忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
  meida: スペイン Elmundo, Oct.22, '16; link
  
  遂に、スペイン国防省UFO情報をオンライン公開に踏み切った。1991年
  から、機密解除されているUFO情報をデジタル化オンラインで公開したのだ。
  
  
  その資料は、全1900頁にも及ぶ膨大な量だ。1962年-95年目撃情報
  80のレポートに纏められている。
  
<1966年4月北西部ガリシア州フェロルでの目撃スケッチ>
  
<1969年4月北西部ガリシア州ベセレアー・ルーゴでの目撃スケッチ>
  
<ガルシア州>
  
  国防省の専門家が分析しても説明がつかない現象とは、一体何だろうか。やはり
  現実に存在する現象として捉え、真面目に取り組む必要性があるだろう。
  
  
  世界では米国を始めカナダ英国仏国スウェーデンデンマークインド
  ニュージーランドペルーチリウルグアイブラジルが公開しているという。
  
  これだけ世界で説明の付かない現象が起きているなら、国連が、こういう国々を
  集めて、情報分析を進めてはどうだろう。少なくとも、理解が深まるに違いない。
  
<VARBAGE ネット報道>
  
  
  original JPN tocana  original ENG express  original SPN
  調査レポートの一つ:機密解除された資料の一覧 pdf
  スペイン国防省のバーチャルライブラリー ゲートHP
  調査レポートの作成者の1人 オルモス氏のUFOブログHP
PR
  media:NRT TV, イラク; Sep.30. '16 link
  
  
  世界最古の文明とされるメソポタミア文明。また、その先史シュメール文明
  いう謎の時代がある。その地は、現在のイラククェートという。
  
  そのイラク運輸省の大臣の思わぬ発言が報道された。なんと紀元前5000年
  宇宙人のエアポートが、建設が進むジーカール空港の地にあったという。
  
<カージム・フィンジャーン大臣による会見>
  
<イラク ジーカール県>
  
  その造り手は、謎のシュメール人。そして、シュメール人宇宙旅行に使った
  発言したのだ。一説には宇宙人だったというシュメール人、それは本当か。
  
  引き合いに出したのは、古代シュメールは、宇宙人 アヌンナキ から創造された
  とするゼリカ・シッチン氏の著作。そこからの引用として発言したのだ。
  
<シュメール文明の粘土板[円筒印章]:宇宙飛行士と宇宙船を描くとする>
  
  
  人類が宇宙に飛び出る時代ではあるが、古代の歴史には、隠された宇宙の繋がり
  が発見できるかもしれない。中東戦争は、それを隠そうとする陰謀なのか。
  
  
<ゼリカ・シッチン氏のシュメール文明>
  
  
  original JPN tocana  original ENG alarabiya, timesofisrael, huffingtonpost
  シッチン氏とシュメール円筒印章 link
  media:sputniknews ロシア;Oct.7, '16 link
  
  
  ロシアの大手メディアが一斉に伝えた未確認飛行物体情報モスクワ北部あたり、
  自然公園近くの街中の出来事だ。
  
<撮影された動画の一部>
  
  大きな光体が地平線近くを上下する。その大きさが注目の的になっているようだ。
  サーチライトを使うヘリコプターではないかとの声もあるようだが、如何だろう。
  
<UPされている動画>
  
  ロシア未確認飛行物体は、比較的頻繁に目撃されると言う話もある。なかなか
  伝わらないが、地元での談だ。今回の報道にも、パイロットの目撃談があった。
  
<同じような現象動画のUP:シベリア地方>
  
  
  所謂 球電現象とも捉えられる現象だが、断定するには詳細調査が必要な珍しい
  現象だともする。いつまでも未確認と言わず、研究を積み重ねてもらいたい
  
  
  original JPN tokyo-sports  original ENG rt, ufosightingsdailydailymail
  media:米CBS;Sep.10, '16 link
  
  
  ノンフィクション作家として活躍するベン・メズリック氏日本でも何冊か翻訳
  されるが、Xファイルの共著もあるなど、実はスキモノネタが多い。
  
<ベン・メズリック氏と新作>
  
  
  その新作 The 37th Parallel が、米国で話題となっている。放牧された牛など
  の家畜が、謎の大量死を遂げるキャトルミューティレーション事件がキッカケだ。
  
<キャトルミューティレーションの一枚>
  
  マイクロチップエンジニアで元保安官代理が、30年にも渡る調査を行っている。
  そこに一本のラインが浮かび上がる。本の題名に由来する北緯37度の並行線だ。
  
<元保安官代理 ズコウスキー氏>
<事件発生を結ぶと一本のラインとなる>
  
  そして、エリア51など空軍基地未確認飛行物体の目撃例もこのラインに並ぶ
  事から、UFOハイウェーと銘打った。
  
  
  かつて話題となったキャトルミューティレーションは、未確認飛行物体米空軍
  が関係するのだろうか。マンメイドUFOに繋がる渾身の一作となっている様だ。
    
  
<CBS:This Morning: Saturday
<世界の衝撃ストーリー[16.5.4]での特集 [37分から 修正下さい]>
 

<元祖UFO ハイウェー:米国 高速375号線(ロズウェル近郊)>
  
  
  original JPN fly-hallelujahlvtaizen  original ENG bostonheraldnypost
  Ben Mezrich氏について wiki
  
  米国で語り尽くされている ノースカロライナ州ブラウンマウンテンに現れる
  怪奇現象ミステリーライト100年に報道、知られるようになった都市伝説だ。
  
<米ノースカロライナ州ブラウンマウンテンの場所 標高700mほど>
<過去にはこんな目撃映像も>
  
  自動車のライト反射や、雲からの放電近くに産出するウラニウムによる放射光
  諸説限りないが、その原因解明には、多くの科学者が力を入れてきた。
  
  そして、隣の州にあるアパラチア州立大学の研究者が定点カメラを設置したのが、
  2年前24時間体制の観測を続けていた。
  
<スキモノ科学者 ダニエル・ケイトン博士>
  
  その解析結果が公表されたのだ。そこには、説明の付かない光点が写りだされる。
  
   We’ve eliminated all the things that are likely man-made natural 
   sources, so we’re left with no real explanation other than it’s 
   whatever the lights might actually be
  
  人工的な光源ではないが、現実的な解が見つからない状況だ。
  
<それらしい光点が見える画像: 最上方中央 やや左>
  
   
  時として、未知の自然現象が飛行物体として捉えられる。未確認飛行物体という
  見解も出ているが、果たして繋がるだろうか。
  
  
<撮影動画:7月16日-17日 注目は 0:18, 0:25, 0:34, and 0:43 >
カメラ1A
カメラ1B
  
<特番:ブラウンマウンテンミステリーライト>
  
  
  original JPN tocana  original ENG ewao, charlotteobserverwlos
  ブラウンマウンテンライトについて wiki  アパラチア州立大学の研究HP
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 12 14 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]