忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 03   2020/04   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     05 >>
[600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*** 2017.11.18 VOL.6-22 magmag melma ***
追記 2017.11.23
  
  
  長い間、彗星は 太陽系内で生まれるとされてきた。惑星ができる過程で、氷と岩
  の固まりを形成何らかの力で押し出されると予測してきたようだ。
  
  その常識が覆される観測があった。太陽系外から飛来したとされる A/2017 U1 だ。
  10月19日発見直径数100mのこの天体は、太陽引力を振り切る速度で遠ざかる
  
− A/2017 U1 を捉えた映像 (Queen's University) −
  
  太陽系の上方向から進入してきた、というのもポイントだろう。誕生したであろう、
  そのエリアには太陽系の天体は ほぼ存在しない
  
− 小惑星 A/2017 U1 軌跡:太陽系を横から見たところ −
  
− 小惑星 A/2017 U1 軌跡 −

  
  
  小惑星は符号が付けられるが、恒星間の天体については新たにInterstellar
  頭文字I」が用いられる様だ。即ち A/2017 U1 から 1I/2017 U1 になる見込みだ。
   * 1I の 1 は、新発見を意味する模様
  
  加えて、‘Oumuamua という命名もされた。ハワイ語に由来‘Ou手を伸ばすmua
  =最初の、という事だ。日本語読み オウムアウム 最初の使者 となった。
  
  
  さらっとは こんな感じだが、発見以降天文学会はテンヤワニヤの大騒ぎ。遠のく
  天体を観測しようと最後まで努力が続いた。約10日70ものデータが集まった。
  
  専門家の間では、重力波観測に匹敵するという声もある。それだけ天変地異だった。
  地球から遠く問題なかったが、コースに乗っていたら、映画の騒ぎでは収まらない
  
  
追記
  
  その後、こんなイメージ図が発表された。幅40m長さ400m細長い物体だ。
  その珍しい形状に、また一つの驚きが起こっている。



  日本語情報 nikkeibp, astroarts 12  英語情報 nasa, imonature
  当該論文(arxiv) pdf  追記日本語 nikkeibpasahi
   
  
  動画:A/2017 U1 の紹介(3分半)YT
  
  動画:NASA 地球近傍天体の特定手順(1分強)YT
  
  動画:ANN 小惑星 2014JO25 接近時のニュース(28秒)YT
  
  動画:東大木曽観測所 2012 TC4 観測映像(18秒)YT
   
  追加動画:発表されたオウムアウムのイメージ図(3分強)
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]