
  日本語情報 cnnhuffingtonpost  英語情報 space, telegraphdailymail
  当該論文(nature)link  スピッツァー宇宙望遠鏡のHP
    
  
  動画:ANN ニュース報道(1分強)YT
  
  動画:CBS ニュース報道 ミチオ・カク博士出演(3分弱)YT
  
  動画:NASA プロモーションCG(2分弱)YT
  
  動画:NASA 発表記者会見(38分)YT
 
  
  動画:スピッツァー宇宙望遠鏡の10年(2分半)YT
*** 2017.3.21 VOL.6-6 magmag melma ***
    
  related blog link1link2
  
  
  欧州旅客機メーカエアバス社米ボーイング社世界を二分する大企業だ。
  先日、空飛ぶクルマ構想を発表したばかりだが、また新しい発表があった。
  
<年内にもテストが始まると噂される Vahana >
  
  発表はジュネーブモーターショー自動車の新モデルが発表されるなど世界的な
  モーターショーだ。コンセプト名 Pop.UP自動車業界に新風が吹いている。
  
<ドローンモジュールとキャビン型自動車 モックUP>
<ドローンモジュール、キャビン、走行モジュールから成る>
  
  自動車としては、完全自動走行を実現し、スマホ一つで呼び出せる必要に応じ
  ドローンモジュールが飛んできて、自動車のキャビン部分を掴み飛んでいく
  
  ちょっとしたSF映像だが、これだけ空飛ぶクルマ構想があると、どこか新興国
  が導入しても不思議はないドバイでは消防用ジェットパックが導入される。
  
<ドバイで導入予定のジェットパック>
  
  一方、現実には航空技術の開発はもとより、人工知能AI全体システムとして
  の要素技術開発、又 航空管制に関する規制課題も多い。時間は掛かりそうだ。
  
  
  コンセプト思考が強いが、リアリティはある。SF映画などで描く事ができたら
  若い人がやってみたいと思うかもしれない。是非誰か、実現して欲しいものだ。
  
  
  日本語情報 techcrunchresponse  英語情報 theengineer, economictimes
  
  
  動画:プロモーションCG(2分)YT
  
  動画:プロモーションCGにエアバスインタビュー(3分弱)YT
  
  動画:DPCcars報道 モーターショーでの発表(7分半)YT
  
  動画:パートナーの Italdesign社 による発表の模様(16分強)YT
   
 
*** 2017.3.21 VOL.6-6 magmag melma ***
    
  related blog link1link2
  
  
  最近、を巡るプロジェクトの発表が著しい。スペースベンチャーから国レベル
  まで、多岐に渡るが、月軌道宇宙ステーションを造るニュースを紹介しよう。
  
  情報の元はビゲロー・エアロスペース社米国ホテル王ビゲロー氏が起こした
  宇宙ベンチャーだ。宇宙ホテル開業を目標に、技術開発を進める。
  
<ビゲロー氏のホテルチェーン Budget Suites>
  
  特徴的なのは、膨張式の居室設計宇宙まで運ぶ容積を小さくし、宇宙で膨張し、
  容積を拡大。コスト低減に大きく貢献できる。ISSへ実験用を提供、評価中だ。
  
<ISS上の実験用居室 BA330>
  
  着実な開発を進める一方、具体的計画も描き、進めている。その中の一つが
  纏わるプロジェクト月軌道上宇宙ステーション月面上の基地だ。
  
<月軌道へ投入される宇宙ステーションのイメージ図>
<こんな月面基地も計画>
  
  月軌道上宇宙ステーションは、トランプ政権の理解が得られ、予算が付けば
  2020年までには実現できると言う。つまり技術的には、ほぼ完成している。
  
  
  この宇宙ステーションは、火星を行き交う宇宙船の補給基地の期待が高い。
  その内、民間にも開放され 月面旅行の日もやってくるに違いない。注目したい。  
  
  英語情報 space1, space2, ftarstechnica
  
  
  動画:ビゲロー社 プロモーション(2014年 6分)YT
  
  動画:CNN報道 ビゲロー社 宇宙ホテル(4分半)YT
  
  動画:ESA 地球-月 中間宇宙ステーション計画(3分弱)YT
  
  動画:ディズニー フォン・ブラウン博士の月探査計画(1955年 10分強)YT
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]