忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
  
  火星探査機の映像には、不思議なモノが写っている事が多く、世に言うスキモノ
  ウォチャーが、新しい発見をブログなどにUPしている。
  
<火星の画像から中世のイメージが現れる>
  
  若干コジツケ感があるものの、火星には未知が多いのは確かだ。そんな映像から
  極めつけとも言えるものを数枚紹介しよう。
  
<いったいどんな山がそびえているのか>
  
<三日月型の砂丘とされる 果たして自然のなせる技か>
  
  中でも不思議な、この画像。実に人工的宇宙飛行士足跡 が思い起こされる。
  これを見て、既に誰かが火星に降り立っている そんな話も駆け巡る。
  
<これは何か 画像処理により少しイメージも異なるが>



<左 アポロの宇宙飛行士の月面足跡と比べると>
  
  どのように解釈するか、有人探査の結果を待つのがベストだろう。一方、冷静に
  考えると、表面にただ一つの足跡では、発想にも限界があろうと思われる。
  
  
  真実は何か、正しくモノを見るには、全体からの視点を持ちたいものだ。安易な
  判断では、ホンモノは分からない。
  
  
  original JPN tocana1tocana2   
  original ENG nasa, dailymail, spaceancient-code
  
PR
  media:米国FOXNEWS link, Feb.28 '17
    
  
  米国UFOレポートセンター1974年からUFO目撃情報を集める24時間
  ホットラインを開設する。古くは1905年の情報から10万件以上収集する。
  
  分析によると、1900年代 最大で 年1万件 の目撃情報が寄せられていたが、
  2000年代になって4万件まで急増しているという。実に4倍もの多さだ。
  
<UFO目撃情報の推移>
  
  米国英国オーストラリアからの目撃情報が多く中国グリーンランドから
  の情報は殆どなかったとしている。  
  
<世界のUFO目撃情報の分布:人口1千万人当り>
-白 世界中央値 約9件 青 少ない 赤 多い-
  
  米国は、世界中央値に比して300倍も多いが、地域によるバラツキも大きい。
  多いのはモンタナ州ワシントン州。逆にフロリダ州は殆ど無く、意外な結果だ。
  
<米国のUFO目撃情報の分布:人口1千万人当り>
-白 米国中央値 約2500件 青 少ない 赤 多い-
  
  また米国の特徴は、7月4日の独立記念日に一つのピークがある事だ。明らかに
  花火や報道ヘリなどの見間違いと思われる。
  
<7月の目撃情報:2008年の前後比較>
-上 世界 下 米国-
  
  そして、更に興味深いのが、目撃している対象物だ。UFO目撃でイメージする
  円盤型目撃情報比率は、年々減少し、光体目撃情報が増えている。  
  
<目撃情報の種類>
-円盤-草緑 光体-赤 球体-青 筒状-紫 三角-緑- 
  
  
  この分析は、米国ジョージ・メイソン大学の大学院生によるものだが、なかなか
  面白い。肝心のホンモノ情報は、となると歯切れが悪いが、今後の分析に期待だ。
  
  
<FOX報道>
  
<NBC報道:2016.10 ノースカロライナ州目撃ニュースに出演>

  
  original JPN tocana  original ENG vizthis, dailymailthrillist
  著者 Samuel Monfort 関連 大学HP, linkedinwordpress
  米国UFOレポートセンター HP
  
  2017年、年初より 自主上映的に全国を展開中のET最新映画がこれだ。
  主宰者 日本地球外知的生命体センターJCETI の紹介によると
  
   最新ET研究ドキュメンタリー映画コンタクト・ハズ・ビガン」。
  
   ET研究の先駆者ジェームズ・ギリランドさんが制作したこの映画では、
   自身が撮影した多くのUFOの映像を紹介するとともに、地球外生命体達との
   遭遇によって、ギリランドさんが受け取った人類へのメッセージを伝えます。
    
ジェームズ・ギリランドさん
  
   その内容は、新しい意識レベルや世界的な調和”新しい地球”のビジョン
   太陽から大量放出されているコロナが地球にもたらす危険性など。
  
   上映会後は、日本でETコンタクトを広めているグレゴリー・サリバンさんに
   よる解説と、最新の宇宙船情報トークイベントも行います。
  
グレゴリー・サリバンさん
  
   地球外知的生命体たちからのメッセージに触れることで、新しい宇宙時代を
   開くことができるでしょう。
    
<予告編:英語>
  
  
  如何だろうか。ご興味のある方は、是非足を運んでみて頂きたい
  尚、チケットは、主宰者HPからアクセス頂くのが良いようだ。
  
  
  2017.3.18(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会&ミニ講演会 in 東京
  2017.3.25(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 大阪
  2017.3.26(日) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 西宮
  2017.4. 8(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 東京
  2017.4.22(土) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 福岡
  2017.5.21(日) 映画「コンタクト・ハズ・ビガン」上映会 in 熊本
  
