忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
  
  米国の機密文書は、機密期間が過ぎると、公開請求に基づき順次公開されていく。
  しかし、文書閲覧所まで行き、そこで見るのが精一杯だ。
  
  少しづつウェッブでも公開されていくが、この度、1947年から54年までの
  空飛ぶ円盤に関する機密ファイル ufo1.pdf全69ページが公開された。
  
  今回の公開ファイルで非常に特徴的なのは、単なる目撃情報だけでなく、それら
  目撃情報をベースに専門家が分析したレポートが含まれていることだ。
  
  それは22ページに、1947年7月の日付がある 重要メモ と題されたメモ
  あのロズウェル事件の報道や、ケネス・アーノルド氏の目撃年と同じ頃だ。
  
<アーノルドと目撃したUFOイラスト>
  
  前書きには、航空・軍事当局政府高官、或いは少数の出版向けに纏められたと
  いう記述がある。そして、
   
   1.Part of the disks carry crews, others are under remote control.
    円盤には搭乗員を載せているモノもあれば、遠隔操作のモノもある
   
   2.Their mission is peaceful. The visitors contemplate settling on 
    this plane.
    ミッションは平和的なモノ。訪問者は、この星に落ち着く事を望んでいる
   
   3.These visitors are human-like but much larger in size.
    訪問者は人間に似ているが、大きなサイズである
   
   4.They are not excarnate Earth people but come from their own world.
    訪問者は、地球を起源とせず、自身の世界から来ている
   
   5.They do NOT come from a planet as we use the word, but from an 
    etheric planet which interpenetrates with our own and is not 
    perceptible to us.
    訪問者は、我々が意味する惑星から来ているのではなく、エーテル的な
    存在の惑星から来ている。それ故、気が付かない。   
  
   6.The bodies of the visitors, and the craft, automatically 
    materialize on entering the vibratory rate of our dense matter.
    訪問者の肉体や乗り物は、地球の振動数になる事で、自動的に物質化する
   
   7.The disks possess a type of radiant energy or a ray, which will 
    easily disintegrate any attacking ship. They reenter the etheric 
    at will, and so simply disappear from our vision, without a trace.
    円盤には、ある種の放射線や光を照射する装置を有し、簡単に他の攻撃
    を加えてくる存在を破壊できる。そして、簡単にエーテル世界へ戻り
    跡形もなく、消えうせる
   
   8.The region from which they come is not the “astral plane”, but 
    corresponds to the Lokas or Talas. Students of esoteric matters 
    will understand these terms.
    訪問者は所謂 宇宙 から来ているのではなく、密教的世界では知られる
    ロカやタラスという世界から来ている。
  
   9.They probably cannot be reached by radio, but probably can be by 
    radar, if a signal system can be devised for that apparatus.
    恐らく、ラジオ波での交信はできないが、レーダー波でなら捉えられる
    かもしれない。適当な装置が、開発されれば
  
<22ページ目の 重要メモ>
    
  所謂、地球外の生命体というよりエーテルレベル地球に棲む高度な生命体
  とも取れる内容だ。この時代とは思えない、意外な分析に綴られている。
  
  
  出版も意図されていたようだが、実現せず、この時代での公開となった。ここが
  スタートとすれば現在のエイリアン議論は、再構築が必要だろう。
  
  
<スキモノ報道>
  
<米TVショーでのロズウェル事件検証>
  
  
  ufo1.pdfの公開HP  FBI機密文書の目次的HP
  original JPN tocana  original ENG bbcewao
  
PR
  media:Channel 9 他, 米 コロラド州 link Feb.10 '17
 
  
  スキーと自転車リゾートメッカ米コロラド州ウインターパーク。スキー場を
  監視する定点カメラが、何物かを捉えた。
  
  
  UFO目撃のメッカというウインターパークで、昨年11月の出来事だが、また
  話題を呼んでいる。リゾートの定点カメラ管理者がインタビューに応じている。
  
<地元リゾート会社>
<上:ズーム 下:ウェッブ写真>
  
  
  3分毎に撮影される一コマに、黒い点が写った。曰く、エイリアン基地に向かう
  飛行機かもしれない、という。この地では、エイリアン基地は周知だとも加える。
  
  エイリアンは雪が好き、というリサーチ結果も紹介し、自身はエイリアンに操作
  されないように、アルミホイルのメットを被る。
  
  
    
  ちょっと怪しめの目撃談であるが、WEBカメラは公開され、誰でも監視する事
  が可能だ。次の遭遇可能性を求めて、あなたも如何だろうか。
  
  
<ニュース報道>
  
  original ENG ufosightingsnewsblog
  ウインターパーク目撃情報 link  ウインターパークWEBカメラ link
  media;abc13 米;Jan.11, '17
  
