忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558
*** 2017.8.8 VOL.6-16 magmag melma ***
  
  Google Lunar X Prize月面着陸・探査一番乗りを目指していた Astrobotic 社は、
  期限切れでレース参加を諦めたが、2年後 2019年の発射を決め 発表した。
  
<Astrobotic社の月面着陸船 Peregrine 月面到着イメージ図>
  
  全高1.5m全巾 直径2.5m というサイズ。ペイロードは、現状では35kg
  となっているが、徐々に上げて175kgまでを最終目標としている。
  
  推進・着陸用ロケットは、Aerojet Rocketdyne 社の次世代型 ISE-1005基 搭載
  月面着陸の他 軌道修正や軌道離脱、ブレーキ等 航行中フル活動する。
  
  打上げロケットは、United Launch Alliance (ULA) 社の Atlas Vロシア開発
  エンジンを積むが、打上げ成功率は非常に高く、信頼性のあるロケットとされる。
  
<Atlas V 400シリーズ>
  
  打上げは、単独での発射ではなく、相乗りとなる予定だが、実は、この月面着陸船
  Peregrine利用料金は、打上げロケット分も含め、既に決まっている。
  
  月面上への輸送は、kg当たり 1億3-4千万円ローバーを使って配達すると、
  倍近く、2億2-3千万円程となる。
  
<Peregrine 詳細イメージ図 横張平面板の下にローバー搭載>
  
  現時点では、月面着陸・月面探査民間1号機は、このAstrobotic社の計画となる。
  ロケット打上げビジネスについで、月面探査が民間サービスとなるのだ。
  
  
  時間が掛かるが、着実に価格も下がる。そうなると、個人目的でも月面探査の実行
  が可能だ。月面の秘密を明かしたい、スキモノ団体も名乗りを上げるかもしれない。
  
  
  日本語情報 businessnewslineengadget  英語情報 space
  Astrobotic社 HP  Peregrine 利用ガイド(スペック表)link
  ISE-100 開発論文 pdf
  
  
  動画:Peregrine プロモーションCG(1分半)YT
  
  動画:Astrobotic社 X Prize 参加時のプログラム紹介(8分)YT
  
  動画:Astrobotic社の自動着陸装置の評価風景(1分)YT
  
  動画:Astrobotic社 着陸船 Griffin の組立風景(7分半)YT
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]