忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
  世界中のスキモノが注目するISSのライブ中継、そこに写る未確認物体は何か
  という興味津々の眼が注がれている。
  
  度々メディアにも取り上げられるが、今回は主旨が少し違っていた。中継が途中
  で切られたのだ。写る映像を隠すためか、NASAの思惑が取り沙汰される。
  
<中継が切られた映像:未確認物体が写る>
  
  未確認といっても、地球製の可能性もある。中国の宇宙ステーション 天宮1号
  という意見も出ているが、少し形が違う印象だ。降下しているのも奇妙な動きだ。
  
<天宮1号 イメージ図>
  
<天宮1号 観測画像[富山天文台]>
  
  
  NASA意図的な中継中断は行わないとコメントしているが、世間では素直に
  受け入れられていないようだ。  
  
<問題の中継動画 途中水色の中断映像が入る>
  
  果たして、その正体は。これからも、このようなISS動画は出続けるだろうが、
  一つでもその原因を突き止めてもらいたいものだ。
  
<16年4月のISS動画>
  
  
  ISSライブ映像 link
  original JPN tocana  original ENG cbsnewsmirror
PR
  media:LasVegasNow CBS系列; July.6, '16 link Nov.24, '15 link
  
  核開発の現場未確認飛行物体が現れた、という話は、スキモノサイトでの注目
  ネタになっているが、米国ネットワークでも取り上げられた。
  
  元軍人でもある この分野の専門家 ヘイスティングス氏を取り上げている。機密
  文書にも残っていないが、40年にも渡る聞き込みで、現実が明らかになった。
  
<ロバート・ヘイスティングス氏>
  
  核実験で有名なネバダ州、これまでに1000回近い実験を行っている。ここで
  働いた元軍人や軍事企業の関係者など、150名にも及ぶ目撃証言があると言う。
  
  しかも、その実験を記録した従軍写真家は証言する。
   "It was what we called flying saucers. They were pretty prevalent at 
    the test site back then,"
  ネバダの実験上には、頻繁に空飛ぶ円盤が訪れていたようだ。
  
<ネバダ核実験サイトの当時>
  
  またダミー弾頭を使った核ミサイルの実験では、目標を目掛けて飛行中の弾道に
  近づき何らかの攻撃を加え無効化・墜落させたという。
  
<空飛ぶ円盤が核ミサイル弾道に光線?>
  
  
  知的地球外生命体がいるとすれば、宇宙への核拡散防止が重大事であろう。権力
  闘争に明け暮れる人類は、何とも情けない宇宙に争いを持ちこんではならない
  
  
<LasVegasNowの報道:Jul '16>
<LasVegasNowの報道:Nov '15>
  
<関係者証言と想像図:UFOs and Nukes "The Secret Link Revealed">
<核ロケットとUFOを語る退役軍人>
<2010年 デスクロージャー・カンファレンス>
  
  
  original JPN sharejapan, wisdomkeepersspc
  original ENG theufochroniclesmufon
  ロバート・ヘイスティングス氏のサイト
  media:我愛解密 中国;16.5.23 link
  
  
  上海10時間以上もの時間複数の市民が、未確認飛行物体を目撃したという
  なんともトンデモナイニュースが伝わってきた。
  
<目撃写真とする映像> 
<目撃地域:上海市北部[ソンホゥ通り]付近>
  
  それは漂っていたという。望遠鏡での目撃では、赤・青・黄色の光を放っていた
  という証言もあるようだ。
  
  10時間というから、通りを歩く市民全てが目撃したかと思ったが、実際には、
  幾つかの目撃談がネット記録に掲載され、最初と最後から割り出されたようだ。
  
  ハッキリ見えた訳でもなく雲の後ろに見えたとか、暗い時間帯だったから記録
  ができなかったとか、少し怪しさも増してくる。
  
  極めつけは、2次掲載のHPで用いられている画像が、オリジナルの中国サイト
  には見られないと思われる事だ。果たして真相は如何に。
  
  
<上海の4大目撃とされる一つ:1987年の目撃映像>
  
  
  original JPN tocana  original CHN woaijiemi
  original ENG expressufosightingsdaily
media:Webcams de Mexico link  related blog12
  
  火山にまつわる未確認飛行物体は、良く話題にされる。特に近年は、監視カメラ
  が設置、ウェッブ直結のケースが多く、リアルな映像に信憑性が高いからだろう。
  
  メキシコポポカテペトル山監視カメラには、良く不思議な光体が写り込む。
  そして、世界のニュースとなるのだ。当然、スキモノウォッチャーも多い。
  
<ポポカテペトル山の雄姿>
  
  標高 5,426m日系人にはメキシコ富士とも呼ばれる美しい山だ。20年ほど前
  噴火が継続的に観測されるようになり、今年も数度に渡り噴火している。
  
  その監視カメラに、また未確認飛行物体が写り込んだ。しかも一つや二つという
  少ない数ではない。光体が乱舞しているのだ。
  
<6月19日の記録動画>
  
  
  しかも、近くの火山でも写り込んでいるという。メキシコは、未確認飛行物体
  基地があるのかもしれない。謎の解明が待たれる
  
<コリマ火山の記録動画(2015年7月4日)>
  
  
  Original JPN tocana  Original ENG dailymail, mirrorufosightingsdaily
  ポポカテペトル山について wiki
   related blog link
  
  大統領候補を確実にしたヒラリー・クリントン。いろいろな出演番組で、大統領
  就任を果たした暁には、UFO情報を公開すると口にしている。
  
  そしてその中で、未確認飛行物体UFO と 表現せず 未確認航空大気現象UAP
  (Unexplained Aerial Phenomenon) と言うのが最新だ、とも話している。
  
  米国でも浸透した表現でないようだが、米国の専門分野では、既に浸透した言葉
  であり、UFO関係者も使い分けている模様だ。  
  
<動画:ヒラリー力説 UAP情報の公開>
  
<動画:NewYork Times 著名政治家の関連発言>
  
  実は、ヒラリー候補この分野の草分けとも言えるスキモノの一面もある。詳細
  は過日のブログに譲るが、1993年には宇宙人を養子に と報道されている。
  
<The Weekly World News, June 1993>
  
  
  宇宙人の大統領候補とまで揶揄されるヒラリー候補であるが、エリア51にある
  とされる空飛ぶ円盤技術情報の公開に繋げてもらいたい。
  
  
<動画:abcニュース報道>
  
<動画:矢追純一氏が分析するヒラリー大統領候補の公約 ほか>
  
  
  
  original JPN asahi  original ENG nytimes
  国家航空大気調査委員会について wiki  国家航空大気調査委員会HP
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]