   最新情報はこちら link
  
  
  米国の機密文書は、機密期間が過ぎると、公開請求に基づき順次公開されていく。
  しかし、文書閲覧所まで行き、そこで見るのが精一杯だ。
  
  少しづつウェッブでも公開されていくが、この度、1947年から54年までの
  空飛ぶ円盤に関する機密ファイル ufo1.pdf全69ページが公開された。
  
  今回の公開ファイルで非常に特徴的なのは、単なる目撃情報だけでなく、それら
  目撃情報をベースに専門家が分析したレポートが含まれていることだ。
  
  それは22ページに、1947年7月の日付がある 重要メモ と題されたメモ
  あのロズウェル事件の報道や、ケネス・アーノルド氏の目撃年と同じ頃だ。
  
<アーノルドと目撃したUFOイラスト>
  
  前書きには、航空・軍事当局政府高官、或いは少数の出版向けに纏められたと
  いう記述がある。そして、
   
   1.Part of the disks carry crews, others are under remote control.
    円盤には搭乗員を載せているモノもあれば、遠隔操作のモノもある
   
   2.Their mission is peaceful. The visitors contemplate settling on 
    this plane.
    ミッションは平和的なモノ。訪問者は、この星に落ち着く事を望んでいる
   
   3.These visitors are human-like but much larger in size.
    訪問者は人間に似ているが、大きなサイズである
   
   4.They are not excarnate Earth people but come from their own world.
    訪問者は、地球を起源とせず、自身の世界から来ている
   
   5.They do NOT come from a planet as we use the word, but from an 
    etheric planet which interpenetrates with our own and is not 
    perceptible to us.
    訪問者は、我々が意味する惑星から来ているのではなく、エーテル的な
    存在の惑星から来ている。それ故、気が付かない。   
  
   6.The bodies of the visitors, and the craft, automatically 
    materialize on entering the vibratory rate of our dense matter.
    訪問者の肉体や乗り物は、地球の振動数になる事で、自動的に物質化する
   
   7.The disks possess a type of radiant energy or a ray, which will 
    easily disintegrate any attacking ship. They reenter the etheric 
    at will, and so simply disappear from our vision, without a trace.
    円盤には、ある種の放射線や光を照射する装置を有し、簡単に他の攻撃
    を加えてくる存在を破壊できる。そして、簡単にエーテル世界へ戻り
    跡形もなく、消えうせる
   
   8.The region from which they come is not the “astral plane”, but 
    corresponds to the Lokas or Talas. Students of esoteric matters 
    will understand these terms.
    訪問者は所謂 宇宙 から来ているのではなく、密教的世界では知られる
    ロカやタラスという世界から来ている。
  
   9.They probably cannot be reached by radio, but probably can be by 
    radar, if a signal system can be devised for that apparatus.
    恐らく、ラジオ波での交信はできないが、レーダー波でなら捉えられる
    かもしれない。適当な装置が、開発されれば
  
<22ページ目の 重要メモ>
    
  所謂、地球外の生命体というよりエーテルレベル地球に棲む高度な生命体
  とも取れる内容だ。この時代とは思えない、意外な分析に綴られている。
  
  
  出版も意図されていたようだが、実現せず、この時代での公開となった。ここが
  スタートとすれば現在のエイリアン議論は、再構築が必要だろう。
  
  
<スキモノ報道>
  
<米TVショーでのロズウェル事件検証>
  
  
  ufo1.pdfの公開HP  FBI機密文書の目次的HP
  original JPN tocana  original ENG bbcewao
  
  media:Channel 9 他, 米 コロラド州 link Feb.10 '17
 
  
  スキーと自転車リゾートメッカ米コロラド州ウインターパーク。スキー場を
  監視する定点カメラが、何物かを捉えた。
  
  
  UFO目撃のメッカというウインターパークで、昨年11月の出来事だが、また
  話題を呼んでいる。リゾートの定点カメラ管理者がインタビューに応じている。
  
<地元リゾート会社>
<上:ズーム 下:ウェッブ写真>
  
  
  3分毎に撮影される一コマに、黒い点が写った。曰く、エイリアン基地に向かう
  飛行機かもしれない、という。この地では、エイリアン基地は周知だとも加える。
  
  エイリアンは雪が好き、というリサーチ結果も紹介し、自身はエイリアンに操作
  されないように、アルミホイルのメットを被る。
  
  
    
  ちょっと怪しめの目撃談であるが、WEBカメラは公開され、誰でも監視する事
  が可能だ。次の遭遇可能性を求めて、あなたも如何だろうか。
  
  
<ニュース報道>
  
  original ENG ufosightingsnewsblog
  ウインターパーク目撃情報 link  ウインターパークWEBカメラ link
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
5 6 8 9 10 11
12 13 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]