忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
*** 2016.12.13 VOL.5-25 magmag melma ***
  
  
  日本も遂に、宇宙船を開発するベンチャーが名乗りを上げた。正確には、07年
  創業の宇宙ベンチャー PDエアロスペース社に、HISANAが出資した。
  
  
<目指す宇宙往還機イメージ図>
  
  同社が開発を進める宇宙船は、地上100kmというサブオービタルの世界への
  到達を目指し、その後は 地上に戻る 無重力体験型の宇宙体験旅行を狙う。
  
  最大の特徴はパルスデトネーションエンジン。まだ研究中のエンジンで、超音速
  旅客機の構想に出てきたりする、未来のエンジンだ。
  
  
  普通のスペースベンチャーは、こんな開発課題の大きい技術チャレンジはしない
  父から受け継いだ宇宙魂を実現すべく、日本人として見上げた志、痛み入る。
  
  これまで研究開発の他に、小型ジェット機による無重力体験飛行を供給してきた。
  5-7分の時間無重力を味わえるプランが、90万円強のお値段だ。
  
  
  2023年宇宙船が開発されると、一人1400万円で宇宙旅行となる計画だ。
  いよいよチャレンジの道がスタートした。
  
  
  出資といっても総額5000万円。開発費には程遠く、まだまだ協力が必要だ。
  世界の宇宙ベンチャーに負けない様、日本を挙げて応援したい
  
  
  日本語情報 venturetimes, mainichiascii
  PDエアロスペース社HP
  
  
  動画:日テレ ニュース報道(1分強)YT
  
  動画:パルスデトネーションエンジンの実験風景(1分弱)YT
  
  動画:実験機の飛行風景(5分弱)YT
  
  動画:日テレ 宇宙旅行の事前訓練(4分強)YT
PR
*** 2016.12.13 VOL.5-25 magmag melma ***
  
  
  中国一気呵成を狙ってきたか、新型ロケットを開発した。世界の需要を想定し、
  10回/年のハイレイトでの打上げが目標だ。
  
  固体燃料を使い、衛星1kg当たり1万ドルという現状50%の低コストという。
  詳細性能は発表されていないが、1トンから1.5トンの小型衛星をカバーする。
  
<開発中の快舟ロケット>
  
  開発はハルビン工業大学との噂だが、事業化は、中国航天科工集団公司(CASIC)
  が今年設立したばかりのスペースベンチャー Expace Technology との報道だ。
  
