忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
*** 2017.7.25 VOL.6-15 magmag melma ***
  
  
  天体観測でメタノールが発見されると、生命誕生や生命発見の期待が大きくなる。
  アミノ酸等の生物の材料にもなり、などの排泄物であったり、可能性は広がる
  
  地球外生命発見の期待高まる中、つい そんな風に考えがちだが、そんな思い込み
  があると、間違いや先走りになったりするので注意も必要だ。
  
  カッシーニが、土星の衛星 エンケラドスメタノールを発見した、というニュース
  があったが、そんなケースになってしまった。
  
<土星のE環の内側に位置する エンケラドス >
  
  その後の世界初となる地上からの観測・分析で、エンケラドスからの噴出物質が、
  化学反応を起こしメタノールを生成センシングされた という事が分りつつある。
  
<エンケラドス周辺のメタノール分布推定図 [中央部がエンケラドス]>
  
<地上観測に用いられた スペインIRAM 30m ミリ波望遠鏡>
  
  こういう研究が、より高い推定能力を持つことに繋がっていく。どうして、そんな
  データなのか より深い洞察が必要だ。一喜一憂する事無く、冷静に見ていきたい。
  
  
  日本語情報 astroarts1astroarts2
  英語情報 nam2017, sciencedailyastronomynow
  
  
  動画:NASA エンケラドスでの生命の可能性(2分強)YT
  
  動画:IRAM 30m ミリ波望遠鏡(6分弱)YT
  
  動画:土星系を進行するカッシーニ(4分弱)YT
 
PR
*** 2017.7.25 VOL.6-15 magmag melma ***  
  
  
  地上では何気なく口に運ぶパンカケラ宇宙でも食べたいと思うは、特に欧米人
  では強いだろう。ISSパンというと、防災用の缶詰イメージだが、実はNGだ。
  
  その理由は簡単だ。パンクズは、浮遊し 宙に漂うISS内の機器に入り込むと、
  故障や火災の原因となる。実際に1965年ジェミニ3号で事故が発生している。
  
<その時のパン 米国の博物館に保存される>
  
  それから50年禁止状態が続いており、代替としてクズがでないトルティーヤ
  使っている。唯一の例外2009年 若田宇宙飛行士の持ち込み事例がある様だ。
  
<トルティーヤを使ったチーズバーガー>
  
<宇宙用パン缶詰(日本製)若田宇宙飛行士がISSへ持参>
  
  そんな状態をブレークスルーするのが、独ベンチャーが進める Bake In Space だ。
  ISSパン焼いて食べるため、ISS制限下で使えるパン焼き器を開発中だ。
  
