忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
*** 2017.5.30 VOL.6-11 magmag melma ***
  
  マイクロロケットともミニロケットとも呼ばれる、超小型衛星打上げロケットの
  開発ヒートアップスペースベンチャーが参入している。
  
  ベクター・スペース社開発中のベクターRは、全長13m直径1.1m程で
  数10kg、更に150kg程度衛星軌道へ打ち込むベクターHも開発中だ。
  
  エンジン部品3Dプリンター製造部品を使い、タンクカーボンコンポジット
  利用する等、意欲的な取組みをしている。
  
<ベクター・スペース社の技術試験機 P-19H>
<ベクターR構成 エンジン燃料噴射装置・燃料タンク等がコンポジット>
  
  そして、スペースフライト社が進めるエレクトロン。こちらは全長17m直径
  1.2mという同サイズ。ペイロード150kgという完全な競合だ。  
  
<スペースフライト社の発射準備中のエレクトロン>
<複数のチタン合金3Dプリント部品を用いたエンジン>
  
  これまで、ニュージーランドロケットラボ社が開発してきたが、最近、スペース
  フライト社に買収された。同じくカーボンコンポジット部品採用取組みは最新だ。
  
  これらのロケットはシェアライド方式、即ち 150kgのペイロードに、幾つかの
  超小型衛星が相乗りする。1個10kgとすれば、15個一緒に打上げとなる。
  
  日本では、ホリエモンこと堀江貴文氏が設立したインターステラ・テクノロジー社
  が高度100km以上の宇宙空間へ、試験機器を打上げるロケット開発中だ。
   related blog link
  
<宇宙到達に必要な エンジン120秒燃焼実験に成功>
  
  超小型衛星を軌道に乗せるまではいかないが、弾道弾飛行宇宙空間に達し、試験
  機器実験機器宇宙空間に到達させ、パラシュートで回収する。
  
  こちらはやや小ぶり、全長9.9mペイロード20kg程度となっており、弾道弾
  飛行による微小重力状態も、260秒ほど継続でき、一つの売りだ。
  
<インターステラ・テクノロジー社のロケット MOMOの弾道弾軌跡>
<MOMO>
  
  この後、超小型衛星軌道投入できるロケット開発も計画にある。手初めてとして
  確実なところから参入を狙っている。
  
  
  まだまだ多くのスペースベンチャーが凌ぎを削る超小型衛星を取り巻く世界。勝ち
  残りには、更なる技術が必要だ。日本も、せめてバックアップできる施策が欲しい。
  
  
  日本語情報 mynavi, infoseek, idartshokkaido-np
  英語情報 space1, space2floridatoday
  ベクター・スペース社HP  スペースフライト社HP
  ロケットラボ社HP  インターテスラ・テクノロジー社HP
  
  
  動画:米TV報道 ベクター・スペース社工場(2分半)YT
  
  動画:ロケットラボ社 プロモーション(1分半)YT
  
  動画:ロケットラボ社 エレクトロン発射準備状況(2分)YT
  
  動画:ロケットラボ社 ラザフォードエンジン試験状況(3分強)YT
  
  動画:インラーステラ社 エンジン噴射試験(3分)YT
 
PR
*** 2017.5.16 VOL.6-10 magmag melma ***
    
    related blog link
     
 
  月に、火星に、探査計画が目白押し。米ロッキードマーチン社が、火星軌道上に、
  探査拠点となる宇宙船基地の詳細計画を、専門家ミーティングの場で発表した。
 
<計画を説明するトニー・アントネルリ氏 元スペースシャトルパイロット>
 
  2028年までに整備するとしているのは、6名の研究者1000日も過ごせる
  火星軌道上宇宙船火星研究所Mars Base Camp だ。
 
<Mars Base Camp イメージ図>
 
  大きくは左右対称2機の宇宙船から構成される。ドッキングにより、中央部には
  突合せ状態で、研究室と住居室が配置される。
 
<各部の機能>
 
  中央の結合部には、近くの衛星探査宇宙飛行士を運んでいく EXCURSION module
  (着陸船)も装備される。無人機を用いた火星上からのサンプル確保計画もある。
  
