忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
*** 2017.5.02 VOL.6-9 magmag melma ***
       
  
  宇宙へ飛び出るには、どの位の速度が必要か。実は、目的地でその速度が大きく
  変わる宇宙速度と呼ばれ、3つの種類がある。
  
   第1宇宙速度 地球を周回する軌道上が目的地(=地球脱出
   第2宇宙速度 地球を飛び出て月などが目的地
   第3宇宙速度 太陽系を飛び出て外宇宙が目的地
  
<円・楕円軌道が第1宇宙速度>
  
  現在のロケット技術では、この第1宇宙速度を達成し人口衛星打ち上げるため
  の 2万9千キロ/H に到達するには、2段ロケット方式が必要とされてきた。
   
  ここにルーマニアに設立起源を持つ、米国の宇宙ベンチャー ARCAスペース社
  が1段ロケット方式シングルステージ方式衛星打上げ企画を発表した。
  
  ロケット本体の軽量化と共に、新しい推進装置 リニア・エアロスパイク という
  従来より30%以上の高出力エンジンを開発する計画という。
  
<リニア・エアロスパイク側から見たロケット Haas 2CA >
<飛行時のイメージ図 水色に光るノズルが並ぶ>
  
  最大の特徴は、低高度から宇宙空間までを一つのエンジンで対応できる外気圧の
  制御適応性と言えるだろう。これまでは、2種類のエンジンが必要であった。
  
<これまでに開発されたリニア・エアロスパイク・エンジン事例>
  
  過去に開発された事はある様だが、実機採用された事はない。上下16列に配置
  され、各々燃料比率を調節する。従来必要だったノズルの首振り装置も不要だ。
  
<従来のノズル首振り装置 ジンバル
  
  2018年初打上げを目指し開発を進める。直径1.5m全長16mという
  小型だが、100kg衛星を軌道上へ打上げられる。
  
  コストは100万円前後/kgが目標。旧来の数百万前後に比べ、大幅に下がり
  低コストだが、スペースX社の目標 2-30万円 には、もう一歩努力が欲しい。
  
  
  このような製品が実現すれば、同市場を狙い、再起を図る日本の超小型ロケット
  にも大きな影響がある。シッカリと社会動向を捉えて開発を進めてもらいたい。
  
  
  日本語情報 businessnewsline  英語情報 universetodayquora
  宇宙速度について wiki
  ARCAスペース社について wiki  リニア・エアロスパイク・エンジン wiki
  
  
  動画:Haas 2CA プロモーション(2分弱)YT
  
  動画:リニア・スパイク・エンジン 開発の様子(1分半)YT
  
  動画:ARCAスペース社 他の開発ラインナップ紹介(5分半)YT
  

  
  動画:宇宙速度について(16分弱)YT
PR
  
  エドガー・ミッチェルゴードン・クーパードナルド・スレイトンブライアン・
  オレアリー。この4人は、宇宙人の存在を信じ公表した、有名な元宇宙飛行士だ。
  
<現役時代のエドガー・ミッチェル>
  
  まずはエドガー・ミッチェルアポロ14号で月面に降り立つ。このミッション
  の中で密かにESP超能力の実験を行ったと告白した。宇宙人については、
  
   ・NASA時代宇宙人やUFOの情報を見聞きしたが、隠している
   ・ロズウェルに墜落したUFOの残骸隠している
   ・冷戦中、核弾頭の発射何度も止めた事がある。
   ・バチカンは、人類に新しいエネルギー源情報を提供しようとする
    宇宙人に関する事隠している
  
  など、ディスクロージャープロジェクトインタビューなど、いろいろな場所で
  詳しく話している。
  
<晩年のエドガー・ミッチェル>
  
  そしてゴードン・クーパー最初の有人宇宙飛行に選ばれた7人の宇宙飛行士の
  1人だ。マーキュリー計画で、地球を22周した。1963年の事だ。
  
<現役時代のゴードン・クーパー>
  
   ・ドイツでの空軍任務の際、UFOに遭遇した
   ・NASAの基地宇宙人に遭遇した事がある 
  
  など 自身の経験を話した。エドガー・ミッチェルと同様、ディスクロージャー
  プロジェクトに登場する。
  
<晩年のゴードン・クーパー>
  
  
  後の2人も、宇宙人を信じる有名人物だが、実はもっと多くのNASAなど宇宙
  に関係した人達が同じような発言・告白をしている。早く真偽を知りたいものだ。
  
  
<動画:ディスクロージャープロジェクト>
  
<動画:エドガー・ミッチェル インタビュー>
  
<動画:ゴードン・クーパー インタビュー>
  
  
  original JPN indeep, ghostripon1ghostripon2
  original ENG dailymailcabinetmagazine
  ディスクロージャープロジェクト概要 pdf
 
  
  サイエンスの周辺知を探る、サイエンスライターのケイ・ミズモリ氏の最近刊著
  
   超不都合な科学的真実 
    ついに反重力の謎が解けた!  これが古代人が操る未知のテクノロジー
  
  を紹介したい。アマゾンの紹介文には、
  
   石が飛ぶ!? 人体が浮く!?
   ピラミッドの巨石は採石場からこうして空中輸送された! 
   チベットの僧は楽器の音と声で浮揚力を引き出していた! 
   これが世界初の「反重力解説書」だ! 
  
