忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
    
  地球外知的生命体を探査するSETI*プロジェクト。宇宙に、文明が存在すれば
  地球との交信能力があるはず、として 宇宙からの電波を観測し生命体を探査する。
   *; Search for Extra-Terrestrial Intelligence
     
  
  1960年、米国にて初めて、宇宙からの電波を観測したオズマ計画に端を発する
  世界的なプロジェクトだが、電波望遠鏡をその武器とする。
  
- オズマ計画で用いられた米国立電波天文台の口径26mの電波望遠鏡 -
  
  実際には、ターゲットと決めて電波望遠鏡で観測するが、大前提として、発信源は
  そこに固定的に存在し、継続的に発信している事、また電波である事が必要である。
  
  それでは、移動体短い発信レーザー交信は捉えられない。研究者は、これらの
  可能性を掴めない状態を問題視新しい技術アイデアが提案されている。
  
  ミリ秒単位レーザーフラッシュのような信号をも捉える、広視野な高性能カメラ
  を用いて観測、幾つかの特殊処理をして、地球外生命体の信号を見つけ出す。
  
- レーザーSETIプロジェクトイメージCG -
  
  レーザーSETIと名付けられたプロジェクトは、クラウドファンドで資金を募集
  している。目標額は1千万円強であるが、まだ6割程度しか達成できていない。
  
- 開発中高性能カメラ と 4基配置された観測装置イメージ -
 
  
  
  最終的には24時間体制で観測できるよう、世界での観測網の構築を狙う。地球外
  生命体の存在に異を唱える人はもういないだろうが、知的となるとそうでもない。
  
  こういうボランタリー活動でしか継続的な観測ができないという状況を、少しでも
  改善するためにも、よい観測データが得られるよう願いたい
  
  
<動画:Laser SETI プロモーション>
  
<動画:SETI 討論会 2016年 1H>
  
  
  original JPN tocana  original ENG dailymail
  SETI・オズマ計画について wiki1wiki2
  プロジェクト(indiegogo)HP  SETIのプロジェクトHP, 観測サイトHP
  
PR
*** 2017.8.8 VOL.6-16 magmag melma ***
  
  
  太陽系惑星や衛星には、水資源眠っている探査衛星などから、新しい事実
  次々と発見されているが、身近な衛星 もそうだった というのだ。
  
  見かけでは太陽と同じ大きさで、最も観測しやすい天体だが、望遠鏡を通した観測
  では、荒涼な砂漠に岩山が目立ち、永久影に 少しとして留まる程度とされていた。
  
  その後、 月の南極クレーター衛星を衝突させた実験や、採取された岩石の詳細分析
  などで、水の痕跡の発見が続き、予想以上に水が豊富という分析がされていた。
  
<アポロ11号採取の岩石:国立科学博物館展示分>
  
  そして最近の研究で、更に多くの水を保持していると分かってきた。それは、火山
  噴火で作られたガラス粒子の内部に、を閉じ込める形結晶化しているという。
  
  このガラス粒子の存在自体は、以前より発見されていたが、その分布が予想以上
  広がっている事が分かってきたのだ。
  
<ガラス粒子 直径0.1−0.2mmという微小サイズ>
  
<ガラス粒子の分布分析 豊富な部分−赤・黄色>
  
   
  水資源は、人類のこれからの宇宙探査のキーとなる。宇宙で水が得られれば
  地球より運び出す必要がないからだ。生命の基は、見かけだけでは分からない
  
  
  日本語情報 cnnnikkeibp
   
  
  動画:United News International 報道(1分)YT
  
  動画:月面採取の岩石より水の痕跡を発見(2010年 2分弱)YT
  
  動画:月面の水資源について(2013年 2分弱)YT
  
  動画:NASA 月面 水資源探査ロボット開発(2分弱)YT
  
 
*** 2017.8.8 VOL.6-16 magmag melma ***
      
    related blog link
  
  宇宙探査に於いて 重要システムとは何か、ロケット探査ロボットか。なかなか
  表舞台に出てこないが、人間が住居する環境を創り維持するシステムだろう。
  
  即ち、これ無くては生きていけない ECLSS*(環境制御生命維持システム)だ。
  様々な計画が報道される中、このECLSS着実に進歩しているようだ。
   *;Environmental Control and Life Support Systems
  
