忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
*** 2016.11.16 VOL.5-23 magmag melma ***
  
   related blog link
  
  火星に向けて、再び探査ローバーが送り込まれるマーズ2020次期ローバー
  のデザイン発表が夏に行われたが、その探査の内容も明らかになっている。
  
<キュリオシティの設計を最大限利用したMARS2020のローバー>
    
  最大の目的は、生命の発見 又は 痕跡の発見だ。専用のスキャンシステムとなる
  PIXLを搭載する。分光計レーザーカメラを使い有機物鉱物を調査する。
  
<生命探査のカギ PIXL:Planetary Instrument for X-ray Lithochemistry>  
  
  化学元素の特定、岩石土壌クローズアップ撮影できる。塩粒の表面が分かる
  レベルの性能だ。ここに微生物の痕跡が見られるかもしれない。
  
  ロボットアームに取り付けられ、X線分析ターゲット集中的に照射物質の
  蛍光特性を捉えて分析する。
  
<分析イメージ>
  
  そして、次期計画へ向けた準備的な実験もプラスされている。酸素製造装置だ。
  原料は大気の二酸化炭素命に必須、ロケット推進剤にも使われ、重要資源だ。
  
<酸素製造装置のコア部 SOXE:solid oxide electrolysis>
  
  更に、将来のサンプルリターンに向けて土壌を採取火星上の地表に置いてくる。
  次のステップで、回収ミッションが行われる事に期待を寄せる。
  
<土壌サンプルの入ったチューブ31本を入れる容器>
  
<サンプルイメージ:右側のパイプイメージのところで保管>
  
  
  探査計画は、着々とリアルな宇宙時代を築きつつある。火星に向けた技術開発は、
  ますます増えてくるだろう。日本も、何か喰い込んでいきたいものだ。
  
  
  日本語情報 nikkeibp1, nikkeibp2sed  英語情報 dailymailceramicindustry
  MARS2020 プロジェクトHP
  酸素発生装置について pdf
  
  
  動画:PIXLについて(5分弱)YT
  
  動画:サンプル採取のCG(3分半)YT
  
  動画:マーズ2037CG 有人探査(9分弱)YT
  
  動画:マーズ2020ローバー開発現場(59分)YT
PR
    related blog1, 2, 34
    
*** 2016.11.01 VOL.5-22 magmag melma ***
  
  小惑星の資源開発アステロイド・マイニング構想段階から実現へと、着実な
  進展が見られるようになってきた。
  
  NASAでは第2ステップのフェーズに入る。これまで地上ではロボットアーム
  研究や、推進装置の開発などが進み、個別技術に目途が付いた。
  
  2021年実証ミッション機発射に向け、実機コストやスケジュールを詳細に
  詰め始める。Asteroid Redirect Mission(ARM)と称するプログラムだ。
  
  小惑星上の岩の塊を掴み衛星軌道に運んでいく。将来的には、衛星軌道上
  では、小惑星から部品材料を取り出し、部品を製造する。火星探査には不可欠だ。
  
<小惑星確保ロボットのフルスケールモデル>
  
<電気推進 HERMeS (Hall Effect Rocket with Magnetic Shielding)>
  
  宇宙ベンチャー Deep Space Industries(DSI) 社もルクセンブルク公国から投資を
  受け、計画に弾みが付いた。最終的には、鉱物解析できる小型探査機を開発する。
  
<DSI社 小惑星探査第1号機:Prospector-1>
  
  
  第1号 Prospector-1 は、宇宙旅行で最も重要な水を探査をする。小惑星の表面
  地表下も含めた水分布図を作製する。つまり、最初の小惑星資源なのだ。
  
  探査衛星の推進は、という。気化した水水蒸気を用いて飛行する。柔らかな
  推進ができる技術、小惑星など、重力のない世界でジワジワ動くのに適している。
  
  
  緒についたばかりの小惑星資源化だが、その先には大きな可能性が広がる。どの
  計画もバラ色だ。カギは、低コスト打上げ技術も含め総合力が必要となる。
  
      
  英語情報 space, newatlasuniversetoday
  
  DSI社HP  
  ARMの現状報告書 pdf  DSI社計画書 pdf
  
  
  動画:NASA講演会(1時間強)YT
  
  動画:NASA ARMコンセプト動画 ロボット編(5分弱)YT
  
  動画:NASA ARMコンセプト動画 宇宙飛行士編(3分半)YT
  
  動画:DSI社 プロモーションCG1(3分弱)YT
  
  動画:DSI社 プロモーションCG2(4分弱)YT
   
    related blog link

*** 2016.10.18 VOL.5-21 magmag melma ***
  
  長期の宇宙旅行、この間 寝て行ける状況が実現できると、画期的な進歩となる。
  人間の環境適用の懸念が減るだけでなく、その間の必要資材がグンと減るからだ。
  
<映画 Interstellar より>
  
  実現すれば、宇宙船そのものの機能も変わる大幅なサイズダウンが可能となる。
  全てがコストダウンに繋がり、宇宙開発そのもののスピードアップも期待される。
  
<左:通常の宇宙船 右:冬眠用宇宙船>
  
  所謂 宇宙冬眠の研究だが、既に始まっており、次のステップにNASA予算
  付いた。
   ・長期間の代謝抑制やその生理的影響に対する医学的評価について
   ・放射線や室内熱環境の影響を織込んだ火星探査用の住居設計に関する見直し。
  といった分野、いよいよ実際の応用を意図した内容だ。
  
