忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
  media:米国FOXNEWS link, Feb.28 '17
    
  
  米国UFOレポートセンター1974年からUFO目撃情報を集める24時間
  ホットラインを開設する。古くは1905年の情報から10万件以上収集する。
  
  分析によると、1900年代 最大で 年1万件 の目撃情報が寄せられていたが、
  2000年代になって4万件まで急増しているという。実に4倍もの多さだ。
  
<UFO目撃情報の推移>
  
  米国英国オーストラリアからの目撃情報が多く中国グリーンランドから
  の情報は殆どなかったとしている。  
  
<世界のUFO目撃情報の分布:人口1千万人当り>
-白 世界中央値 約9件 青 少ない 赤 多い-
  
  米国は、世界中央値に比して300倍も多いが、地域によるバラツキも大きい。
  多いのはモンタナ州ワシントン州。逆にフロリダ州は殆ど無く、意外な結果だ。
  
<米国のUFO目撃情報の分布:人口1千万人当り>
-白 米国中央値 約2500件 青 少ない 赤 多い-
  
  また米国の特徴は、7月4日の独立記念日に一つのピークがある事だ。明らかに
  花火や報道ヘリなどの見間違いと思われる。
  
<7月の目撃情報:2008年の前後比較>
-上 世界 下 米国-
  
  そして、更に興味深いのが、目撃している対象物だ。UFO目撃でイメージする
  円盤型目撃情報比率は、年々減少し、光体目撃情報が増えている。  
  
<目撃情報の種類>
-円盤-草緑 光体-赤 球体-青 筒状-紫 三角-緑- 
  
  
  この分析は、米国ジョージ・メイソン大学の大学院生によるものだが、なかなか
  面白い。肝心のホンモノ情報は、となると歯切れが悪いが、今後の分析に期待だ。
  
  
<FOX報道>
  
<NBC報道:2016.10 ノースカロライナ州目撃ニュースに出演>

  
  original JPN tocana  original ENG vizthis, dailymailthrillist
  著者 Samuel Monfort 関連 大学HP, linkedinwordpress
  米国UFOレポートセンター HP
PR
*** 2017.3.07 VOL.6-5 magmag melma ***
  
  
  これまで、天体観測では恒星を対象とするだけだった。恒星を周回する惑星は、
  反射光のため、光が弱く 地球からは見えなかったからだ。
  
  しかし、観測機器精度があがり、微弱と言えども、その結果を重ねて見えてくる
  モノもあろうというもの、正にそんな研究成果が発表された。
  
  それは、ペガスス座方向にある HR 8799 という、129光年離れた恒星を廻る
  惑星だ。まだ、3000万年程度の若い星だが、太陽の5倍明るさが幸いした。
  
<恒星 HR 8799 の廻りに4つの惑星が認められる>
<ペガスス座(ペガサス座とも言う)秋の四辺形はぺガススの胴体部>
 
  
  発表されたのは、7年分のデータによる惑星の動く様だ。天体観測で動きを伴う
  モノは非常に珍しい。位置関係も幸いし、確かな宇宙の営みが感じられる。
  
<7年の集大成の一部>
  
  ここに写る4つの惑星は、いずれも木星より大きい巨大ガス惑星で、40年から
  400年かけて1周するというゆっくりした運動だ。
  
  
  この映像は意外にも、ハワイ島ケック望遠鏡の観測による。地球からの条件を、
  遥かに凌ぐ宇宙天文台の可能性は非常に大きい今後多くの発見を期待したい。
  
  
  日本語情報 nikkeibp1nikkeibp2  英語情報 phys
   
  
  動画:発表動画(3秒)YT
  
  動画:Cosmos News 報道(2分強)YT
  
  動画:ハワイ島 ケック天文台紹介(1分半)YT
  
  動画:発見されている系外惑星について(3分半)YT
  
*** 2017.3.07 VOL.6-5 magmag melma ***
  
  2018年ボーイング社ビゲロー社が共同開発しているISS宇宙往還機
  CST100 スターライナーがデビューする。
  
<開発中のCST100 スターライナー>
  
  この宇宙船に搭乗する最大7名の宇宙飛行士のために、新しい宇宙服が開発され、
  ボーイング・ブルーと名付けられた。これを着て、ミッションを遂行する。
  
<ボーイング・ブルー>
  
  50年にも渡り着用された初期モデルに対して、40%の軽量化タッチパネル
  も操作可能なグローブ滑り難いブーツ素材等、多岐にわたる改良が加えられた。
  
  ジッパー利用も拡大され、ヘルメットと胴体部の繋ぎ部にも用いられた。宇宙服
  を着用ための背中にある入口部は、変わらず採用されている。
  
<ジッパー部が見える繋ぎ目>
  
  このジッパー日本メーカYKKの米国支社で新開発されたものだ。気密性は
  4気圧まで保持できる。こういう部分でも、日本は宇宙開発に貢献している。
  
  
  この宇宙服、映画 2001年宇宙の旅 に出てきた宇宙服のそのままではないか、
  という評判もある。長きの時間で、ようやく現実となったのかもしれない。
  
<2001年宇宙の旅 の宇宙服>
  
  
  
