忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
*** 2016.8.9 VOL.5-16 magmag melma ***
  
  最新の天文観測装置が、新たなる宇宙像を提供しつつある。南アフリカの地で、
  建設中の電波望遠鏡ミーアキャットが見つけた世界だ。
  
<電波望遠鏡ミーアキャットの一部>
  
  現在、直径13.5mパラボラアンテナ16基が並ぶ。最終的には、64基
  並べ、約130m四方集光面積を誇る施設となる。
  
  現状の16基を用いての観測結果で、これまで、70個銀河しか見つけられて
  いなかったエリアで、なんと、1300個もの銀河が発見できたというのだ。
  
<ミーアキャット観測の一部:丸印が従来観測での銀河>
  
  
  また、2億光年離れた巨大ブラックホールの撮影にも成功し、2017年の後半
  の64基完成に、更なる期待が掛かっている。
  
<2億年離れた巨大ブラックホール:高速粒子のジェットを噴出している>
  
  専門家によると、同じ領域をハッブル望遠鏡で観測すれば、恐らく何十万個もの
  銀河が見えるハズという。可視光の方が良く見えるからだ。
  
  逆に電波望遠鏡の強みは、活発な電波銀河、例えばブラックホールの観測に最も
  適しているブラックホールは、塵に覆われ、見えない事が多いからだ。
  
  
  現在でも素晴らしい成果を上げ始めたミーアキャットだが、オーストラリアにも
  広げるスクエア・キロメートル・アレイ(SKA)計画もある。楽しみが増える一方だ。
  
    
  日本語情報 nikkeibp, dst.tokyomellanox
  英語情報 space
  
  
  ミーアキャットについて wiki
  SKA(Square Kilometre Array)について wiki
  SKAとミーアキャット PDF
  
  
  動画:アフリカニュース報道 (1分強)YT
  
  動画:SKAプロモーションCG(2分半)YT
  
  動画:南アでのSKA(ミーアキャット)について(23分弱)YT
  
  動画:SKAの天文学的解説(3分強)YT
  
PR
*** 2016.7.26 VOL.5-15 magmag melma ***
  
  宇宙旅行には火星に注目が集まる中、研究分野では、他の衛星探査も進んでいる。
  2011年8月に打上げられた木星探査機ジュノーが、目的の軌道に投入された。
  
<ジュノーの木星到着イメージ図>
<木星までの軌跡:左下が木星・ジュノー>
  
  これから20ヶ月・37周回で、内部構造や大気、磁場などを観測する予定だが、
  第一弾として、430万Km地点からの初映像が送られてきた。
  
<まだまだ遠いが、ファースト・ショット>
  
  関係者では、上手く作動してくれた事は木星の過酷な放射線環境に耐え抜いて
  くれたお陰、との喜びをコメントを発する。その機能は、正しく最先端だ。
  
  ・太陽電池の衛星ミッションで、最も地球から遠い探査機
    (これまでは原子力電池。省力化と太陽電池性能向上の賜物) 
  ・木星の放射線帯中心部で稼働可能な、観測機器を守るチタン製収納室の採用 
  ・毎秒約58kmという、これまでで最速で惑星周回軌道に突入 
  ・木星の観測史上、最も高解像度画像の撮影
  
