忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
  related blogs; link1, 2, 3, 4, 56
   
  
  世界で広がるUFO国家情報公開運動ディスクロージャー・プロジェクト
  特に米国で有名だが、各国 それぞれにオープンになりつつある。
  
  これまで言葉の壁か、ドイツの情報が少なかったが、新たな情報が入ってきた
  時代は、東西ドイツまで遡る。情報公開法により、連邦情報局が応えた。
  
<公開された全67ページの機密ファイル>
  
  
  内容は、ドイツチェコスロバキアの国境付近でのUFO情報が含まれるという。
  本来なら2021年まで非公開だが、情報公開法に訴えた事で公となった。
  
  この中には、明らかに見間違いの目撃ケースもある。自国内では、確認できない
  という意味では正しい事例だが、UFOの期待には応えない
  
<ロシア製ドローンと思われる目撃>
<恐らくはこれの目撃>
  
  
  それでも数件、未解明ケースも含まれるドイツ北部バルト海フェーマルン島
  での港湾関係者国境警備隊の複数名による目撃談はその一つだ。
  
  上空50mに留まっていたUFOは、まばゆい光を発していたため、その大きさ
  や色など 詳細な情報は得られなかったとしている。
  
<フェーマルン島UFOイメージ:文言はUFO公的機密>
  
  ドイツのUFO情報については、連邦情報局シンドラー長官が最近、独紙の
  インタビューに意味深な発言をしています。
  
   Also wir wissen nichts über Ufos, und ich befürchte, die NSA weiß 
   auch nichts. Wenn ich was wüsste, würde ich es hier nicht sagen.
              -機械語訳-
   だから我々はUFOについて何も知らないし、私は恐れているNASが
   何を知っています私は何を知っていたなら、それを言わないでしょう
  
  いずれは、全てが公になるのでしょうが、その時には世界はどんな状況を迎える
  のだろうか。やはり、宇宙人が一般人に姿を見せる そんな状況だろうか。
  
  
<動画:独 スキモノサイト報道>
  
<動画:連邦情報局シンドラー長官インタビュー>
    
<動画:独のUFO情報公開に関するスキモノニュース>
  
  
  original JPN liberty  original ENG grenzwissenschaftopenminds
  original GER grenzwissenschaft 1, 2 grenzwissenschaft.blogspot 34
        exopolitikbild
PR
  
  
  なぜ今頃 という古い日本のUFO撮影写真が話題となっている。1976年
  いうから40年前、場所は姫路という組み合わせ。当時11歳小学生が撮った。
  
  
  所謂アダムスキー型の陰影だ。被写体はかなり小さい状態だが、拡大映像として
  その姿が浮き出てくる。    
  
  
  元々は 当時のスキモノ誌UFOと宇宙」に掲載され、一大センセーション
  巻き起こし、現場検証もされ、偽物とは思えないという結論を得ている。
  
  海外のスキモノサイトが動画として取り纏め、それが拡散したようだが、これを
  契機に、日本でもUFOの目撃談が出てくる事を期待したい。
  
  
  
<特番:UFO現象の謎を追え>
  
  original ENG openminds  
  orijinal JPN karapaia, himetenblogs.yahoo
  meida: スペイン Elmundo, Oct.22, '16; link
  
  遂に、スペイン国防省UFO情報をオンライン公開に踏み切った。1991年
  から、機密解除されているUFO情報をデジタル化オンラインで公開したのだ。
  
  
  その資料は、全1900頁にも及ぶ膨大な量だ。1962年-95年目撃情報
  80のレポートに纏められている。
  
<1966年4月北西部ガリシア州フェロルでの目撃スケッチ>
  
<1969年4月北西部ガリシア州ベセレアー・ルーゴでの目撃スケッチ>
  
<ガルシア州>
  
  国防省の専門家が分析しても説明がつかない現象とは、一体何だろうか。やはり
  現実に存在する現象として捉え、真面目に取り組む必要性があるだろう。
  
  
  世界では米国を始めカナダ英国仏国スウェーデンデンマークインド
  ニュージーランドペルーチリウルグアイブラジルが公開しているという。
  
  これだけ世界で説明の付かない現象が起きているなら、国連が、こういう国々を
  集めて、情報分析を進めてはどうだろう。少なくとも、理解が深まるに違いない。
  
<VARBAGE ネット報道>
  
  
  original JPN tocana  original ENG express  original SPN
  調査レポートの一つ:機密解除された資料の一覧 pdf
  スペイン国防省のバーチャルライブラリー ゲートHP
  調査レポートの作成者の1人 オルモス氏のUFOブログHP
  media:NRT TV, イラク; Sep.30. '16 link
  
  
  世界最古の文明とされるメソポタミア文明。また、その先史シュメール文明
  いう謎の時代がある。その地は、現在のイラククェートという。
  
  そのイラク運輸省の大臣の思わぬ発言が報道された。なんと紀元前5000年
  宇宙人のエアポートが、建設が進むジーカール空港の地にあったという。
  
<カージム・フィンジャーン大臣による会見>
  
<イラク ジーカール県>
  
  その造り手は、謎のシュメール人。そして、シュメール人宇宙旅行に使った
  発言したのだ。一説には宇宙人だったというシュメール人、それは本当か。
  
  引き合いに出したのは、古代シュメールは、宇宙人 アヌンナキ から創造された
  とするゼリカ・シッチン氏の著作。そこからの引用として発言したのだ。
  
<シュメール文明の粘土板[円筒印章]:宇宙飛行士と宇宙船を描くとする>
  
  
  人類が宇宙に飛び出る時代ではあるが、古代の歴史には、隠された宇宙の繋がり
  が発見できるかもしれない。中東戦争は、それを隠そうとする陰謀なのか。
  
  
<ゼリカ・シッチン氏のシュメール文明>
  
  
  original JPN tocana  original ENG alarabiya, timesofisrael, huffingtonpost
  シッチン氏とシュメール円筒印章 link
  media:sputniknews ロシア;Oct.7, '16 link
  
  
  ロシアの大手メディアが一斉に伝えた未確認飛行物体情報モスクワ北部あたり、
  自然公園近くの街中の出来事だ。
  
<撮影された動画の一部>
  
  大きな光体が地平線近くを上下する。その大きさが注目の的になっているようだ。
  サーチライトを使うヘリコプターではないかとの声もあるようだが、如何だろう。
  
<UPされている動画>
  
  ロシア未確認飛行物体は、比較的頻繁に目撃されると言う話もある。なかなか
  伝わらないが、地元での談だ。今回の報道にも、パイロットの目撃談があった。
  
<同じような現象動画のUP:シベリア地方>
  
  
  所謂 球電現象とも捉えられる現象だが、断定するには詳細調査が必要な珍しい
  現象だともする。いつまでも未確認と言わず、研究を積み重ねてもらいたい
  
  
  original JPN tokyo-sports  original ENG rt, ufosightingsdailydailymail
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 12 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]