忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
*** 2017.6.27 VOL.6-13 magmag melma ***
   
    
  2012年9月 大阪工業大学超小型衛星 プロイテレスは、インド宇宙研究機構
  のPSLVロケットにより打上げたが、残念ながら通信不具合で制御不能に陥った。
  
<プロイテレス>
  
  その反省を活かした プロイテレス2号機 を、来年度のJAXA相乗りでの打上げ
  を目指し、現在開発途上にある。田原教授が、全学横断で開発を取り纏める。
  
<田原教授>
  
<プロイテレス2号機 イメージ図>
  
  最大の目玉は、このクラスでは世界初動力飛行だ。通常は、成り行きの軌道投入
  となるところ、推進装置を有する事で、軌道高度を選んで投入できる。
  
  エンジンは、かの はやぶさ と同じ電気推進タイプパルスプラズマスラスター
  名付けらる。これまで噴出口2基だったところ、7基構成とし パワーアップした。
  
<試験中のパルスプラズマスラスター>
  
<7基構成となったパルスプラズマスラスター>
  
  推進材は、フッ素樹脂太陽光パネルで発電した電気で、気化・噴出させて推力
  得る。これまで、高度1km程度だった軌道修正能力が、100kmまで向上した。
  
<パルスプラズマスラスターのイメージ図>
  
  結果、30cmキューブから50cmキューブサイズUP質量も10kgから
  50kgへと大型化した。
  
  
  大学発の衛星開発では、通信や制御システム、軽量化素材など推進装置以外の技術
  開発が多い中、大阪工業大学では、このコア技術に取り組む。成果を期待したい。
  
    
  日本語情報 sorae, mainichi, newswitchjaxa  英語情報 eoportal
   
  
  電気推進ロケットエンジンとは(教授 田原 弘一)pdf
  プロイテレスの開発状況(2010年)pdf
  プロイテレス2号機搭載用パルスプラズマスラスタについて(2015年)pdf
  田原研究室HP
    
  
  動画:プロジェクト紹介 開発ドキュメント(2013年 2分弱)YT
  
  動画:超小型衛星プロイテレスの運用状況(2014年 20分)YT
  
  動画:NASAのイオン推進開発紹介(2分強)YT
  
  動画:はやぶさ2 イオンエンジンCG(33秒)YT
  
 
PR
  
  英国中央部ウエストミッドランド州地元警察では、なんと、未確認飛行物体の
  通報を、普通の犯罪記録と同じように集計UFO目撃 として整理している。
  

  
  HPによると市民の情報公開請求に基づき、公開しているようだ。2013年から
  2016年まで集計情報HPへ掲載している。
  
  地元スキモノサイトによると、英国中央部は、UFO目撃のホットスポットだが、
  この情報では記録は12件しかない。警察も通報があっても調査はしていない
   
<2016年 目撃されたUFO>
  
  
  実は幽霊目撃も記録がある。直近の記録では幽霊UFOゾンビバンパイヤ
  スピリチュアルなるキーワードの通報記録だ。さすが英国、と言わざる得ない。
  
  
    動画 2016年 目撃されたUFO事例1
  
    動画 2016年 目撃されたUFO事例2
  
    動画 2017年 目撃されたUFO事例
  
  
  original ENG latest-ufo-sightings
   
  西ミッドランド警察の当該HP 
  公開されているUFO目撃通報記録(2014-2016)pdf (2009-2013)pdf
  公開されている幽霊目撃通報記録(2013.7-2016.7)pdf
*** 2017.6.13 VOL.6-12 magmag melma ***
   
  
  近接映像とは、かくも違うものか。世界の研究者が驚いた 木星観測衛星 ジュノー
  の観測映像。そこには、これまで見えなかった世界が展開されていた。
  
  例えば南極、そもそも地球からは見えないこんなに渦が多く発生しているとは、
  誰も想像していなかった。大赤斑のような大きな渦の中にも多数の渦が見られる。
  
<木星南極  5.2万km地点:最大直径1千kmものサイクロンが写る>
<木星北極 19.5万km地点:南北で随分とイメージが異なる>
<大赤斑 中には小さな渦が無数に見られる>
− 参考:ボイジャー1号の大赤斑 撮影映像 −
  