   エジプトのピラミッド、ストーンヘンジ巨石運搬のナゾ。
   現代の最新技術を駆使しても難しいと言われるそれらを古代人は、
   どうやって行ったのか?
   そこには反重力(空中浮揚)技術が大きく関わっていた! 
  
  世に言う都市伝説の類であるが、世界の情報を集め・分析したと有る。
  是非一度、書店で手に取ってご覧頂きたい。
  
  
  
  <動画:ケイ・ミズモリ氏が語る 古代人による巨石の空中浮揚>


  ケイ・ミズモリ氏 link12
*** 2017.4.18 VOL.6-8 magmag melma ***
  
  
  火星への探査衛星投入世界初を狙うJAXA発表があった。ローバー等が投入
  されているが、意外にも探査機投入は失敗が続き成し遂げれば世界初だ。
  
<1998年打上げの 日本の「のぞみ」 2003年に投入断念>
  
  このミッションでは、火星の衛星 フォボス 或いは ダイモス に着陸、数グラム
  のサンプルを持ち帰る サンプルリターン を実施する。
  
<フォボスとダイモス>
- 長径:フォボス 約27km ダイモス 約16km -
  
  仏 国立宇宙センター(CNES)と共同事業、センサー類等の提供を受ける見込みだ。
  小惑星 イトカワ からのサンプルリターンはやぶさ に続くプロジェクトだ。
  
<JAXAとCNESとの調印式の模様>
  
  2024年9月打上げ25年8月 火星到着、その後 3年掛けて衛星を観測
  着陸と離陸を繰り返し最終的にサンプル採取し、帰還は29年9月を予定する。
  
<火星探査衛星のイメージ図>
<探査ルートイメージ図>
  
  火星の衛星を調べることで、地球や火星に水が運ばれた仕組みを探り、引いては、
  地球の生命環境が如何に作られたかを探れる。また、衛星の起源にも近づける
  
  
  ロシアが先行する兆しもあるようだが、このサンプルリターンは、日本の十八番
  なんとしても計画通り成功させて欲しいものだ。期待して見守りたい。
  
    
  日本語情報 huffingtonpost, fnn-newsjaxa 仏語情報 danielmarinair-cosmos
  火星探査衛星 のぞみ について link
  JAXA 火星探査衛星(MMX:Martian Moons eXploration)HPPDF
   
   
  動画:火星探査機 のぞみ の全概要(3分)YT
  
  動画:フォボスとダイモスについて(アニメ: 2分弱)YT
  
  動画:キュリオシティが見上げるフォボス・ダイモス(30秒)YT
   
  動画:はやぶさ の軌跡(13分強)YT
*** 2017.4.18 VOL.6-8 magmag melma ***
  
    related blog
     
  
  ボーイング社を筆頭とするNASAパートナー6社は、これからの宇宙開発
  担っていく新しいコンセプトを発表した。
  
  その名も Deep Space Gateway と呼び、従来の国際宇宙ステーションから一歩先
  に進んだ印象だ。月より遠い、正に深宇宙への入り口として体制を整える基地だ。
  
  の近くの空間に位置し、火星月面などの更なる深宇宙に向けての経験を積み、
  結果として新しい技術の開発を促進していく基地になるのが、目指す姿だ。
  
<Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ1>
  
  電源供給機能も有し、他の宇宙船ともドッキング月探査へ準備する間乗員の
  滞在も可能だ。探査基地としても機能し、長期滞在時の放射線防護も十分にある。
  
<Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ2>
  
  ソーラー電気推進装置を有し、自船の位置制御する。ロボティックミッション
  展開にも活用され、更には、宇宙船のメンテ組み立て等にも使われる見込みだ。
  
  開発中の大型ロケットシステム SLS* で、4回ほど物資輸送すれば実現する。
  2020年初頭に完成を目指し開発が進んでいる。キャパシティは4名分だ。
   *;Space Launch System
  
<SLSのイメージ図>  
  
  
  更に将来には、火星近くへの配置も想定されており、先々の宇宙開発には大きな
  一歩となる計画だ。着実な進捗を期待したい。
  
  
  日本語情報 moonstationsorae  英語情報 inverse
  SLS プレゼン資料 pdf
  
  
  動画:Deep Space Gateway 連続静止画(5分半)YT
  
  動画:開発中NASA宇宙船オリオンの紹介(16分強)YT
  
  動画:NASA 月探査への回帰(13分強)YT
  
  動画:欧州 月面基地の研究(9分弱)YT
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]