忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
  meida:米国CBS link;May 28, '17 
  
  
  ホテル王ビゲロー氏が率いる、スペースベンチャー ビゲロー・エアロスペース社
  宇宙ホテルを実現すべく、関連技術の開発に力を入れる。
   related blog link
  
  そのビゲロー氏は、実は宇宙人実在を強く信じるエイリアンフリークだったと言う
  報道がなされている。自らも積極的に発言している。
  
<ロバート・ビゲロー氏>
<ビゲロー社 本社屋にあるシンボルマークにはエイリアンが>
  
  祖父母のUFO体験に加え、自身のUFO遭遇にも話が及び、地球外知的生命体
  強く信じているようだ。
  
  しかも、このような宇宙人は既に地球におり、会えるとまで言及した。番組では、
  エイリアン研究に私財を注ぎ込んでいる事もコメントした。
  
  事実 National Institute for Discovery Science という機関を設立1995年
  から2004年まで活動していた。対象は、各種の異常現象であったとされる。
  
  
  番組は、同社開発の宇宙技術に関する報道がメインであったが、話が少しそれての
  サプライズだった。できれば、もっと積極的な情報提供を期待したいものだ。
  
  
<番組の内容を伝えるスキモノ動画>
  
<ビゲロー氏が語るUFO・宇宙開発>
- part1 -
- part2 -
- part3 -
- part4 -

  
<退役大佐が語る NIDSciも調査していたスキンウォーカー事件>
  
  
  original JPN tocana  original ENG openminddailymail
  NIDSciについて wikiufoevidence
PR
*** 2017.5.30 VOL.6-11 magmag melma ***
  
  テラフォーミングという言葉、聞かれた事もあるだろう。SFアイデアがスタート
  だが、1960年頃より専門家も研究している惑星環境の地球化の事だ。
  
  最近話題の火星は、その筆頭。これまでも多くの映画等で取り上げられているが、
  化学的な方法で、大気環境を地球環境へ改造するものが殆どだった。
  
  一方、もっとドラスティックなアイデアが示されている。火星を動かし地球軌道
  へ移す事で、地球同等の太陽光を得る事で環境改造を促進するアイデアだ。
  
<地球軌道上に火星を移す 熱くもなく寒くもなく>
−地球軌道上=太陽系ハビタブルゾーン−
  
  どのように という疑問が起きるが、その方法があるという。巨大人工衛星を使い、
  重力牽引するというのだ。超遠大な方法ではあるが、理論的には可能と言う。
  
<重力牽引アイデア>
  
  只、仮に成功したとしても太陽系のバランスを崩す事にもなりかねず、他の惑星
  が弾き出されるなどのリスクがあり、非常に危険な方法でもある。
  
  軌道変更もなく、化学的な方法でもない、より良いアイデアも出てきた。そもそも
  火星に大気がないのは太陽風により吹き飛ばされたから。それを防ぐアイデアだ。
  
<太陽風により火星大気が吹き飛ばされる様子>
  
  太陽風を防ぐと言えば、地球磁場により作られるバンアレン帯だ。同じモノを火星
  にも作りだせば良い。それを特殊宇宙船を配置して、人工磁場を創り出そうという。
  
<磁場発生宇宙船による火星保護帯の形成:左 火星 右L1=宇宙船>
  
  これにより、火星大気が戻り気温上昇暖かくなって極部の二酸化炭素の氷を
  溶かし温室効果が働いて人が棲み易い環境に近づく訳だ。
  
  
  どちらにしても、実行は孫子の代まで持ち越される事だろう。人類が今すべきは、
  テラフォームの技術が必要ない地球を実現すべく、立ち上がる事が重要だろう。
  
  
  日本語情報 gigazine1, gigazine2newsweekjapan  英語情報 sciencealert
  軌道移動関係論文[arXiv] link  人工磁場関係資料 pdf
  
  
  動画:重力牽引プロモーションCG(2分弱)YT
  
  動画:太陽風が火星大気を吹き飛ばすCG(1分強)YT
  
  動画:地球の磁場について(1分半) link
   解説は火星軌道移動案を提唱したタイソン博士
  
  動画:映画トータルリコールより火星テラフォーミング(1分半)YT
 
*** 2017.5.30 VOL.6-11 magmag melma ***
  
   related blog link
 
  
  月面探査を目指すローバーの開発、グーグルXプライズ月面探査プロジェクト
  影響もあり、各国で盛んに進められている。
  
  その中の一つ 宇宙ベンチャーの米アストロボティク・テクノロジー社は、NASA
  から 2kgという超小型の月面探索車 CubeRover の開発を受託した。
  
<開発中の月面着陸機 右 Griffin と ローバー 左 Andy>
  
  パートナーのカーネギーメロン大学は、2015年に、30cm立方サイズ質量
  10kgというCubeRoverを開発しており、それがベースとなる。
  
<カーネギーメロン大学の CubeRover Tetramorph:左 折畳時 右 活動時>
  
  小型化により、惑星衛星表面汲まなく調査したり、詳細に事象にあたれる事で、
  これまでよりも密度の濃い情報を期待できる。
  
  更には低コスト化により 超小型衛星 CubeSat宇宙開発のハードルを下げた様に、
  宇宙開発の裾野を広げる可能性がある。惑星探査ゲームチェンジャーを狙う訳だ。
  