  そして新たな謎も生まれた。これらの渦、簡単に言えば台風 又は サイクロンは、
  安定しているか直ぐ消えるか、また 何故 南極・北極で見た目が違うのか 等だ。
  
  マイクロ波計測では、雲の層構造を観測赤道付近では、下方まで到達しているが、
  他の緯度・縞では、違う構造に進化していると事も分かってきた。
  
<あきらかになった木星の構造図>
<雲の層断面 赤道部とそれ以外に違いが>
  
  また、磁気観測でも新しい事実が出て来ている。木星磁場は、太陽系で最大である
  事は知られるが、その想定よりも大きく均一ではなく強弱がある結果だった。
  
  
  地球と比べ直径11倍質量317倍太陽系で最大惑星の木星。そのイメージは、
  根底から覆りあらたな研究対象となった。やはり、宇宙探査は重要なテーマだ。
  
  
  日本語情報 astroarts, nikkeibpcnn  英語情報 spacedailyamericaspace
  
  動画:NASA講演 木星観測衛星 ジュノー の成果(1時間8分)YT
  
  動画:ジュノーによる木星近接の連続映像(2分弱)YT
  
  動画:ジュノーによる木星赤外線探査(1分半)YT
  
  
*** 2017.6.13 VOL.6-12 magmag melma ***    
  
   related blog link
 
  小惑星衝突の危機に向けて、欧州リードプロジェクトを進めている。まだ、緒に
  ついた印象だが、アイデアだけの世界からリアルな防御技術へ向けた一歩だろう。
 
  当然思い付くのは破壊やコース変更だが、まだその規模の算出ができない。つまり、
  どの程度のエネルギーをぶつければ、どんな結果になるかが予測できないのだ。
 
  結果として派手な技術となるだろうが、それまでには地道な研究が必要だ。例えば、
  まず小さなモノをぶつけて、その影響を計測する、そんな過程が必要だ。
 
  この5月、日本で開催されたプラネタリー・ディフェンス・カンファレンスという
  専門家会議で、NEOTωist小惑星回転プロジェクトなる発表があった。
 
 
  この計画は、その名の通り、小惑星インパクトを与えて回転させて、その影響を
  測定しようというアイデアだ。
 
<NEOTωistイメージ図>
 
  同じ質量のインパクトでも、回転だと、質量中心からできるだけ外側に当てる事で
  大きな回転モーメントを与えられる。実は、この回転の方が測定しやすいのだ。
 
  測定手法に起因する。距離が離れると、前後や上下などの小さな距離変位の測定は
  難しいが、回転による反射光の変化、光の変化の方が測定し易いという訳だ。
 
<インパクトにより小惑星の輝度周期が変化する>
 
<NEOTωistに関連する実衛星の配置>  
  
  日頃のニュースよりも小粒な印象だが、技術開発は地道さが大切。小さな人工衛星
  でも充分対応できる、こういうところにこそ、日本も技術で貢献したいものだ。  
 
 
  日本語情報 tocana  英語情報 neoshield, theengineerspacedaily
  
  当該論文(arxiv) pdf  論文 隕石落下のリスク評価(2014年) pdf
  解説 天体の地球衝突問題とその対応(2017年) pdf
  プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス関連講演会のポスター pdf
  
  
  動画:A Relatively Inexpensive Kinetic Impactor Demonstration Mission
     Concept(スタート 2h22m53s)専門家会議より YT
 
  動画:Design Study of a Kinetic Impactor Demonstration Mission Featuring
     NEO Spin Change and Observer Sub-Spacecraft(スタート 2h37m36s)YT
 
  動画:小惑星調査 Asteroid Impact Mission のイメージCG(6分半)YT
 
  動画:NASA 恐竜絶滅時の小惑星衝突の再現実験(4分弱)YT
 
*** 2017.6.13 VOL.6-12 magmag melma ***
   
   
  米国では軍事用の宇宙開発も行われ、余り表に出てこないが密かに実験されている。
  最近、X37Bと呼ばれる無人シャトルが、2年の軌道実験を終え帰還している。
  
<X37B>
  
  このX37Bでは、主なる用途を宇宙での実験としていたが、軍事衛星の打上げ
  狙って、新しいプログラムが発表された。実験用スペースプレーン XS−1 だ。  
  
<XS−1 Phantom Express >
  
  構想そのものは、2013年頃より出ているが、この度 その共同開発先が決まり、
  航空宇宙の雄 ボーイング社 がそれを勝ち取った。
  
  その役割は、マッハ10超の速度10日間の飛行が可能とする無人シャトルで、
  1.3トン程人工衛星を、1回当たり5億円以下低コスト軌道投入する。
  
  ロケットでもなく飛行機でもないハイブリット機という。本体シャトルは、宇宙圏
  の入り口まで弾道飛行し、背負ったブースターが衛星を軌道へ投入する。
  
  本体シャトルは、その後 大気圏に再突入し、地上の滑走路へ戻ってくる。そして、
  直ぐに次の衛星投入の準備に掛かり、数時間で離陸していく。
  
  なんとロケットエンジンは、スペースシャトルメインエンジンだったAR−22
  の改良版という。スペースシャトルでの実績を重視し、選定されたとの事だ。
  
<AR−22>
  
  完成すれば軍事用途だけでなく民間でも大いに期待できる。飛行速度マッハ10
  というが実現すれば、旅客用途なら東京−NYを1時間ほどで飛行できる。
  
<民間で開発が進むマッハ10旅客機 Skreemr >
  
  
  宇宙へ行くには、やはりビジネスと繋げる事が重要だ。軍事技術ではあるが、発展
  の可能性がある基礎部分は、米国の航空産業もボトムアップし、ビジネスへ繋がる。
  
  
  日本語情報 mynaviengadget
  英語情報 darpa, space, parabolicarc 1, 2, spacerefmag2
  
  
  動画:DARPA プロモーションCG(1分弱)YT
  
  動画:X37B(2分半)YT
  
  動画:NASA スペースシャトルのエンジン紹介(8分)YT
  
  動画:GeoBeats報道 Skreemr (1分)YT
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]