忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
*** 2017.2.7 VOL.6-3 magmag melma ***
  
  
  2010年5月 金星に向かって打上げられた 探査機あかつき。予定した金星
  軌道投入に失敗、15年12月に再投入が成功し、1年余りが経過した。
  
<金星を周回する あかつき イメージ>
  
  観測カメラも調子悪く撮影に入れたのは3月からであったが、その観測成果の
  一つが、いよいよ発表に到った。  
  
  その映像には、南北に渡り 弓なりとなった縞状の雲の列が浮かび上がっていた。
  これまでの惑星探査では、見られない珍しい現象として注目されていた。
  
<南北1万Kmにも及ぶ大気表面の文様>
    
  調査では、流体力学における 重力波 が発生している、という事になるそうだ。
  同じ重力波でも、天文学のモノではない。言わば、大気の表面波だ。
  
  地形を確認すると、縞状の雲の下には標高5000mアフロディーテ大陸
  位置していた。それが、大気に渦を発生させ、上層部まで到達したのだ。
  
<重力波 大気の表面波が発生するメカニズム>
<地球でも起こる:アパラチア山脈の例>
  
  但し、不思議な事に、大気上部で時速360km/sという高速度で吹き荒れる
  金星特有スーパーローテーションには影響されず 縞状の雲は、定在している。
  
<スーパーローテーションのイメージ>
  
  このスーパーローテーションも、発生メカニズムは謎とされていたが、日本人の
  研究者シミュレーションの結果、熱潮汐波が本命として論文発表されている。
  
<スーパーローテーション発生のメカニズム(3案)>
<提唱者:京都産業大学 髙木 征弘 准教授>
  
  
  このような惑星気象の研究は地球の気象学への強化・補強に繋がるという事だ。
  まだまだ始まったばかりの惑星探査、今後の発見が楽しみだ。
  
  
  日本語情報 astroarts, kyoto-suisas  英語情報 astronomy
  探査機あかつきHP  京都産業大学 髙木准教授 HP
  当該(理論応用力学 2007)論文 pdf
   
  
  動画:Cosmos News報道(2分弱) YT
  
  動画:あかつき撮影映像 波長2μm(2分)YT
  
  動画:ANN報道 あかつき再投入成功(30秒)YT
  
  動画:あかつき 再投入ドキュメント(5分弱)YT
  
  動画:特番 地獄の星・金星(46分強)YT
PR
*** 2017.1.24 VOL.6-2 magmag melma ***
  
  火星探査への関心が高まる中、前線基地とも成り得る月への関心も高まっている。
  そんな中で、月が誕生した過程に関し、新説が発表された。
  
  これまでの定説は、ジャイアント・インパクト説原始地球小天体が衝突し、
  衝撃で残った小天体の残骸地球の破片が集まり月が誕生したというモノだ。
  
  この説は、有力とされている一方月の組成が、本来残る小天体組成ではなく、
  地球と似ている組成でできている事から、疑問の声も上がっていた。
  
  こうした矛盾を解決するため、新しく 複数回の小天体の衝突で月が誕生 という
  仮説で コンピュータシミュレーションを実施したイスラエル研究者が現れた。
  
  最初に、地球1/10から1/100程度の小天体地球と衝突破片や廻りの
  塵なども集合、原始の小さな月が生まれる。繰返しにより、複数の月が生まれる。
  
  そして、この複数の小さな月同じような軌道を周回する事により、衝突が発生
  一つの大きな月に合体した、という仮説だ。なんとも壮大な仮説だ。
  
<新説によるイメージ>
  
  そして、月に纏わり もう一つ年齢が、45億1000万年と分かったという。
  アポロ計画で持ち帰った 月の石42kg分析結果だ。
  
<アポロ14号の持ち帰った月の石 ジルコン分析写真>
  
  これまでの通説、43-44億年から1億年ほど若いという結果は、地球の年齢
  45-46億年との推定から、地球-月系の成り立ち過程に大きく影響する。
  
  
  近くて遠い月の解明は、太陽系の生成過程からも大きな関心だ。これから計画が
  ある月探査は、もっと多くの発見をもたらしてくれるだろう。
    
  
  日本語情報 astroartsdonga  英語情報 popularmechanics, phys, space 
  ジャイアント・インパクト説について link  地球の年齢について wiki
  当該論文(Nature Geoscience誌)link
  