  
  米国南部テキサス州ヒューストン有人宇宙飛行の司令塔NASAのジョンソン
  宇宙センターがある宇宙の街だ。米国では第4位の大都市だ。
  
  
  そこは、UFO目撃のメッカでもあるという。地元TVが伝える目撃ポイント
  なんと9ヶ所もリストアップされる。
  
   Katy, near the Grand Parkway
   The Energy Corridor, along Katy Freeway link
   Spring Branch
   The Galleria area link
   Bellaire link
   North Harris County, from Cypress to Spring
   Near Bush Intercontinental Airport link
   Just north of downtown Houston
   Gulf Freeway, from Clear Lake to Galveston
  
<ヒューストン市内でのUFO目撃ポイント>
  
<2015年2月15日 ヒューストン北部での目撃より>
  
  テキサス州では月に50件以上の目撃があり、特に市内を東西に走る国道10号
  通称ケイティ高速には、その多くが集まる。その多くは真っ暗闇での目撃だ。
  
<国道10号:ポイントCあたりがヒューストン>
  
  地元MUFONの専門家によれば、多くはドローンや気球等の誤認との事だが、
  0.01%が不明物体未確認飛行物体に分類される。
  
  
  まだまだ謎の多い未確認飛行物体の目撃談。誤認も多いが、現代の技術を持って
  すれば、解明も進む。食べず嫌いではなく、真面目なテーマとなる事を願いたい。
  
  
<2014年8月の複数目撃があったニュース>
  
<2013年1月の目撃ニュース>
  
<報道ニュース>
  
  
  地元ヒューストンUFOサイト link
   related blog 1, 23
  
  
  南米チリ未確認飛行物体に関する公的調査機関 異常航空現象研究委員会*なる
  組織を航空当局下に有する国だ。
   *CEFAA (Comité de Estudios de Fenómenos Aéreos Anómalos)
  
  これまでにも数度、分析した目撃ケースの調査結果を報じているが、今回の発表
  では、チリ海軍所属のヘリコプターAS532が記録した謎の動画の分析結果だ。
  
<同型機>
  
  映像は赤外線カメラWESCAM社MX-15HDで撮影されたとある。即ち、
  発熱に応じた映像が記録される。追跡距離は60km位時間で10分ほどだ。
  
<MX-15HD外見>
<謎の動画の一コマ>
  
  そこには、二つの黒い点のように写る飛行物体と、黒い帯のような噴出物が写る。
  2014年11月遭遇から約2年、調査の結果は、物体特定には到らなかった
  
<連続コマでは変化が分かる>
  
  
  しかし、その飛行物体を追跡中、レーダーでも確認できなかったという。勿論、
  交信を試みるも、レスポンスもなかった
  
  飛行体は、パイロット目視AS532の赤外線カメラに、写っているだけだ。
  加えて、噴出物は目視確認されなかったというから、謎は深い。
  
  詳細分析によると、二つの点の間には、繋がりらしきものがあり、全体を薄く
  取り巻くカバーのようなものもある。一体何だろうか
  
<詳細分析された画像>
  
  
  フランスの専門家は旅客機の可能性を指摘している。果たして、何を捉えたのか
  いずれ分かる日が来る事を願いたい。
  
  
<公開された追跡動画(ショートバージョン)>
   
<公開された追跡動画(フルバージョン)>
  
<赤外線撮影された航空機の事例>
  
  
 original JPN tocanainfoseek
  media; EXPRESS Dec.20 '16
  
  
  マンメイドとされるトライアングル型UFOその目撃談が増えているという。
  米国UFO情報を収集・研究している団体MUFONによる分析だ。
  
  
  2016年 世界中で未確認とされたトライアングルUFOの目撃例は、通年で
  106件にも登るという。その2/3が下半期に報告され、増加の傾向を示す。
  
<目撃談を元に描かれた図の一枚>
  
  古くは1980年代に遡り、数々の憶測を呼んでいるが、エイリアン技術を分析、
  重力制御を我がものとしてエリア51地区で開発されたという噂だ。
  
<トライアングル型UFOとされる アストラTR3-B>
  
  そして、影の政府なるものは、既に宇宙人とコンタクトしており、一般世間にも、
  宇宙人の存在を公表するタイミングを図っているとも言う。
  
  トライアングルUFO目撃の増加は、エイリアンの存在を身近にさせ、宇宙人の
  存在を公表する事によるパニックを緩和する意図があるのかも知れない。
  
  
  果たして、2017年、更なる進展が期待できるだろうか。コンタクトの前には、
  地球の調和が深化しなくてはならないが、分断の方向性を是正したいものだ。
  
  
<Edgar Fouche氏によるTR3-Bのインサイダー公開>
  
<エリア51地区の取材報道>
  
<ベルギーでのTR3-B目撃情報>
  
  
  original ENG express, hidden-truthmufon  original JPN gakkenmu
  
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 12 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]