<開発中のマイクロオーブン>
  
  それは270W以下温度も45℃以下である必要がある。とてもパンを焼く条件
  ではないが、宇宙の特性、真空に近い条件下として、実現しようという訳だ。
  
  そしてパン生地も課題だ。現在の候補は、サワードウと呼ばれるものだ。パン酵母
  ではなく乳酸菌と酵母を用いて発酵する 伝統的なサワーブレッドだ。
  
<サワーブレッドの一例>
  
  
  2018年にはISSへ持ち込み、実験を行う予定。これからの惑星探査時代には
  重要な一歩となるだろう。どんなパンが焼き上がるのか 今から楽しみだ。
  
  
  日本語情報 engadgetgov-online  英語情報 space
  プロジェクト(Bake In Space)HP
  
  
  動画:New Scientist報道(1分弱)YT
  
  動画:abc報道(2分)YT
  
  動画:ISSでのサンドイッチ作り(2分強)YT
  
  動画:JAXAで販売中の宇宙パン(3分弱)YT
  
 
*** 2017.7.25 VOL.6-15 magmag melma ***
  
  
  画期的な宇宙推進装置として注目が集まる電気推進。その一角に、東北大の研究者
  が挑んでいる。無電極プラズマ推進 という分野だ。
  
<東北大学 教授 安藤 晃 准教授 高橋 和貴>
 
  
<電気推進装置を積んでいた はやぶさ >
<はやぶさ の電気推進[イオンエンジン]のイメージ図>
  
  無電極ができると、電極の寿命に左右されずプラズマ発生させる事ができ、非常に
  画期的な宇宙推進装置ができると期待されている。
  
<JAXA研究中の無電極プラズマ推進イメージ>
<同実験装置>
<東北大学での実験の一コマ>
  
  プラズマの荷電粒子は、磁力線廻りを巻き付いて運動する。それでは推進器の外に
  出ず、推力にならない。よって、プラズマを離脱・放出させる方法がカギとなる。
  
  東北大は、磁力線を上手く反発させプラズマ粒子押し出す方法を研究している。
  この度、その糸口が見つかり磁力線の伸長をさせる事が出来た、と発表した。
  
<赤の磁力線:後方伸長が見られるケース>
−この伸長した磁力線に沿ってプラズマが放出される−
  
   
  電気推進は効率が高くこれからの宇宙探査には 欠かせない。日本では、様々の
  大学・研究機関で研究されているが、製品化の取り組みを期待したい
  
<化学燃料推進と電気推進の効率差イメージ [名古屋大]>
  
  
  日本語情報 tohoku, tohoku pdf  英語情報 spacedaily, nextbigfuturedailymail
  当該論文(American Physical Society)linkpdf
  東北大学 安藤・高橋研究室HP
  
  
  動画:イオン推進装置の解説(3分半)YT
  
  動画:AerospaceCorp 電気推進装置の評価紹介(4分半)YT
  
  動画:プラズマ推進装置の開発紹介と宇宙旅行(50分弱)YT
  
  動画:核融合用のプラズマ発生装置CG(2分弱)YT
  
 
  
  英国民間航空局CAACivil Aviation Authority)には、年間数百件にも昇る
  民間機のパイロットによる空路等での異常に関する報告書が寄せられているという。
  
<CAAレポートの一例 1995.1 マンチェスター空港の事象>
  
  英国では、国防省が長らく未確認飛行物体の担当局を設置していたが、公的には、
  2009年に組織を廃止CAA最後の未確認飛行物体の情報機関となっている。
  
  この報告は、EU法に基づくもので、パイロット等の航空関係者に対し、日常運行
  において安全に問題が発生した場合その報告を義務付けるものだ。
   
  国防省の関連情報は、英国の情報公開法により、2011年及び2017年に公開
  したが、CAAでは、少なくとも2014年から公開を拒否しているという。
  
<国防省公開の資料の一部>
  
  その理由は、EU法に基づき 航空安全の改善・向上に寄与しない情報公開は、例え
  情報公開法の請求であっても応じない  としており、EU法その論拠だ。
  
  
  EU離脱を決めた英国は、後2年EU規制を受けなくなる。その後、この情報は
  どうなるかに焦点が当たっている。収集自体も廃止されるとすれば、残念な事だ。
  
   
  動画:英国 シェフィールド・ハラム大学 クラーク博士による国防省情報の解説
  
  動画:UFOリサーチャー ニック・ポープ氏による国防省情報の解説
  
  
  original ENG thesun, expressbbc
  国防省公開資料HP  クラーク博士HPブログ  ニック・ポープHP
*** 2017.7.11 VOL.6-14 magmag melma ***     
  
  
  火星調査が進むにつれ、人智を超えた情報が飛び込んでくる。やはり、宇宙は広い
  そんな感想が聞こえてきそうだ。
  
  話題になっているのは、火星上の大穴数百mとされるその大穴は、表面の二酸化
  炭素の氷が溶けているだけでなく、下の地面にえぐられたモノのようだ。
  
<話題の大穴 2017.3.25に撮影された>
  
<参考 2010年に撮影された 別の大穴 左直径310m 右180m>
  
  隕石衝突によるクレーター、或いは 何らかの理由地表が陥没、専門家には様々な
  意見が飛び交うが、このような氷床地帯直ぐに姿が変わり、特定は難しい
  
  火星南極での一コマだが、スイスチーズ地帯という名称を付けられる。大小様々な
  が見受けられるが、ほどんどが氷が溶けた跡のようだ。
    
  
  スキモノの中には、スターウォーズカークーンの大穴に準える輩もいる。想像は
  膨らむ一方だが、人類移住の後、スターウォーズのテーマパークにピッタリだ。
  
<カークーンの大穴 中に住むサーラックによる処刑場>
  
  
  日本語情報 tocana, natgeo  英語情報 sciencealertdailymail
  
  
  動画:Cosmos News 報道(3分弱)YT
  
  動画:Elysium山近くの別の大穴(1分)YT
   
  動画:スターウォーズ サーラックの一コマ(3分弱)YT
  
  動画:月にもある穴(4分半)YT
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 6
8 9 11 12 13 14
15 16 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]