忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2018/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*** 2015.12.15 VOL.4-25 magmag melma ***
  
  related blog link
  
  この夏の噂が実現した。ジェットパック20機ドバイに売れたのだ。現場の
  高層階まで飛び 状況を把握必要な指示を出す。超高層ビル火災への備えだ。
  
<ドバイの消防士が乗り込む>
  
  ドバイには、超高層ビル(日本では60m以上)が1000棟弱存在する。世界一
  高いビル高さ828mを誇るブルジュ・ハリファ も、ここドバイにある。
  
<ブルジュ・ハリファ>
  
  200馬力 2サイクルV4エンジンは、最高速度74km/hを引き出す。高度
  1000mにも達し、飛行時間30分、超高層ビルの監視目的にはもってこいだ。  
  
  ドバイ仕様では、サーマルカメラも搭載、消防監視機能を強化する。更に救助用
  として、数機のジェットパック無人で隊列飛行させる事も検討している。
  
  
  実用化により、将来の可能性は一層広がる。エンジンメーカと共同開発も進めて
  おり、パワーUPも図る。更なる高性能化で、個人用としても、と夢が広がる。
  
  
  日本語情報 wiredengadget 英語情報 bbctheverge ドバイニュース
  開発会社(Martin JETPACK)HP
  
  動画:ニュース報道(1分半)YT
  
  動画:ジェットパック プロモーション(5分半)YT


  動画:ジェットパックのシミュレータ(5分強)YT
  
  動画:同名異物 ジェットパックinドバイ(5分弱)YT
PR
*** 2015.10.06 VOL.4-20 magmag melma ***
  
  これがホバーボード? という印象のトランスポートガジェット。ボードという
  名称に引きずられている様な気もするが、立ち乗りで移動できる装置という事か。
  
  8つのプロペラが付いたボードで体重を支える。約5mの高度を飛行、276m
  を記録した。これまでのギネス記録は50mと言うから、まだこれからの世界だ。
  
<開発者グル氏が抱えるボード本体>
  
  開発者はルーマニア人アレクサンドル・グル氏5年を掛け設計・開発したプロト
  タイプが大成功した、という状況だ。
  
<実際の飛行状態>
  
  セグウェーと同じく体重移動によって操縦するという。難しい制御装置を不要と
  したところは、飛行体としては画期的なポイントだ。
  
  これからのカギは軽量化と浮力の効率化だろう。動画でも、パワー切れでの着水
  という印象だ。パワー密度の高い電池推進効率の高いプロペラ開発が望まれる。    
  
<これがクローズUP>
  
  
  これから、商用化を狙って量産を目指した試作機の開発に入るという。276m
  じゃあ話にならず、せめて数10km位は問題ないようにしてもらいたい。
  
  
  日本語情報 guinness 英語情報 guinness, cbcthecreatorsproject
  
  
  動画:ニュース報道(2分強)YT
  
  動画:ギネス記録映像(1分半)YT
  
  動画:テスト飛行の模様(1分)YT
  
  動画:1955年 フライングプラットフォーム(1分)YT
  
  動画:e-volo世界初の電動マルチコプター(4分弱)YT
  
  
  
  世界のトヨタ、正確には北米トヨタであるが、空飛ぶクルマの特許が成立した。
  いよいよ、空飛ぶクルマにも大手が参入するのだろうか。
  
<成立特許の説明図の一つ>
  
  その名をエアロカーと称し『道路の上を走り、かつ飛行機のように離陸・飛行・
  着陸できる自動車』と定義している。
  
  一方、そのアイデアは今一歩イメージ。クルマのルーフ部分に、4枚の複葉構造
  が折り畳まれ、スイッチ一つで上方向にせり上がる。
  
  この構造を『スタックウィング』と呼び、特許名になっている。かなりシッカリ
  しておかないと、風圧で折られてしまう印象もある。
  
<小馬鹿にしたブログより>
    
  日本のトヨタでも動きはある。どうもアフター5の活動の様だが、有志が集まり
  4つのダクトファン空飛ぶクルマ SkyDrive に挑戦している。
   ASTRO-blog link 以前のUP情報
      
<SkyDriveイメージ図>
  
  
  一昔前、空飛ぶクルマと言えば、頭から貶される時代もあった。技術が進歩し、
  米国ではベンチャー続出、既に珍しくはないが、早く日本製が出てきて欲しい。
  
  
  日本語情報 irorioyurukuyaru 英語情報 china.orgautonews
  当該特許 US2015/0246720 A1 pdf
  SkyDrive開発集団(Cartivator)HP
*** 2015.07.14 VOL.4-14 magmag melma*** 
  
