忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 11   2018/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[422]  [420]  [419]  [418]  [421]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  related blog link 12345
  
  
  実験的検証が進む中、新しいニュースが飛び込んできた。常識では考えられない
  とされるEMドライブ後押しする仮説登場だ。
  
<渦中のEMドライブ実験装置>
  
  その名もウンルー効果1973年に提唱され、まだ決着がついていないという
  宇宙論で展開される学術仮説だ。
  
  では、ウンルー効果とは何か。荒っぽい説明では加速度運動をしている物体は、
  熱を発するという。但し加速度系から観測できるが、静止系からは観測できない
  
<ウンルー効果のイメージ:右>
  
  ホーキング効果とならんで取り上げられる事が多いようだ。ホーキング効果では
  静止系からブラックホールを観測すると熱を観測するという理論だ。
  
  これとEMドライブはどう繋がるのだろうか。英国プリマス大学マカロック博士
  によると、これまた荒っぽいが、発熱する物体は加速する、という事の様だ。
  
<ウンルー効果:逆の説明 加速している物体は温度が上がる>
  
<Dr Mike McCulloch>
  
  もっとベースには、量子論が絡んでくる。量子揺らぎ量子慣性だ。マカロック
  博士によると 慣性力とは、加速時に発生するウンルー効果による圧力 という。 
  
  
  ウンルー効果という仮説がEMドライブ仮説のバックボーンになっても、完全な
  存在証明にはならないが、理論仮説により発想も広がる。更なる発展を願う。
  
  
<ウンルー効果・ホーキング効果・シュインガー効果の講演>
続きは・・  link
  
  
  original ENG technologyreview, examinerforbes
  
  McCulloch博士 論文 pdf1, linkpdf2
  ウンルー効果について wiki, link1link2 ホーキング輻射について wiki
  McCulloch博士 プロフィール, linkedinblog
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]