忍者ブログ
ASTRO: Advanced Science-Technology Research Organization 世の中の最先端技術情報、中でも宇宙旅行、空飛ぶ技術が充実!!
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[504]  [503]  [501]  [500]  [499]  [502]  [498]  [497]  [494]  [493]  [492
*** 2017.1.9 VOL.6-号外 magmag melma ***
  
  
  とある天体観測結果が、ダークマターを必要としないエントロピック重力理論
  整合したというニュースが話題となっている。
  
  その天体観測とは、銀河の向うに存在するクエーサーからくる光が、直接には、
  地球に到達できないが、銀河の重力の影響により屈曲する、重力レンズ効果だ。
  
<銀河や重い星の後ろの星の光は、重力レンズで屈曲し地球へ届く>
  
  重力レンズ効果は、アインシュタインの一般相対性理論から予想されるが、それ
  だけでは屈曲率が小さくダークマターの影響と説明されてきた。
  
  ところが オランダ アムステルダム大学 エリック・ヴァーリンデ教授が提唱する
  エントロピック重力理論(ヴァーリンデの重力仮説)で十分説明できるという。
  
<Prof. Erik Verlinde エリック・ヴァーリンデ教授>
  
  同じくオランダ研究チームが、3万個以上の銀河の重力影響アインシュタイン
  理論エントロピック重力理論での推定値と比較共に正確に予想できたという。
  
  即ち、アインシュタインを超えた 新しい重力仮説に繋がる可能性が出てきた訳だ。
  この理論、簡単に理解しておこう。
  
  これまで重力は、物理学の4つ力(重力、電磁気力、弱い力、強い力)の一つと考え
  られているが、そうではなく、創発的 或いは 2次的な力と考えると言う。
  
  それは、誤解を恐れず簡単な表現をすれば熱が物質の運動により発生する現象
  であるように、重力も他の基礎的な物質の活動により発生する現象、と言う。
  
  
  果たして、エントロピック重力理論から、重力制御する理論は導けるだろうか。
  実はEMドライブを後押しするウンルー効果とも関係する。見守っていきたい。
   related blog link
  
  
  日本語情報 mhotta, mynavitocana
  英語情報 phys, nltimes, newscientistdailymail
  
  当該論文(arXiv)と元になった論文(2010 arXiv) link1link2
  エリック・ヴァーリンデ教授について 大学HPwiki
    
    
  動画:エリック・ヴァーリンデ教授インタヴュー(3分半)YT  
  
  動画:エリック・ヴァーリンデ教授インタヴュー(2011年 8分半)YT
  
  動画:エリック・ヴァーリンデ教授による講演(42分)YT
  
  動画:オランダ ライデン大学:重力レンズによる検証解説(2分)YT
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/10 NONAME]
[08/24 アンプマニア]
[10/04 アンプまにあ]
[08/20 NONAME]
[08/17 Tony]
プロフィール
HN:
K.N
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
技術探究(空飛ぶ、先端等)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
Copyright ©  NPO法人 アドバンストサイエンステクノロジー研究機構 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]