  Mars Base Campは、火星上に有人基地を作るまで火星を研究するのが主目的だ。
  有人基地が出来たら、火星上までのトランジット基地にも使えるだろう。
 
  更に外側には、燃料タンク・宇宙船オリオン・リビング居室・貨物室・推進装置
  続き、太陽光発電装置ラジエターも配置、快適な環境を実現する。
 
  この Mars Base Camp までにも、各種のプロジェクトが計画され、それらの経験の
  上で2028年を迎えるが、全て現在の技術で計画され、実現性は高いとの事だ。
 
<2028年までのプロジェクト計画>
 
 
  勿論、火星の前には月近傍への探査基地の設置計画もある。着実に進む宇宙探査
  に巨額費用は付き物ビジネスにもなる派生系を生みながら、達成を見たいものだ。
 
 
  日本語情報 nikkeibp  英語情報 floridatoday, nextbigfuture, futurismdailymail
  Mars Base Camp 構想書 pdf
   
   
  動画:Florida Todayニュース報道(2分半) link
   
  動画:プロモーションCG(約1分)YT
   
  動画:CNBC報道 宇宙船オリオンの開発状況(6分弱)YT
  
  動画:TomoNews 発射ロケットSLS・宇宙船オリオンの開発状況(7分半)YT
*** 2017.5.02 VOL.6-9 magmag melma ***
        
  物を遠くへ飛ばすと言えば、大砲が思い浮かぶ。更に遠くと開発・進化したのが、
  ロケットと言っても良いだろう。元々は、兵器開発からのスタートだ。
  
  新しい兵器は、宇宙用途に適する事も有る。最新式のレールガンは、その最大候補
  となる様だ。なんと、マッハ6という射出能力、その名もゲームチェンジャーだ。
  
<公開されたゲームチェンジャーのプロトタイプ>
<作動イメージ図>
  
  マッハ67,350km/Hの速度となるが、実はこの数字は、月の引力から脱出
  周回軌道へ到達できる 月の第1宇宙速度 8,530km/H にもう一歩なのだ。
  
  即ち、もうひと頑張りで月から月軌道へ物資を運ぶ手段とできる訳だ。月面太陽
  エネルギーを電気に変えれば永久に利用できる、宇宙開発にピッタリの技術だ。
  
  一方、技術ハードルは高い。高エネルギー電力を、瞬間に放出する パルスパワー
  と呼ばれる技術を使う。それには、発生する熱の制御も必要だ。
  
<パルスパワーの源になる装置>
  
  この開発を進める海軍研究所のエグゼクティブは、そのハードルの高さに懐疑的な
  部分もあるが、検討を進める事の意義を信じて進めている、とコメントしている。
  
  
  どれだけのモノを打出せるかという問題はあるが、一つの道具としては、実現味の
  ある技術だ。宇宙利用へ向けての開発を続けてもらいたい。
  
  
  日本語情報 excite  英語情報 spacenaval-technology
  レールガンについて wiki  レールガン構想書 pdf
  
  
  動画:ゲームチェンジャーのテストの様子(2分弱)YT
  
  動画:レールガンの作動原理CG(1分強)YT
  
  動画:スキモノアイデア レールガンでのロケット発射(3分強)YT
  
  動画:スキモノ実験 レールガン実験(5分半)YT
*** 2017.5.02 VOL.6-9 magmag melma ***
       
  
  宇宙へ飛び出るには、どの位の速度が必要か。実は、目的地でその速度が大きく
  変わる宇宙速度と呼ばれ、3つの種類がある。
  
   第1宇宙速度 地球を周回する軌道上が目的地(=地球脱出
   第2宇宙速度 地球を飛び出て月などが目的地
   第3宇宙速度 太陽系を飛び出て外宇宙が目的地
  
<円・楕円軌道が第1宇宙速度>
  
  現在のロケット技術では、この第1宇宙速度を達成し人口衛星打ち上げるため
  の 2万9千キロ/H に到達するには、2段ロケット方式が必要とされてきた。
   
  ここにルーマニアに設立起源を持つ、米国の宇宙ベンチャー ARCAスペース社
  が1段ロケット方式シングルステージ方式衛星打上げ企画を発表した。
  
  ロケット本体の軽量化と共に、新しい推進装置 リニア・エアロスパイク という
