忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
*** 2017.9.19 VOL.6-19 magmag melma ***
    
  
  高速電波バースト(Fast Radio Burst:FRB)という宇宙現象が、ちょっとした話題
  なっている様だ。数年前に発見されたというから 超あたらしい宇宙現象と言える。
  
  このFRBは、継続時間ミリ秒(1/1000秒)単位という 極めて短い時間の現象で、
  それ故最近まで見つからなかったと言えそうだ。
  
<ぎょしゃ座方向で検出された事例[2012.11.2発生⇒FRB 121102 と命名]>
  
  全天で観測された事例は、まだ24。その中で FRB 121102 は、繰り返し観測され
  発生源も特定された特異なケースだが、正に このポイントに注目が集まっている。
  
  地球外生命体探査プロジェクト(ブレークスルー・リッスン)に参加しているチーム
  が、この FRB 121102再び目を向けたのだ。
  
<観測に利用された 米グリーンバンク電波望遠鏡(ウェストバージニア州)>
−開口面 100m×110mを誇る 世界最大の可動式電波望遠鏡−
  
  5時間の観測の結果、幸運にも1時間15回のバーストを観測した。これまでの
  観測で 最多回数で、周波数4−8GHzという最も高周波数でのデータだった。
  
  では何が発生原因か。諸説あるがその中で一つ、異例の仮説がある。地球外生命体
  の通信ネットワークからの電波という説だ。期待したいが、あくまで亜流だ。
  
  中心となる説は、極めて高密度で強力な磁場を持つ中性子星マグネターの可能性。
  フレアーを放出する事から、その関連が研究対象となっているが、順当な説だろう。
  
<マグネター SGR 0418+5729 のイメージ図>
  
  但し今回は、観測結果中、周波数が最も高い事や、他の天体観測結果も考え合わせ、
  発生源から地球まで宇宙空間物質の影響度合変化している、という意見もある。
  
  
  結局、まだ何も分かっていないのだが、ロマンを生み続ける宇宙現象の一つとして、
  非常に期待できるだろう。こんな謎の理解が、また宇宙の理解に繋がっていく。
  
    
  日本語情報 natgeo, gigazine, astroartskarapaia
  英語情報 breakthroughinitiatives
  当該報告(Astronomer's Telegram)link
  ブレークスルー・リッスンHP
  