  
  同じく日本のチームHAKUTOもチャレンジを続ける。ファイナリスト5チーム
  の一つに選ばれ、12月末打上げ予定だ。宇宙開発の広がりは、ここにもある。
  
<HAKUTOのローバー Xプライズ参戦 最終モデル SORATO
  
  
  日本語情報 mynavi  英語情報 eu, parabolicarccs.cmu
  アストロボティク社 HP  チームHAKUTO HP
  
  
  動画:探査船 月着陸までのイメージCG(1分強)YT
  
  動画:CNETニュース Xプライズに向けての開発状況(4分)YT
  
  動画:Tetramorph展開状況(14S)YT
  
  動画:Tetramorph移動状況(1分強)YT
  
  動画:HAKUTOのローバー(3分)YT
 
*** 2017.5.30 VOL.6-11 magmag melma ***
  
  マイクロロケットともミニロケットとも呼ばれる、超小型衛星打上げロケットの
  開発ヒートアップスペースベンチャーが参入している。
  
  ベクター・スペース社開発中のベクターRは、全長13m直径1.1m程で
  数10kg、更に150kg程度衛星軌道へ打ち込むベクターHも開発中だ。
  
  エンジン部品3Dプリンター製造部品を使い、タンクカーボンコンポジット
  利用する等、意欲的な取組みをしている。
  
<ベクター・スペース社の技術試験機 P-19H>
<ベクターR構成 エンジン燃料噴射装置・燃料タンク等がコンポジット>
  
  そして、スペースフライト社が進めるエレクトロン。こちらは全長17m直径
  1.2mという同サイズ。ペイロード150kgという完全な競合だ。  
  
<スペースフライト社の発射準備中のエレクトロン>
<複数のチタン合金3Dプリント部品を用いたエンジン>
  
  これまで、ニュージーランドロケットラボ社が開発してきたが、最近、スペース
  フライト社に買収された。同じくカーボンコンポジット部品採用取組みは最新だ。
  
  これらのロケットはシェアライド方式、即ち 150kgのペイロードに、幾つかの
  超小型衛星が相乗りする。1個10kgとすれば、15個一緒に打上げとなる。
  
  日本では、ホリエモンこと堀江貴文氏が設立したインターステラ・テクノロジー社
  が高度100km以上の宇宙空間へ、試験機器を打上げるロケット開発中だ。
   related blog link
  
<宇宙到達に必要な エンジン120秒燃焼実験に成功>
  
  超小型衛星を軌道に乗せるまではいかないが、弾道弾飛行宇宙空間に達し、試験
  機器実験機器宇宙空間に到達させ、パラシュートで回収する。
  
  こちらはやや小ぶり、全長9.9mペイロード20kg程度となっており、弾道弾
  飛行による微小重力状態も、260秒ほど継続でき、一つの売りだ。
  
<インターステラ・テクノロジー社のロケット MOMOの弾道弾軌跡>
<MOMO>
  
  この後、超小型衛星軌道投入できるロケット開発も計画にある。手初めてとして
  確実なところから参入を狙っている。
  
  
  まだまだ多くのスペースベンチャーが凌ぎを削る超小型衛星を取り巻く世界。勝ち
  残りには、更なる技術が必要だ。日本も、せめてバックアップできる施策が欲しい。
  
  
  日本語情報 mynavi, infoseek, idartshokkaido-np
  英語情報 space1, space2floridatoday
  ベクター・スペース社HP  スペースフライト社HP
  ロケットラボ社HP  インターテスラ・テクノロジー社HP
  
  
  動画:米TV報道 ベクター・スペース社工場(2分半)YT
  
  動画:ロケットラボ社 プロモーション(1分半)YT
  
  動画:ロケットラボ社 エレクトロン発射準備状況(2分)YT
  
  動画:ロケットラボ社 ラザフォードエンジン試験状況(3分強)YT
  
  動画:インラーステラ社 エンジン噴射試験(3分)YT
 
  
  アルゼンチンでは、CEFORA(Argentinean Republic Committee for UFO Phenomena
  Studies)なる組織を、2010年に立ち上げ、UFO機密文書の公開に力を入れる
  
  そのCEFORAから、新しい発表があった。アルゼンチン海軍UFO目撃情報
  を公開したのだ。それは、1962年に遡る 少々古いモノではあるが。
  
<報告書の表紙>
  
  それは、アルゼンチン大西洋を望む港町ネコチェア市郊外で、夜に農場から帰る
  トラック運転手の身に起きた。
  
<アルゼンチン中央部 ブエノスアイレス州の町 ネコチェア>
  
  比較的低速度で走るトラックに、隣に並走する形で、人工物体が付いてきたという。
  高さ2m距離3mの位置を、直径5mの物体だったとされる。実に具体的だ。
  
<目撃スケッチ>
     
  
  ヘッドライトのような赤と青のライトを出し、200mほど並走した後、トラック
  を追い越したが、高さ1mのところで停止した後、飛び去ったという。
  
  その後、新聞でニュースとなり、海軍が調査を実施し、その結果を纏めていた機密
  文書が公開されたという訳だ。非常に詳細で、何かあったと感じさせる。
  
  この時期も含め、ネコチェア市や近郊では、このような未確認飛行物体の目撃例が
  多かった様だ。海軍が調査したのは、こういう背景もあっただろう。
  
  
  尚、アルゼンチン空軍下にあったCEFAE(Commission for the Study of Aero
  -space Phenomena)なるUFO調査機関があったが、2016年に閉鎖された様だ。
   related blog 
    
  政権交代と共に、ペットプログラムとして解散させられている。アルゼンチンでは
  目撃情報も多く残念な限りだ。
  
  
<動画:特別番組 アルゼンチン ラパンパ州でのUFO>
  
<動画:特別番組 アルゼンチン サルタ州でのUFO>
  
  
  CEFORAの報告書HP
  original SPN inexplicata, arcanamundiblogvisionovni
  original JPN sign
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]