  従来より30%以上の高出力エンジンを開発する計画という。
  
<リニア・エアロスパイク側から見たロケット Haas 2CA >
<飛行時のイメージ図 水色に光るノズルが並ぶ>
  
  最大の特徴は、低高度から宇宙空間までを一つのエンジンで対応できる外気圧の
  制御適応性と言えるだろう。これまでは、2種類のエンジンが必要であった。
  
<これまでに開発されたリニア・エアロスパイク・エンジン事例>
  
  過去に開発された事はある様だが、実機採用された事はない。上下16列に配置
  され、各々燃料比率を調節する。従来必要だったノズルの首振り装置も不要だ。
  
<従来のノズル首振り装置 ジンバル
  
  2018年初打上げを目指し開発を進める。直径1.5m全長16mという
  小型だが、100kg衛星を軌道上へ打上げられる。
  
  コストは100万円前後/kgが目標。旧来の数百万前後に比べ、大幅に下がり
  低コストだが、スペースX社の目標 2-30万円 には、もう一歩努力が欲しい。
  
  
  このような製品が実現すれば、同市場を狙い、再起を図る日本の超小型ロケット
  にも大きな影響がある。シッカリと社会動向を捉えて開発を進めてもらいたい。
  
  
  日本語情報 businessnewsline  英語情報 universetodayquora
  宇宙速度について wiki
  ARCAスペース社について wiki  リニア・エアロスパイク・エンジン wiki
  
  
  動画:Haas 2CA プロモーション(2分弱)YT
  
  動画:リニア・スパイク・エンジン 開発の様子(1分半)YT
  
  動画:ARCAスペース社 他の開発ラインナップ紹介(5分半)YT
  

  
  動画:宇宙速度について(16分弱)YT
*** 2017.4.18 VOL.6-8 magmag melma ***
  
    related blog
     
  
  ボーイング社を筆頭とするNASAパートナー6社は、これからの宇宙開発
  担っていく新しいコンセプトを発表した。
  
  その名も Deep Space Gateway と呼び、従来の国際宇宙ステーションから一歩先
  に進んだ印象だ。月より遠い、正に深宇宙への入り口として体制を整える基地だ。
  
  の近くの空間に位置し、火星月面などの更なる深宇宙に向けての経験を積み、
  結果として新しい技術の開発を促進していく基地になるのが、目指す姿だ。
  
<Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ1>
  
  電源供給機能も有し、他の宇宙船ともドッキング月探査へ準備する間乗員の
  滞在も可能だ。探査基地としても機能し、長期滞在時の放射線防護も十分にある。
  
<Deep Space Gateway のイメージ図 フェイズ2>
  
  ソーラー電気推進装置を有し、自船の位置制御する。ロボティックミッション
  展開にも活用され、更には、宇宙船のメンテ組み立て等にも使われる見込みだ。
  
  開発中の大型ロケットシステム SLS* で、4回ほど物資輸送すれば実現する。
  2020年初頭に完成を目指し開発が進んでいる。キャパシティは4名分だ。
   *;Space Launch System
  
<SLSのイメージ図>  
  
  
  更に将来には、火星近くへの配置も想定されており、先々の宇宙開発には大きな
  一歩となる計画だ。着実な進捗を期待したい。
  
  
  日本語情報 moonstationsorae  英語情報 inverse
  SLS プレゼン資料 pdf
  
  
  動画:Deep Space Gateway 連続静止画(5分半)YT
  
  動画:開発中NASA宇宙船オリオンの紹介(16分強)YT
  
  動画:NASA 月探査への回帰(13分強)YT
  
  動画:欧州 月面基地の研究(9分弱)YT
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 8 9 10 11
12 13 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]