  まずは民間用。先頭を走る SpcaeX Doragon用は、既に評価を開始。
  通常は、建造途中に確認・評価するが、今回は モジュールを製作して評価する。
  
<Doragon ECLSS用モジュール 全体 内側>
 
  
  例えば 密閉された室内に、酸素と窒素の人口空気を供給しながら 4時間長時間
  評価を行っている。勿論その間、技術者はモジュールの中だ。
  
  更に、新たなシステム開発も行われようとしている。それは、民間と共同開発中
  月軌道船火星などの深宇宙 ディープスペース宇宙船居室用 ECLSS だ。
  
<新しいディープスペース探査用宇宙船のカットイメージ図>
  
  これまでに構造等の基本設計が完了した。次は、フルスケール居室モジュール
  製作する。その際、ECLSSも含め 全ての装置開発・製作・ビルトインする計画だ。
  
<ISS ECLSSの一部 :水再生システム>
−尿の蒸留水、湿気の除湿回収水、使用済み水 を ろ過・浄化処理−
  
  
  人間は真空では生きていけない。新しい宇宙時代には、この宇宙空間で可能な限り
  軽装で活動できるよう、技術が進化・開発されるだろう。その一歩が始まっている。
  
  
  日本語情報 sorae, businessnewslinejaxa
  こうのとり後継機 HTV−Xの開発状況 pdf
  
  
  動画:Doragonの内部プロモーションCG(1分)YT
  
  動画:軌道上のDoragon プロモーションCG(1分弱)YT
  
  動画:NASA ISS内のECLSS紹介(4分弱)YT
  
  動画:NASA NextSTEP ディープスペース宇宙船 プロモーション(1分強)YT
 
*** 2017.8.8 VOL.6-16 magmag melma ***
  
  Google Lunar X Prize月面着陸・探査一番乗りを目指していた Astrobotic 社は、
  期限切れでレース参加を諦めたが、2年後 2019年の発射を決め 発表した。
  
<Astrobotic社の月面着陸船 Peregrine 月面到着イメージ図>
  
  全高1.5m全巾 直径2.5m というサイズ。ペイロードは、現状では35kg
  となっているが、徐々に上げて175kgまでを最終目標としている。
  
  推進・着陸用ロケットは、Aerojet Rocketdyne 社の次世代型 ISE-1005基 搭載
  月面着陸の他 軌道修正や軌道離脱、ブレーキ等 航行中フル活動する。
  
  打上げロケットは、United Launch Alliance (ULA) 社の Atlas Vロシア開発
  エンジンを積むが、打上げ成功率は非常に高く、信頼性のあるロケットとされる。
  
<Atlas V 400シリーズ>
  
  打上げは、単独での発射ではなく、相乗りとなる予定だが、実は、この月面着陸船
  Peregrine利用料金は、打上げロケット分も含め、既に決まっている。
  
  月面上への輸送は、kg当たり 1億3-4千万円ローバーを使って配達すると、
  倍近く、2億2-3千万円程となる。
  
<Peregrine 詳細イメージ図 横張平面板の下にローバー搭載>
  
  現時点では、月面着陸・月面探査民間1号機は、このAstrobotic社の計画となる。
  ロケット打上げビジネスについで、月面探査が民間サービスとなるのだ。
  
  
  時間が掛かるが、着実に価格も下がる。そうなると、個人目的でも月面探査の実行
  が可能だ。月面の秘密を明かしたい、スキモノ団体も名乗りを上げるかもしれない。
  
  
  日本語情報 businessnewslineengadget  英語情報 space
  Astrobotic社 HP  Peregrine 利用ガイド(スペック表)link
  ISE-100 開発論文 pdf
  
  
  動画:Peregrine プロモーションCG(1分半)YT
  
  動画:Astrobotic社 X Prize 参加時のプログラム紹介(8分)YT
  
  動画:Astrobotic社の自動着陸装置の評価風景(1分)YT
  
  動画:Astrobotic社 着陸船 Griffin の組立風景(7分半)YT
 
   related blog link
  
  スティーブン・グリア博士医師と言う社会的にも高い地位にありながらも、
  未確認飛行物体政府情報を公開を迫る、この世界では言わば英雄だ。
  
<スティーブン・グリア博士>
  
  2001年、それまでに政府の要職に就いていた、既に引退した重要人物を集め、
  ワシントンにて 一大記者会見を開催、有名なディスクロージャー・プロジェクトだ。
  
  そんな博士に関しては、数多くの動画がUPされているが、話題になっているモノ
  がある。「宇宙人は、どのようにUFOを造り、飛ばすのか」という動画だ。
  
-話題の動画-
  
  こういう分野で、必ず出てくる話題は、米ロッキード社 スカンクワークス という
  特別チームが関わっていたというものだ。話題の動画でも語られている。
  
  ステルス戦闘機F-117を開発した先端航空機の開発チームだが、このヘッドを
  していたベンリッチ氏有力証言も残るとされる。
  
<ベンリッチ氏とF117>
  
-動画:ベンリッチ氏インタビュー(F-117関連)-
  
  その中には、UFOには、地球製のモノ宇宙人が造ったモノがある、ロズウェル
  回収の宇宙船から得た発想で、先端航空機を開発した 等 興味深い情報が挙がる。
  
<地球製UFOの代表例とされるTR-3B>
    
  果たしてこういう話が実話なのか、分からない状況が続くがディスクロージャー
  プロジェクトは、国家レベルの情報開示を迫っている。
    
-動画:元ロッキード社科学者 ボイド・ブッシュマン氏インタビュー
  
  
  何が隠されているのか、その片鱗が白日の元に晒される時は宇宙船技術に繋がる
  コアな情報が出てくる事を願いたい。更なる人類の進歩のために。
  
  
  original JPN tocana, geocitieskeen-area
  original ENG disclosureprojectufo-blogger
  Disclosure Project Briefing Document (暫定日本語訳 2017年版)pdf
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 6
8 9 11 12 13 14
15 16 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]