忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544
*** 2017.6.13 VOL.6-12 magmag melma ***
   
  
  近接映像とは、かくも違うものか。世界の研究者が驚いた 木星観測衛星 ジュノー
  の観測映像。そこには、これまで見えなかった世界が展開されていた。
  
  例えば南極、そもそも地球からは見えないこんなに渦が多く発生しているとは、
  誰も想像していなかった。大赤斑のような大きな渦の中にも多数の渦が見られる。
  
<木星南極  5.2万km地点:最大直径1千kmものサイクロンが写る>
<木星北極 19.5万km地点:南北で随分とイメージが異なる>
<大赤斑 中には小さな渦が無数に見られる>
− 参考:ボイジャー1号の大赤斑 撮影映像 −
  
  そして新たな謎も生まれた。これらの渦、簡単に言えば台風 又は サイクロンは、
  安定しているか直ぐ消えるか、また 何故 南極・北極で見た目が違うのか 等だ。
  
  マイクロ波計測では、雲の層構造を観測赤道付近では、下方まで到達しているが、
  他の緯度・縞では、違う構造に進化していると事も分かってきた。
  
<あきらかになった木星の構造図>
<雲の層断面 赤道部とそれ以外に違いが>
  
  また、磁気観測でも新しい事実が出て来ている。木星磁場は、太陽系で最大である
  事は知られるが、その想定よりも大きく均一ではなく強弱がある結果だった。
  
  
  地球と比べ直径11倍質量317倍太陽系で最大惑星の木星。そのイメージは、
  根底から覆りあらたな研究対象となった。やはり、宇宙探査は重要なテーマだ。
  
  
  日本語情報 astroarts, nikkeibpcnn  英語情報 spacedailyamericaspace
  
  動画:NASA講演 木星観測衛星 ジュノー の成果(1時間8分)YT
  
  動画:ジュノーによる木星近接の連続映像(2分弱)YT
  
  動画:ジュノーによる木星赤外線探査(1分半)YT
  
  
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]