<電子機器・基盤を取り囲む約1cmのチタン壁>
  
  
  最初の高解像度画像は、8月末に予定される。火星のように、多くの未知映像が
  送られてくるだろう。数々の新しい発見を期待したい。
  
     
  日本語情報 astroarts, mynavi, wiredextremetech
  英語情報 huffingtonpostspaceflight101
  
  NASA:ジュノーHP  開発企業(Lockheed Martin社)HP
  
  
  動画:ジュノーの木星探査について(2分強)YT
  
  動画:ジュノーの設計について(2分強)YT
  
  動画:ジュノーの太陽光発電(2分弱)YT
  
  動画:ジュノーの太陽光発電 開発ストーリー(2分半)YT
*** 2016.7.12 VOL.5-14 magmag melma ***
    
  
  地球の衛星と言えば、だけ。そう思っている人も多いだろう。ところがである、
  もう一つ発見されたというニュースが飛び交った。
  
  そんなの見た事ない、という声が聞こえてきそうだが、発見されたのは、本年の
  4月、仮名称は2016H032016年に3番目発見)という小惑星だ。
  
<発見した Pan-STARRS1:小惑星探索天文台@ハワイ>
  
  この小惑星は、太陽を中心として公転しているが、その周期が地球と同じである
  ために、地球にひかれて衛星化しているようだ。正確には、準衛星と呼ばれる。
  
<地球と2016H03の関係図:中央 太陽, 青 地球, 黄 第2の月>
  
  ほぼ100年こういう状態を維持しており、これから何世紀も地球に添い続ける
  だろうと、と専門家がコメントしている。
  
  大きさは、直径40mから100mと見られているが、まだよく分かっていない。
  地球との距離は、との距離38倍から100倍の位置にいる。かなり遠い
  
  これまでにも、2006RH120という小惑星など、幾つかの小惑星準衛星
  となった時期があったが、今はいずれも離れて行った
  
  
  地球近傍の天体も、まだまだ未知のエリアだ。小惑星は小さく、太陽光の反射が
  弱く、見つけ難い。空間を漂う探査ロボット的な衛星を打上げてはどうだろう。
  
    
  日本語情報 cnn, indeepitmedia  英語情報 nasa
  月以外の地球の衛星について wiki  2006RH120 wiki
  
  
  動画:軌道シミュレーション(1分)YT
  
  動画:2006RH120について(3分弱)YT
  
  動画:Near Earth 小惑星確保計画(1分半)YT
*** 2016.6.28 VOL.5-13 magmag melma ***
   
  
  神秘を感じる土星の環氷から成るミクロン単位の粒メータクラスの塊まで、
  多様な構成とされている。土星の衛星引力も影響し、複雑な動きをする。
  
<環の想像図>
  
  通常の観測では、異変もなく恒久的な環であるが、まれにイレギュラーが起こる
  ようだ。カッシーニの映像に、ジェットと呼ばれる崩れが観測された。
  
<比較的外側のF環の一部に崩れが見られる>
  
  衛星プロメテウス軌道が完全円でないため、引力に不均一が生じ、F環を構成
  する氷の粒が固り大きな塊となり、なんらかの理由で噴出した、という事だ。
  
  この大きな塊は、雪玉という表現が用いられているが、観測を始めた2004年
  から、多くの記録がある。
  
<これまでの観測写真>
  
  
  惑星探査のニュースが多く続くが、そのダイナミックな在り様に興味は絶えない。
  早く、我が家の庭のように 自由に回遊できる日が来ないものか。
  
  
  日本語情報 nikkeibpastroarts  英語情報 sci-news
  土星の環について wiki
  
  
  動画:ネットニュース報道(1分)YT
  
  動画:NASA 土星の環について(1時間15分)YT
  
  動画:NASA 土星の環 異変解説(2分強)YT
  
  動画:カッシーニ 探査画像のアニメ映像化(3分強)YT
*** 2016.06.14 VOL.5-12 magmag melma ***
  
  
  太陽系の惑星と言えば火星に注目が集まっているが、科学の目は、広く系内に
  行き渡っている。太陽に最も近い、水星のニュースだ。
  
  2004年に打上げられた探査機メッセンジャーは、2011年に軌道に入り、
  観測を開始した。その映像が整理され、水星の地表面が明らかになってきた。
  
<メッセンジャー 水星観測の想像図>
  
  これまで撮影されたのは、実に30万枚にも及ぶと言う。これにレーザー高度計
  での観測結果がプラスされ、水星の地形図が完成した。
  
<公開地図の一枚>
  
  
  それによると、標高4500m近くの山や、地表面から5000m近くの窪み
  大変起伏に富んだ地形が明らかになった。
  
  その中で、直径300kmラフマニノフ盆地に水星最深部5380mのボトム
  があることが判明した。この盆地は二重の天体衝突の跡とされている。
  
<ラフマニノフ盆地>
<ラフマニノフ盆地の大きな穴>
  
  盆地の中には1000個以上のクレーターも確認され、火山性の堆積物が体積
  しているとされる。かつては火山活動が盛んだったようだ。
  
  
  太陽に近い水星は、平均温度180℃位だが、永久影部では-170℃となり、
  氷もあるという。18年には日本・欧州の探査衛星も打上げ予定、解明が進む。
  
  
  日本語情報 zaikeihazardlab 英語情報 nasa, spaceextremetech
  NASA 水星サイト HP ラフマニノフ盆地について pdf
  水星探査機について wiki メッセンジャーについて wiki
  ベピコロンボについて(JAXAと欧州共同プロジェクト)link
  
  
  動画:水星の地表面図(1分強)YT
  
  動画:メッセンジャーの軌跡と水星の記録(9分半)YT
  
  動画:AP報道 メッセンジャー 最後の映像(3分弱)YT
  
  動画:水星の太陽面通過(2分強)YT
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 12 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]