忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2018/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*** 2016.11.29 VOL.5-24 magmag melma ***
  
  
  Gravite と名付けられた装置には、0.001G の微小重力が再現できると謳われる。
  地球上で重力制御ができるという画期的な装置だ。
  
  開発したのは、広島大学 弓削類教授と、スペース・バイオ・ラボラトリーズ社
  NASAにも納入実績があるというこの装置、実は原理はクリノスタットという。
  
  クリノスタットは、百年以上前に考案された。重力そのものを変化させる訳では
  なく生物の重力影響を変化させる装置だ。即ち、時間積分で考える。
  
<クリノスタットの原理図>
  
  例えば、木を横に寝かして回転させる。そうして回転させると、一回転で、重力
  の影響が相殺する。生物の反応速度から測ると、重力ゼロ環境に等しい、となる。
  
<Gravite>
  
  これまでも、この手の装置は、数々あるようだが、弓削類教授は、再生医療技術
  に活用できる事を発見したのだ。当初は、NASA研究員からも嘲笑された。
  
<広島大学 弓削類教授>
  
  その発想は、無重力環境宇宙飛行士の筋力や骨が衰える事を逆に利用、通常の
  重力環境下で幹細胞培養時に生じる他細胞への分化を、無重量環境で抑えたのだ。
  
  実験データが蓄積されるに従い、発想の正しさが認められ、今では、NASA
  微小重力シミュレーターセンター諮問委員会メンバーにも就任されている。
  
  
  宇宙技術は、幅広い。この装置のお陰で、製薬開発でカギとなる無重量環境が、
  手軽に手に入る。日本の活躍できる分野ではないだろうか。
  
  
  日本語情報 gizmodo, hiroshima-uwellib
  広島大学 弓削研究室HP
  スペース・バイオ・ラボラトリーズ社HP  
  プレスリリース関連資料 pdf
  
  
  動画:JETRO 無重力再生医療の特集(9分半。本内容は3分過ぎから)YT
  
  動画:Gravite紹介(1分弱)YT
  
  動画:JAXA 無重力実験(7分半)YT
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]