  ロケットはこれまでに開発がほぼ完了しており、17年から事業をスタートする。
  既に、11月の中国内でのエアショー20基もの受注があったとも伝えられる。
  
  世界中で小型衛星打ち上げを狙った開発は進んでいるが、欧州ベガプロジェクト
  とは、かなり近い計画でもあり、競争は厳しい。
  
<ベガロケット>
  
  この中国ベンチャー、商用ロケット打ち上げでは実は2社目。民間と言っても、
  半官のイメージは拭えないが、価格で世界を席巻しそうだ。
  
  
  英語情報 spacenewsasianscientist
  
  快舟ロケットについて wiki
  開発会社(中国航天科工集団公司)HP
  
  
  動画:快舟ロケット1号 打上げ報道(3分半)YT
  
  動画:中国の新宇宙時代を語る(5分半)YT
  
  動画:第1号顧客 中国空間技術研究院 の衛星から観た映像(1分半)YT
  
  動画:欧 ベガプロジェクト(12分)YT
*** 2016.11.29 VOL.5-24 magmag melma ***
  
  
  ISS民営化する、という検討が進んでいる。2024年までは、現状下での
  運用延長が決まっており、早ければ2025年目途に払下げとなりそうだ。
  
  払下げが決まれば、民間の宇宙試験設備となるが、宇宙ホテルも実現しそうだ。
  待ちに待った、文字通りの宇宙時代到来だ。
  
  宇宙ホテルと言えば、ビゲロー・エアロスペース社ホテル王が設立した、宇宙
  ホテルの開発会社だ。ISSにも、同社独自膨脹型居室を提供している。
  
<ISSに設置されているビゲロー社の膨張型居室>
  
  同社は、スペースX社ボーイング社とも提携しているが、更に大型ロケットの
  開発・打上げ会社ULA社とも提携し、2020年の開業を目指している。
  
  ホテルとして開発中のモデルB330は、室内容量が330立方mという意味、
  全長17mほどで、人員キャパシティ6名となっている。
  
<スペースX宇宙船ドラゴンが宇宙ホテルB330に近づくシーン>
  
<B330のカット状態>
  
  一泊二日くらいで地球を周回宇宙遊泳や日の出や日没を楽しみ、食事やボール
  投げでも楽しんで、宇宙を体感するコースなど如何だろう。
  
  問題は打ち上げコスト。現在、ISS宇宙飛行士1名を運ぶために、ロシアに
  米国が払っているコストは、約90億円。一般民間とは掛け離れた数字だ。
  
  ここに、スペースベンチャー開発中のロケットが活きてくる。スペースX社は、
  2500万円/100kgを目指している。まだ高いが、夢が見れる範囲だ。
  
  
  火星の有人探査も楽しみだが、身近な宇宙での滞在体験の方が、より気に掛かる。
  その時代にスペースツアーを楽しめるように、貯金をしていこう。
  
  
  日本語情報 wired1, wired2livedoor  英語情報 nextbigfuture
  ビゲロー・エアロスペース社HP
  
  
  動画:CNN報道 ビゲロー宇宙ホテル(4分半)YT
   
  動画:ビゲロー社 プロモーション(2014年 6分弱)YT
  
  動画:ISSでの生活紹介(9分弱)YT
  
  動画:スペースX社 ドラゴン ISSカーゴミッション(16分)YT
  
 
*** 2016.11.16 VOL.5-23 magmag melma ***
  
   related blog link
  
  火星に向けて、再び探査ローバーが送り込まれるマーズ2020次期ローバー
  のデザイン発表が夏に行われたが、その探査の内容も明らかになっている。
  
<キュリオシティの設計を最大限利用したMARS2020のローバー>
    
  最大の目的は、生命の発見 又は 痕跡の発見だ。専用のスキャンシステムとなる
  PIXLを搭載する。分光計レーザーカメラを使い有機物鉱物を調査する。
  
<生命探査のカギ PIXL:Planetary Instrument for X-ray Lithochemistry>  
  
  化学元素の特定、岩石土壌クローズアップ撮影できる。塩粒の表面が分かる
  レベルの性能だ。ここに微生物の痕跡が見られるかもしれない。
  
  ロボットアームに取り付けられ、X線分析ターゲット集中的に照射物質の
  蛍光特性を捉えて分析する。
  
<分析イメージ>
  
  そして、次期計画へ向けた準備的な実験もプラスされている。酸素製造装置だ。
  原料は大気の二酸化炭素命に必須、ロケット推進剤にも使われ、重要資源だ。
  
<酸素製造装置のコア部 SOXE:solid oxide electrolysis>
  
  更に、将来のサンプルリターンに向けて土壌を採取火星上の地表に置いてくる。
  次のステップで、回収ミッションが行われる事に期待を寄せる。
  
<土壌サンプルの入ったチューブ31本を入れる容器>
  
<サンプルイメージ:右側のパイプイメージのところで保管>
  
  
  探査計画は、着々とリアルな宇宙時代を築きつつある。火星に向けた技術開発は、
  ますます増えてくるだろう。日本も、何か喰い込んでいきたいものだ。
  
  
  日本語情報 nikkeibp1, nikkeibp2sed  英語情報 dailymailceramicindustry
  MARS2020 プロジェクトHP
  酸素発生装置について pdf
  
  
  動画:PIXLについて(5分弱)YT
  
  動画:サンプル採取のCG(3分半)YT
  
  動画:マーズ2037CG 有人探査(9分弱)YT
  
  動画:マーズ2020ローバー開発現場(59分)YT
    related blog1, 2, 34
    
*** 2016.11.01 VOL.5-22 magmag melma ***
  
  小惑星の資源開発アステロイド・マイニング構想段階から実現へと、着実な
  進展が見られるようになってきた。
  
  NASAでは第2ステップのフェーズに入る。これまで地上ではロボットアーム
  研究や、推進装置の開発などが進み、個別技術に目途が付いた。
  
  2021年実証ミッション機発射に向け、実機コストやスケジュールを詳細に
  詰め始める。Asteroid Redirect Mission(ARM)と称するプログラムだ。
  
  小惑星上の岩の塊を掴み衛星軌道に運んでいく。将来的には、衛星軌道上
  では、小惑星から部品材料を取り出し、部品を製造する。火星探査には不可欠だ。
  
<小惑星確保ロボットのフルスケールモデル>
  
<電気推進 HERMeS (Hall Effect Rocket with Magnetic Shielding)>
  
  宇宙ベンチャー Deep Space Industries(DSI) 社もルクセンブルク公国から投資を
  受け、計画に弾みが付いた。最終的には、鉱物解析できる小型探査機を開発する。
  
<DSI社 小惑星探査第1号機:Prospector-1>
  
  
  第1号 Prospector-1 は、宇宙旅行で最も重要な水を探査をする。小惑星の表面
  地表下も含めた水分布図を作製する。つまり、最初の小惑星資源なのだ。
  
  探査衛星の推進は、という。気化した水水蒸気を用いて飛行する。柔らかな
  推進ができる技術、小惑星など、重力のない世界でジワジワ動くのに適している。
  
  
  緒についたばかりの小惑星資源化だが、その先には大きな可能性が広がる。どの
  計画もバラ色だ。カギは、低コスト打上げ技術も含め総合力が必要となる。
  
      
  英語情報 space, newatlasuniversetoday
  
  DSI社HP  
  ARMの現状報告書 pdf  DSI社計画書 pdf
  
  
  動画:NASA講演会(1時間強)YT
  
  動画:NASA ARMコンセプト動画 ロボット編(5分弱)YT
  
  動画:NASA ARMコンセプト動画 宇宙飛行士編(3分半)YT
  
  動画:DSI社 プロモーションCG1(3分弱)YT
  
  動画:DSI社 プロモーションCG2(4分弱)YT
   
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 12 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]