   
  動画:SciNews 報道 FRB 121102 位置特定(1分強)YT
  
  動画:グリーンバンク電波望遠鏡訪問(5分強)YT
  
  動画:マグネターについて(3分半)YT
  
 
PR
*** 2017.9.5 VOL.6-18 magmag melma ***
    
  
  火星の夜には 何が起こっているのか。そんな思いに ひとつの仮説が発表された。
  夏の夜、北極あたりでは 吹雪が発生している かもしれないという。
  
  最新の観測結果を大気シミュレーションしたところ、従来想定よりも激しい対流
  即ち 嵐が起きているという結果だったのだ。
  
<シミュレーション事例 激しい対流が見て取れる(下図)>
  
  これには、実際の観測結果による傍証もある。2012年探査機雪を降らせる
  を撮影している。即ち、吹雪であった可能性も高いのだ。
  
<南極上空で二酸化炭素の雪を降らせる雲を確認 - 中央部の白い部分>
  
  ただ雲の高度は高く落ちてくる水の氷粒のうち、地表まで到達できるのは、然程
  多くはないようで、雪だるまができるほどではない というコメントだ。
  
  
  これら成果は火星探査が進んだお陰だ。火星気候シミュレーション精度が上がる
  と、有人探査にもプラス惑星研究への寄与も大きい。未知の探求が人間の根源だ。
  
  
<1840年の 世界初 火星マップ>
  
  
  日本語情報 nikkeibp  英語情報 physnasa
  当該論文アブストラクト(Nature Geoscience)link
  
  
  動画:United News International 報道(1分)YT
  
  動画:火星の雲(6秒 4分の動き)YT
  
  動画:VOA報道 火星探査機フェニックスによる雪の発見(2分半)YT
  
  動画:火星地図の歴史(1分半)YT
  
  動画:火星の最新地図(1分弱)YT
 
 
*** 2017.8.22 VOL.6-17 magmag melma ***
  
  
  宇宙の起源が語られる一方、身近な天の川銀河を構成する物質について新しい発見
  が報道された。天の川銀河の半分は、更に 遠い銀河から来ているという事だ。
  
<天の川銀河に似るとされる 渦巻き銀河 M101>
  
  スーパーコンピューター銀河形成シミュレーションが導いた結果だ。この銀河間
  物質輸送は、小銀河で発生した超新星爆発が、銀河ガスを吹き飛ばす事で起きる。
  
  このような物質を銀河の外へ吹き飛ばしてしまうような現象は、銀河風と呼ばれ、
  吹き飛ばされた物質は、銀河風に乗って 大きな銀河へと流れ着く。
   
<事例:NGC 6240 の銀河風(スターバースト) 薄赤い部分>
− 左 電離ガスの詳細構造(赤=電離水素) 右 主な構造模式図 −  
  
  銀河間は、相当に離れているので、何十億年もの歳月が掛かる 壮大な宇宙現象だ。
  計算結果では、半分の物質は、最大で100万光年離れた銀河を起源とするという。
  
  
  即ち、私たちの肉体を構成する原子の半分が、遠大な宇宙の旅をし地球に集まった
  こんな事を考えながら生きてみると、宇宙には必ず友がいると思えないだろうか。
  
<研究者 Daniel Angles-Alcazar ザルカザール氏>
  
  
  日本語情報 astroarts-1, -2kagaku-kentei
  英語情報 ras, northwesterncnn
  当該論文概要(the Royal Astronomical Society)link
  
  
  動画:CNN報道(24分強)YT
  
  動画:天の川銀河形成シミュレーション(15秒)YT
  
  動画:ガス流による銀河形成シミュレーション(2分弱)YT
  
  動画:研究者ザルカザール氏の講演(2015年 18分強)YT
 
*** 2017.8.8 VOL.6-16 magmag melma ***
  
  
  太陽系惑星や衛星には、水資源眠っている探査衛星などから、新しい事実
  次々と発見されているが、身近な衛星 もそうだった というのだ。
  
  見かけでは太陽と同じ大きさで、最も観測しやすい天体だが、望遠鏡を通した観測
  では、荒涼な砂漠に岩山が目立ち、永久影に 少しとして留まる程度とされていた。
  
  その後、 月の南極クレーター衛星を衝突させた実験や、採取された岩石の詳細分析
  などで、水の痕跡の発見が続き、予想以上に水が豊富という分析がされていた。
  
<アポロ11号採取の岩石:国立科学博物館展示分>
  
  そして最近の研究で、更に多くの水を保持していると分かってきた。それは、火山
  噴火で作られたガラス粒子の内部に、を閉じ込める形結晶化しているという。
  
  このガラス粒子の存在自体は、以前より発見されていたが、その分布が予想以上
  広がっている事が分かってきたのだ。
  
<ガラス粒子 直径0.1−0.2mmという微小サイズ>
  
<ガラス粒子の分布分析 豊富な部分−赤・黄色>
  
   
  水資源は、人類のこれからの宇宙探査のキーとなる。宇宙で水が得られれば
  地球より運び出す必要がないからだ。生命の基は、見かけだけでは分からない
  
  
  日本語情報 cnnnikkeibp
   
  
  動画:United News International 報道(1分)YT
  
  動画:月面採取の岩石より水の痕跡を発見(2010年 2分弱)YT
  
  動画:月面の水資源について(2013年 2分弱)YT
  
  動画:NASA 月面 水資源探査ロボット開発(2分弱)YT
  
 
*** 2017.7.25 VOL.6-15 magmag melma ***
  
  
  天体観測でメタノールが発見されると、生命誕生や生命発見の期待が大きくなる。
  アミノ酸等の生物の材料にもなり、などの排泄物であったり、可能性は広がる
  
  地球外生命発見の期待高まる中、つい そんな風に考えがちだが、そんな思い込み
  があると、間違いや先走りになったりするので注意も必要だ。
  
  カッシーニが、土星の衛星 エンケラドスメタノールを発見した、というニュース
  があったが、そんなケースになってしまった。
  
<土星のE環の内側に位置する エンケラドス >
  
  その後の世界初となる地上からの観測・分析で、エンケラドスからの噴出物質が、
  化学反応を起こしメタノールを生成センシングされた という事が分りつつある。
  
<エンケラドス周辺のメタノール分布推定図 [中央部がエンケラドス]>
  
<地上観測に用いられた スペインIRAM 30m ミリ波望遠鏡>
  
  こういう研究が、より高い推定能力を持つことに繋がっていく。どうして、そんな
  データなのか より深い洞察が必要だ。一喜一憂する事無く、冷静に見ていきたい。
  
  
  日本語情報 astroarts1astroarts2
  英語情報 nam2017, sciencedailyastronomynow
  
  
  動画:NASA エンケラドスでの生命の可能性(2分強)YT
  
  動画:IRAM 30m ミリ波望遠鏡(6分弱)YT
  
  動画:土星系を進行するカッシーニ(4分弱)YT
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]