  日本語情報 soraegigazine
  英語情報 parabolicarc, phys, maconykknorthamerica
  
  
  動画:プロモーション(2分半)YT  
  
  
  動画:WSJ報道 ボーイング社新宇宙服発表(1分強)YT
  
  動画:宇宙服デザイン トップ14(9分弱)YT
  
  動画:CNN報道 宇宙服のテストの様子(2分強)YT
  
  動画:映画 2001年宇宙の旅 予告(2分半)YT
*** 2017.3.07 VOL.6-5 magmag melma ***
  
  
  これまでの世界記録2014年ロシアの37個だった。今回の記録は、それを
  大きく上回る。インド宇宙技術の急成長ぶりを窺わせる。
  
  衛星104個の内訳は、インド3個米国88個、残りは欧州、中東からの発注
  という。打上げ費用約17億円というから、約16百万円/個という低コスト
  
  米国のモノは、プラネット社DOVE衛星10cm×10cm×30cmという3U
  サイズキューブサットだ。質量5kg弱地球観測用の機能を備える。
  
<プラネット社DOVE衛星>
  
  実はキューブサットだけではなく、714kgという普通の人工衛星Cartosat-2
  Series1基含まれており、所謂 ピギーバックという形での打ち上げだ。
  
<地球観測衛星 Cartosat-2>
  
  ロケットは PSLV (Polar Satellite Launch Vehicle)。1993年に初打ち上げ
  今回で39回目となる 今やインド定番の看板ロケットだ。
  
<PSLV 打ち上げの様子>
  
  打ち上げ能力1400kg最強バージョンXL仕様で挑んだが、見事に成功、
  インドは、偉大な威信を保った形だ。
    
  
  宇宙開発を国家の最優先課題と捉えるインドは、今年 関係予算を23%も増額
  宇宙先進国を窺う勢いだ。それは金星探査2度目の火星探査に向かっている。
  
   
  日本語情報 soraeafpbb
  プラネット社 DOVE衛星について link  プラネット社HP
  インド宇宙研究機関 ISRO HP
  
  
  動画:AFPBB報道 軌道投入映像(3分半)YT
  
  動画:WSJ報道 インド世界記録更新(2分弱)YT
  
  動画:TED プラネット社 マーシャル社長(8分強)YT
  
  動画:プラネット社 DOVE衛星について(1分半まで 全6分半)YT
  
  2017年、年初より 自主上映的に全国を展開中のET最新映画がこれだ。
  主宰者 日本地球外知的生命体センターJCETI の紹介によると
  
   最新ET研究ドキュメンタリー映画コンタクト・ハズ・ビガン」。
  
   ET研究の先駆者ジェームズ・ギリランドさんが制作したこの映画では、
   自身が撮影した多くのUFOの映像を紹介するとともに、地球外生命体達との
   遭遇によって、ギリランドさんが受け取った人類へのメッセージを伝えます。
    
ジェームズ・ギリランドさん
  
   その内容は、新しい意識レベルや世界的な調和”新しい地球”のビジョン
   太陽から大量放出されているコロナが地球にもたらす危険性など。
  
   上映会後は、日本でETコンタクトを広めているグレゴリー・サリバンさんに
   よる解説と、最新の宇宙船情報トークイベントも行います。
  
グレゴリー・サリバンさん
  
   地球外知的生命体たちからのメッセージに触れることで、新しい宇宙時代を
   開くことができるでしょう。
    
<予告編:英語>
  
  
  如何だろうか。ご興味のある方は、是非足を運んでみて頂きたい
  尚、チケットは、主宰者HPからアクセス頂くのが良いようだ。
  
  
  2017.3.18(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会&ミニ講演会 in 東京
  2017.3.25(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 大阪
  2017.3.26(日) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 西宮
  2017.4. 8(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 東京
  2017.4.22(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 福岡
  2017.5.21(日) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 熊本
  
   最新情報はこちら link
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]