<冬眠運行できる宇宙船のイメージ図>
<大量輸送時代はこんなイメージ>
  
  冬眠時の体温は、32-34℃6時間を掛けて徐々に下げていく。現在でも、
  特殊な医学療法で使われるが、最大5ヶ日。宇宙用には、2週間程度で開始する。
  
  冬眠中は点滴のような管で栄養が送り続けられ排泄物も吸引される。体には、
  各種センサーが付き、体調監視が行われる。見た目は、気持ち良いとは言い難い。
  
<冬眠中はいろいろな管が取り巻く>
  
  
  宇宙旅行も大変だ。一方、不治の病の治療法が見つかるまで15℃で低温保管
  するサービスがある。脈拍ゼロ、死体保管だ。宇宙冬眠なら、死なずに済むかも。
  
  
  日本語情報 courrier  英語情報 ieee, spaceref, dailymaildigitaltrends
  プレゼンテーション資料 pdf  当該論文 pdf
  開発会社(SpaceWorks社)HPHP2
  
  
  動画:TomoUSA 報道(1分強 15年)YT
  
  動画:WSJ 報道(約3分 14年) YT
  
  動画:映画 Intersteller より(2分半)YT
  
  動画:特番 人工冬眠(8分強)YT
  
*** 2016.10.18 VOL.5-21 magmag melma ***
  
  Eグライダーエレクトロスタテッィク静電)・グライダーと称する。即ち、
  静電気の仕掛けで浮遊する。
  
<小惑星を観測するイメージ図>
  
  空気のない天体、例えば 小惑星の表面では、太陽からの太陽風光電子
  が衝突し帯電状態にあるという。Eグライダーは、この帯電状態に浮かぶ訳だ。
  
  小惑星では、1kV/mの帯電になるとされ、この条件では、1kg程度モノ
  なら十分に浮遊できる。直径1m球状電気翼を持つ浮遊体が検討されている。
  
<こんな感じ>
  
  実用には、静電気分布を捉える超軽量の計測装置や、着陸用アンカーなども必要
  となる。実浮遊時には、静電気により表面上ダストが舞う事も懸念される。
    
  まだまだコンセプト段階のアイデアだが、次のステップには構成要素の技術実証
  などのモノを造っての実験を進める計画だ。
  
  
  発案者Quadrelli博士は、地球上での新しい乗り物となる可能性も指摘している。
  未来の技術は、まだまだ新しいものがでてきそうだ。
  
  
  英語情報 airspacemag, ieeenextbigfuture
  
  
  動画:NASA講演会(最初27分まで)LS
  
  動画:静電浮遊のおもちゃ(原理が分かる 5分弱 3m10sあたりから)YT
     
  動画:太陽風を推進源とするE-Sail(1分半)YT
*** 2016.10.04 VOL.5-20 magmag melma ***
  
  スペースX社 CEO イーロン・マスク氏壮大な大志を実現化する極めて稀な
  起業家だ。夢を目標に変え、実現モードへ移行させる。
  
<マスクCEO>
  
  そのマスクCEOが、火星への大量の人類を送り込む移住計画を発表、大反響を
  呼んでいる。目標は2060年、ちょっと先だが 火星に人が住む時代だ。
  
  そのシステムはInterplanetary Transport System [ITS] と命名された巨大な
  ロケットエンジン名猛禽類を意味する Raptor 、強い意志を感じさせる。
  
<Interplanetary Transport System [ITS] イメージ図>
  
  これまでにない超極太のITSは、100トンの貨物・人間を搭載できる。全長
  50m宇宙船を含み、高さ122m直径17mの図体だ。
  
<宇宙船>
  
 
<宇宙船の液体酸素タンク>
  
  火星までは80-150日、少々長いが 映画館やカフェなど 娯楽室も準備され、
  楽しい旅になるようだ。初挑戦は2022年100名も送り込む計画だ。
  
  宇宙航行の途中燃料タンカーランデブー燃料補給を受ける。火星軌道では、
  最後の補給を受けて着陸となる。また 火星燃料製造すれば、帰還もできる
  
<補給船とのランデブー イメージ図>
  
  現在、費用は2千万円/人程度と見積もられている。将来には、半分の1千万円
  を目指す。2100年には百万人が火星住民という世界、長生きしたいものだ。
  
  
  日本語情報 afpbbitmedia
  
  
  動画:ITSプロモーションCG(4分半)YT
  
  動画:学会での計画発表の様子(1時間強)YT
  
  動画:euronews報道(1分強)YT
  
  動画:NASA 有人探査基地イメージ(7分弱)YT
  
  動画:映画 マーティアン 予告編(3分強)YT
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]