  
  動画:新説のイメージCG(1分半)YT
  
  動画:月の誕生からの歴史CG(3分弱)YT
  
  動画:月の石 NASA分析研究所(9分半)YT
  
  動画:アポロ15号 月の石 採取状況(3分半)YT
*** 2017.1.10 VOL.6-1 magmag melma ***
   
  
  木星海王星、その間には ケンタウルス族 と呼ばれる小惑星群がある。なんと
  その数、4万個以上とされている。
  
  ケンタウルス族の存在は、新しく、最初に発見されたのはキロン1977年だ。
  小惑星とされるが、その後、彗星の特徴も示しており、まだ決着が着いていない
  
  
  実はこのキロンや、同じく1977年に発見されたケンタウルス族カリクロには、
  土星と同じリングが確認されているが、何からできているかが謎のままだった。
  
<カリクロとそのリング イメージ図>
  
  神戸大学東京工大は、フランス研究者と謎の解明に挑み、めでたく生成過程を
  解明した。結果、大惑星の潮汐力により一部が破壊リングとなる事が分かった。
  
<リングの生成を示すシミュレーション結果>
  
  ケンタウルス族は、その軌道が大惑星と交差しており、その影響を受けやすく
  軌道が不安定になりがちで、いずれ太陽系から飛び出すとも考えれている。
  
<ケンタウルス族と大惑星との軌道の関係>
  
  
  軌道不安定は、地球にも衝突の恐れを残す。そういう意味でのケンタウルス族
  小惑星観測は、非常に重要な意味合いを持っている。
  
   
  日本語情報 gizmodo, astroartstitech
  ケンタウルス族について wiki  キロンについて wiki
  当該論文(The Astrophysical Journal Letters) link
  
  
  動画:カリクロのリング発見CG(3分)YT
  
  動画:リング発見の解説(英語 5分)YT
  
  動画:TomoNews:ケンタウルス族小惑星の地球衝突のリスク(2分強)YT
*** 2016.12.27 VOL.5-26 magmag melma ***
  
  related blogs; link1, 2, 3, 45
  
  1997年に打上げられた土星観測衛星 カッシーニ17年秋に運用を終わる
  最後の観測 グランドフィナーレ の段階に突入した。
  
<カッシーニと土星>
  
  この観測は土星の北極上空から、一番内側リングの更に内側土星最接近コース
  を取り、重力場磁場環物質等を観測する計画となっている。
  
<青:グランドフィナーレのコース 灰:これまでのコース>
<土星北極:謎の六角形の渦>
   
  
  これらにより、一日の正確な長さリングの総質量に関する新発見が期待され、
  最終的にリングの年齢推定の手助けとなる。又、塵粒子も採取、分析する計画だ。
  
  期待が高まる最接近の観測だが、逆に、リングを構成する粒子に衝突する可能性
  もあり、ラスト22回の周回を固唾を飲んで見守る事になりそうだ。
  
  
  カッシーニは、土星の衛星にも焦点を当ててくれた。2020年に計画される、
  タイタン・サターン・システム・ミッションが、更なる深化をしてくれるだろう。
  
  
  日本語情報 astroarts, sciencejournalplanetary
  英語情報 jpl1, jpl2saturn.jpl
  
  
  動画:NASA カッシーニグランドフィナーレについて(20分弱)YT
  
  動画:土星の4日間(2016.4 2分弱)YT
  
  動画:土星のクローズUP(2分弱)YT
  
  動画:土星リングの近接映像(2分強)YT
  
*** 2016.12.13 VOL.5-25 magmag melma ***
  
  
  天体観測の技術進歩は、恒星から系外惑星へ移っている。これまでも系外惑星の
  発見で、生命発生の可能性=地球環境に近い惑星には大きな関心が持たれている。
  
  そして、遂には、惑星になる手前の宇宙塵状態をも捉えるという画期的な報道が
  あったのだ。観測対象が広がり、もっと発見が増えるハズだが、その第1号だ。
  
  それは、おおかみ座の方向 450光年という距離にある若い恒星 HD 142527
  観測で見出された。観測したのは、チリにあるアルマ望遠鏡だ。
  
<南天に位置するおおかみ座>
<これまでの HD 142527 想像図>
  
  アルマは、電波望遠鏡66台を配置し直径16kmの電波望遠鏡の分解能を持つ
  という期待の望遠鏡だ。日本も大きく貢献している。
  
  
  この観測の意義は、従来 惑星はガス・塵が集まってできるとされているものの、
  当然、詳細過程は分からず、今後 その観測へ繋がる長い計画が組まれるだろう。
  
  
  観測前に予想した、宇宙塵による偏光パターンが浮き出た画像は、アルマの高い
  感度による。これからの更なる観測成果に期待が大きく膨らむ。
  
<観測された宇宙塵の円盤画像>
<観測画像からの想像図>
  
  
  日本語情報 naoalma.mtk  英語情報 physitechpost
  当該論文(arXiv)link  
  アルマ望遠鏡HP
  
  
  動画:HD 142527 ズームイン(1分)YT
  
  動画:HD 142527 イメージCG(26S)YT
  
  動画:ミニ講演会 惑星の誕生(35分半)YT
  
  動画:アルマ望遠鏡 紹介(4分弱)YT
  
  動画:アルマ望遠鏡の開発(11分半)YT
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]