  
  バック・トゥ・ザ・フィーチャースターウォーズでイメージされた空飛ぶクルマ
  のような、パーソナルな飛ぶ乗り物が、実現のものとなりつつある。
  
  なんとニュージーランドの航空ベンチャー マーティン・エアクラフト社背負式
  というには少々大きいが、垂直離着陸できる1人立乗りの小型飛行体を開発中だ。
  
<試験飛行の様子>
  
  ファン2基を搭載した、高さ2.2m幅2.2m前後1.8mというサイズは、
  通常の飛行機やヘリ等に比べると、超小型、と言っても良いサイズだ。
  
  高度1000mまで上昇可能最高速119km/hと性能はピカイチだ。操縦は、
  殆ど自動、パイロットは、移動方向をジョイステッィクで示すだけだ。
  
  それに目を付けたのが、中国有人型50機無人型25機の導入に向けて中国
  企業と契約が交わされた。加えてチェコインド等の企業からも誘いが掛かる。
  
  着想から35年もの開発期間を経て、2016年の後半には販売予定となるが、
  価格は1800万円程度と、それほどは高くない。その名は、ジェット・パック
  
  
  そしてもう1社、流行のドローンのメーカ英国マロイ・エアロノーティックス社は、
  跨り乗りの小型飛行体 ホバー・バイクを、クラウドファンド資金で開発中だ。
  
  得意のクアッドコプターをベースとするが、ファン4基の内、前2基・後2基の
  それぞれをオーバーラップ状態で配置し、全体の幅を狭くしているのが特徴だ。
  
  これまで1/3サイズドローンを完成させているが、米国軍事企業共同開発
  していく事となったようだ。
  
<テスト中のモデル機>
  
  
  両社共、軍需スタートだが民間向け開発を目指す。飛行機ベースの空飛ぶクルマ
  も出てきているが、未来はこんなライトな飛行体が飛び廻っているかもしれない。
  
  
  (マーチン)日本語情報 itmediatoyokeizai 英語情報 nextbigfuture
  (マロイ)日本語情報 engadgetzaikei 英語情報 theengineer
  
  マーチン・エアクラフト社HP マロイ・エアロノーティック社HP
  
  
  動画:ジェットパック 利用イメージCG(3分半)YT
  
  動画:ジェットパック 無人機テスト(4分弱)YT
  
  動画:ジェットパック ニュース報道(4分強)YT
  
  動画:ホバーバイク ニュース報道(2分)YT
  
  動画:ホバーバイク クラウドファンディング応募CG(3分)YT
*** VOL.3-24 2014.12.02 ***

  待ち望んでいた日本発の空飛ぶクルマ東京主催のビジネスコンテスト
  TOKYO STARTUP GATEWAY で第2位となり、いきなり表舞台に躍り出た。

<ビジネスコンテスト展示模型>
<授賞式の一コマ 代表者:中村 翼>

  自動車業界に属する有志が集う Cartivator というプライベートグループ
  による提案だ。その名も Skydrive という。

  飛行時の最高速度時速100km。クアッドコプターのように、4つのファン
  を四隅に配し、公道を滑走しながら離陸・着陸する。地上用の車輪は3輪だ。

  その発想は、都市部の渋滞や、道路が無い地域での新たな交通インフラとして、
  個々人の移動をクルマの様に自由にできる、というものだ。

  2020年の東京オリンピックでのデビューを目標に、現在1/5モデル機にて
  試験を繰り返している。17年には、1/1の実証機を制作する計画だ。

  そのトライ映像を見ると、試行錯誤を続けている様子も覗える。アフター5での
  活動では、時間も限られるだろうが、日々進化を続けているようだ。

<このような世界は?!>

  2020年まで後5年ほど。このような飛んだ企画だが、成功を祈りたい。尚、
  クラウドファンドで資金を募り、他の協力を広く求めている。心ある方、如何か。


  日本語情報 asciimakezine, excitenge

  開発グループ(Cartivator)HPFB
  クラウドファンドのHP


  動画:プロモーション(3分弱)YT

  動画:これまでのトライ数々(1分強)YT

  動画:1/5モデルの室外トライ(1分弱)YT

  動画:世界の挑戦 ホバーバイク(3分強)YT
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]